J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【インタビュー】丸本莉子・歌の力を感じさせるニューカマー、世界初のハイレゾデビュー

2015年7月11日(土) 12:00配信

「歌の力」を感じさせる新人がデビューした。彼女の歌には、性別も世代も関係なく、多くの人が共感できる。「ガンバレ!」と大声で応援するのではなく、人間の根本の部分に優しく手を差し伸べてくれるような、さり気なさを感じる。ハスキーだけど、すごく暖かい声。それも彼女の武器だ。その「声」を活かすために、史上初、ハイレゾ配信シングルでメジャーデビューを飾った。(インタビュー&文:坂本ゆかり)

丸本莉子

丸本莉子

史上初のハイレゾデビュー

―世界初の"ハイレゾデビュー"ですが、"ハイレゾ"の存在を知っていましたか?

丸本 最初は知りませんでした。「声に特徴があるから、"ハイレゾデビュー"がいいんじゃない?」って薦めていただいて、聴き比べてみると、本当に音が違ってました。同じ音量なのに迫ってくる感じがするんです。

―デビュー曲、「ココロ予報」を実際にハイレゾで聴いてみて、どうでしたか?

丸本 歌っている時には意識してなかったんですけど、息づかいがすごく聴こえますね。スタッフさんにも、「すぐ近くで歌ってるみたいでいいね」って言っていただきました。ストリングスも演奏してる様が浮かぶくらい、リアルな感じがします。すべてが伝わるハイレゾでデビューさせていただくので、私も偽りなく、まっすぐ歌えたらと思ってレコーディングに臨みました。

―そして、主要ハイレゾサイトで3冠を達成!

丸本 ずっと地域のテーマソングを歌わせていただいて、日本全国を歌い歩いてきました。その時出会った人たちも「ダウンロードしたよ!」って言ってくださって。今までの積み重ねでメジャーデビューできて、しかも3冠まで取らせてもらって、すごくうれしかったです。

―「ココロ予報」はインディー時代の曲ですよね。新曲ではなく、既存曲でメジャーデビューした理由を教えてください。

丸本 この曲は、広島ホームテレビの「雨のち晴れ」という番組のテーマソングなのですが、テレビで流れていたのは広島だけだし、私の原点といえる曲なので、全国の方に知っていただきたかったんです。4年前の曲だけど、住んでる場所も年齢も関係なく共感してもらえるように、歌詞を少しだけ書き直しました。

―不安な時に「大丈夫」って言ってもらえると力になりますよね。"静かなる応援歌"だと思うのですが、どんな時に聴いてほしいですか。

丸本 生きてる環境や夢はそれぞれ違うけど、負けそうになったり、悔しい気持ちを乗り越えていく過程って、みんな一緒だと思うんです。そういう状況に陥ったときに聴いてほしいです。

私の地味な感じが、地域っぽくて良かったみたい(笑)

丸本莉子

―初登場でもありますので、丸本さんご自身のことを伺っていきましょう。音楽との出会いを教えてください。

丸本 子どものころから、歌は大好きでした。ある日、父に、「お前の声はカエルみたいだ」って言われて、すごくショックを受けたんです。電話でも、よく男の子に間違われるくらい、小さいころからハスキーで。でも、そんなコンプレックスに打ち勝つくらい、歌うことが好きで、中2の時にギターを始めたのがきっかけで本格的に歌うようになりました。

―自分の声の良さに気づいたのは、いつごろですか。

丸本 高2の時から路上ライブやライブハウスでの活動を始めたんですけど、高校を卒業したころから「声に特徴があっていい」って言ってもらえるようになって。そこから自信がついて、自分でも「良い声だ」って思えるようになりました。

―いつごろからプロを目指したのでしょう。

丸本 本気でプロになろうと思ったのは、上京した時です。高校を卒業してすぐに上京したかったんですけど、親に反対されて、2年間、訪問介護の仕事をしながら音楽活動をしていたんです。音楽活動もできているし、仕事も楽しいし、「このままでいいかな」って思っていました。でも、まわりの人に「今のままだと中途半端。本気なら東京に行くべき」と言われて、上京を決意しました。人生一度きりだからと思って。

―上京の時には、事務所も決まっていて?

丸本 いいえ、何の当てもなく(笑)。7月7日に夜行バスで東京へ。バスに乗ったら、「広島から出ていくんだ」って実感して、涙が止まらなっちゃって……。声を殺して泣いたけど、隣の席の女性にはかなりの不審者に見えたと思います(笑)。そんな無謀な私を応援したいって、広島ホームテレビの方が番組のテーマソングのお話をくださって。それで「ココロ予報」ができたんです。

―広島時代に作った曲だと思っていました。

丸本 東京に来てすぐ、家具もない部屋で作りました。これまで自分で思ったことだけ書いてきたけど、初めて「雨のち晴れ」っていうテーマを提示されて、1週間にノート3冊分くらい歌詞を書いたけど、全然OKを出してもらえなくて…。その時に言われたのが「カッコつけずに、ありのままの自分を書きなさい」ってこと。「いいところを見せなきゃ」って、無意識にカッコつけてたんですよね。それで、私にとって「雨のち晴れ」って何だろうって考え直したときに出来たのが、この歌詞なんです。

―「ココロ予報」を筆頭に、地方でのタイアップが多いですよね。

丸本 事務所である古舘プロジェクトが、地域活性化プロジェクトを立ち上げた時期に入ったこともあって。私も”音楽で地域を元気にできれば”と思い、一緒に活動をさせて頂いています。私の地味な感じが、地域っぽくて良かったみたいです(笑)。

曲を作る時は人生のプラスになるようにって思っています

丸本莉子

―8月19日には、第2弾の配信が決まっているそうですね。

丸本 はい。次は「やさしいうた」という曲で、インディー時代に家族をテーマに作った曲です。今回は家族だけじゃなくて、目線を広げて"大切な人"をテーマにしたので、歌詞も少し考え直しました。「この曲を聴いて、思い浮かぶのは誰ですか?」って思いを込めています。

―丸本さんは、誰を思い浮かべましたか?

丸本 私は家族がすごく大切なので、家族ですね。

―そして、9月16日には、アルバムもリリースされるとのこと。

丸本 メジャーで初めてのCDです。「ココロ予報」「やさしいうた」はもちろん、このアルバムを聴けば、丸本莉子がどんな人かわかってもらえると思うんです。だから、「はじめまして」がテーマですかね(笑)。

―丸本さんには、"新世代リアルボイス・シンガーソングライター"というキャッチコピーがついていますが、曲を作るときに考えていることは何でしょう。

丸本 人生のプラスになるようにっていうことです。失恋したら悲しいけれど、また次の出会いがあるじゃないですか。「ポジティブになって、また頑張ろう!」って曲をいつも作りたい。そして、1曲が短い小説のようになるといいなって思っています。

―1年後の自分予報をしてみてください。

丸本 願望でいいですか?(笑)やっぱり、結果は出していたいですよね。今まで目標にしてきたのがメジャーデビューだったので、次の目標は、「武道館に立ちたい」です。あとは、良い曲を作りたいですね。

 

 

丸本莉子 リリース情報

ココロ予報

2015年7月8日(水)配信

1st配信シングル「ココロ予報」(通常配信)
<販売価格:250円>

【iTunes Store】http://apple.co/1Rkdnbi
【レコチョク】http://recochoku.jp/song/S1001850961/
【mora】http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17465/ <販売価格:250円>

★2015年8月19日(水)2nd 配信シングル「やさしいうた」リリース
★2015年9月16日(水)1st ミニアルバム「ココロ予報~雨のち晴れ~」リリース(予約受付中)

丸本莉子NEWS

丸本莉子がスタジオライブの生配信に初挑戦!GYAO! MUSIC LIVEにて丸本莉子のスタジオライブが生配信決定!

丸本莉子 LIVE at Victor Studio 『一本勝負!!』

日時:2015/07/16(木)20:00~

★直前インタビュー公開中

http://special.gyao.yahoo.co.jp/music/g-next/riko-marumoto/

★当日の視聴はこちら(GYAO! MUSIC LIVE TOPページ)

http://special.gyao.yahoo.co.jp/music/g-next/riko-marumoto/

丸本莉子 オフィシャルサイト

丸本莉子ビクターHP

丸本莉子Facebookページ 

丸本莉子Twitter

丸本莉子オフィシャルブログ


「丸本莉子」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ココロ予報~雨のち晴れ~

ココロ予報~雨のち晴れ~

演奏者 丸本莉子 
丸本莉子 
作詞 丸本莉子  荒井由実 
作曲 丸本莉子  荒井由実 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

丸本莉子

生年月日 1990年5月16日(28歳)
星座 おうし座
出生地 広島県

丸本莉子の関連作品一覧

荒井由実

生年月日 1954年1月19日(64歳)
星座 やぎ座
出生地 東京都

荒井由実の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【対談】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」羽原信義監督×神谷浩史「何度も組んでいるスタッフとキャストだからこそできる何かが絶対にある」

    2位

  3. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS