J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

丸本莉子インタビュー「大切な人」がテーマの「やさしいうた」に込めた想い

2015年8月19日(水) 12:00配信

丸本莉子のキャッチコピーは、"新世代リアルボイス・シンガーソングライター"。何の当てもなく、故郷広島から夜行バスで東京に出てきて4年。誰にでも経験のある身近なことを等身大の言葉で語るリアルな言葉と、彼女独特のハスキーで柔らかな声は、同じ経験をした者の心を包み込んでくれる。そんな「歌の力」が注目され、6月10日に史上初のハイレゾ配信でメジャーデビューを果たした。曲の印象で達観した人物かと思いきや、意外と天然。そんな丸本莉子を育んできた「家族」が、彼女にとって大切な存在だという。「大切な人」をテーマにした2nd配信シングル「やさしいうた」について訊いた。(インタビュー&文:坂本ゆかり)

丸本莉子

丸本莉子

――新曲「やさしいうた」も、デビュー曲「ココロ予報」に続いて、インディ時代のセルフリメイク曲ですよね。

丸本 やっぱりこの2曲は私の名刺代わりの曲なので、メジャーデビューしたからこそ、多くの人に聴いてほしいという気持ちがありました。「やさしいうた」は6分くらいの長い曲で、当初はシングルでは尺を短くして、9月に出るアルバムにフルバージョンを入れようと思ってたんです。でも、出来上がりがすごく良くて、シングルもフル尺で収録することにしました。

――インディ時代の「やさしいうた」と変わったのは、どんなところですか。

丸本 歌詞を少し変えました。最初の「やさしいうた」は、家族をテーマに書いた曲だったんですけど、新しい「やさしいうた」は、家族だけじゃなくて、恋人や友だちなど、もっと"大切な人"の範囲を広げて、より多くの人に共感してもらえればと思っています。

――丸本さんにとって、"大切な人"は?

丸本 やっぱり、家族ですね。歌詞にもある「おかえり」「ただいま」っていうのが、この曲を書こうと思ったきっかけのワードなんです。たまに広島の実家に帰ると、この言葉が心に響くんですよね……。家族がいるリビングに入ると騒がしくて落ち着かないけど、でもどっか"私の居場所"って感じがする。今回、歌詞を変えたけど、この曲を書いた時の気持ちは大事にしたいと思いました。
――家族って、どんな存在でしょう。
丸本 ひとことで言うのは難しいけど、家族が応援してくれるから頑張れるっていう気持ちはありますね。一番心配してくれて、いつも私の味方をしてくれるのは、家族ですからね。


――丸本家は、どんな家族ですか。
丸本 ちょっと変わっています(笑)。普通は家族で話さない、気まずくなりそうな話も平気で話しちゃうような家族です。全員血液型がO型なので、細かいことを気にしないみたい。父の誕生日に、父と妹が日本エレキテル連合の気合の入ったコスプレで「ダメよ~、ダメ、ダメ」ってコントをやったり、とにかくノリがいいです(笑)。
――何人兄弟?
丸本 私が一番上で、1つ下の弟と、6歳下の妹の3人兄弟。仲がいいです。広島でのライブには来てくれるし、マネージャーさんが来られないときは、妹がマネージャーをしてくれたりします(笑)。しっかりした妹です。

――家族がライブに来るって、テレませんか?

丸本 全然そんなことないです。最近は、母がファンの間で人気者になっていて"妖怪ノリリン"ってあだ名もあるぐらいです(笑)。母は、破天荒というか、なんというか……。ライブで私より大きな声で歌って、しかも、歌詞がうろ覚え(笑)。両親共応援してくれますけど、父はこっそり、母は、大っぴらに応援してくれる感じです。

――今、ご家族とは、東京と広島に離れて住んでいますが、離れてみて、改めて感じる家族の良さもあるのでは?

丸本 1ヶ月に1度くらいは帰っているので、ちょうどいい距離感かもしれません。離れてみると"お父さん、お母さん"だった両親が、ひとりの人間として感じられるようになったのは、変化かもしれないですね。

――でもそれは、自分が大人になったからじゃない?
丸本 そういうことなのかな? ずっとお父さんとお母さんの面しか知らなかったけど、自分たちの友だちと接しているときには、見たことのない顔をしている。それが、本来の性格なんだと思うのですが…。最近、いろいろ考えちゃうんですよ。あと、どのくらい一緒にいられるのかな、とか。今は会おうと思えばいつでも会えるけど、私が結婚したら会える回数が減るかもしれない。世界進出して、海外にお嫁に行くかもしれないし!(笑)。

――改めて、この「やさしいうた」で伝えたいことを教えてください。

丸本 本当に当たり前のようにそばにいる大切な人を、この曲を聴いて、もう一度思い出してほしいです。そして、大切だな、愛しいなって気持ちを改めて感じてもらえるとうれしいです。

――丸本莉子といえば、独自の声を活かすための「ハイレゾ・デビュー」が話題になりましたが、「やさしいうた」の出だしのブレスも、ハイレゾで聴くとゾクっとしそうですね!

丸本 この曲は、自分でも優しく歌えたと思っています。レコーディングのときも、終始笑顔で、息づかいも柔らかいく録れたと思います。そんな雰囲気もハイレゾだとわかりやすいんじゃないかな?と思うので着目して聴いて下さい。

――ストリングととか、アコースティックギターとか、生の楽器の音もハイレゾ向きですよね。
丸本 はい。まるで楽器の位置がわかるくらいに鮮明に聴こえるので、歌と楽器、両方をじっくり聴いてほしいです。

――デビューから2ヶ月経ちましたが、改めてデビューを実感したのは?

丸本 7月16日の『GYAO MUSIC LIVE「丸本莉子LIVE at Victor Studio『一本勝負』」』の時、すごい数のスタッフさんがいて、「今までと違うんだな~」って思いました。
あと、9月16日にリリースするミニアルバムのサンプル盤に、ビクターのマークが入っていて、すごくうれしかったです。メジャーデビューして、初めてのCDなので、「ああ、これが9月にはお店に並ぶんだ!」って感動しました!
――この2ヶ月は、新しいことの連続だったと思いますが、どんな2ヶ月でしたか。
丸本 忙しかったけど、前よりも時間の余裕ができました。ずっと音楽をやる時間がある、音楽1本でやっていけるっていうのが、新鮮です。サボれる時間もあるので、自分を甘やかさないように、曲作りを頑張らないと!と思っています。

――曲作りは、朝型? 夜型?

丸本 断然、夜型です。夜の方が浮かびます。5月の誕生日に、「お花女子になろう!」って思って、ベランダに花壇を作ったんです。お花屋さんにきいて、水をやるだけでいい花を植えたんですけど、夏場は、朝9時前には水をやらなきゃならなくて、夜型だとそれができないんですよ……。今、ドライフラワーになっちゃってます(笑)。

――サスガ、O型(笑)。8月22日には、いであやかさんとの2マンライブがありますね!意気込みを聞かせて下さい!

丸本 はい!テレビで見ている方と一緒にライブをするのが不思議だなという気持ちです。しかも、オープニングアクトが黒川沙良さんで、美人と美人に挟まれたライブです(笑)。「美人で実力派」の方達がお相手なので、私は、「面白くて実力派」を目指して、頑張りたいと思います。この日は、アコースティックセットで歌うので、すごく楽しみです!ぜひ遊びに来てください!

丸本莉子 リリース情報

やさしいうた

やさしいうた

2015年8月19日配信

[ハイレゾ]500(税抜)/[通常音源]¥250(税抜)

「やさしいうた」iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1026721369?app=itunes&ls=1
「やさしいうた」レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002008306/
「ココロ予報~雨のち晴れ~」iTunesプレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/id1027239272?app=itunes&ls=1

ココロ予報〜雨のち晴れ〜

ココロ予報〜雨のち晴れ〜

2015年9月16日発売

VICL-64411 \1,800(税抜)

1.ココロ予報 (another intro) 2.やさしいうた 3.コトバ 4.やさしさに包まれたなら 5.愛した人 6.僕の名前をつけてくれた日 7.心のカタチ (studio live)※ 8.歩いてゆけ (studio live)※
※Bonus Track

丸本莉子 ライブ情報

2015.08.22 (Sat) SHIBUYA LOOP annex

出演:いであやか / 丸本莉子 OA : 黒川沙良

OPEN 17:00 / START 17:30

丸本莉子 オフィシャルサイト


「J-POP」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

丸本莉子

生年月日 1990年5月16日(28歳)
星座 おうし座
出生地 広島県

丸本莉子の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    4位

  5. 【第7話あらすじ】『あなたには帰る家がある』玉木宏、“離婚”に踏ん切りがつかず…

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS