J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

サザンオールスターズ10年振りの全国ツアー、追加公演の日本武道館で大団円

2015年8月19日(水) 04:00配信

サザンオールスターズ

サザンオールスターズ

4月11日(土)、12日(日)の愛媛県武道館から始まった、サザンオールスターズの全国ライブツアー「おいしい葡萄の旅」。ライブに先駆けて発売したNewアルバム『葡萄』はもちろん大ヒットとなり、すでに出荷70万枚を記録しロングセールスを続ける中、4ヶ月にわたり各地大盛況で全国を廻ってきたこのツアーが、追加公演となる8月17日(月)、18日(火)の日本武道館公演でいよいよ大団円を迎えた。

今回のツアーはNewアルバム『葡萄』に相応しく、愛媛県“武道”館から始まり、この日本“武道”館で締めくくることとなった。五大ドームも含め、全11ヶ所23公演のこの大規模ツアーは合計で50万人にも及ぶ動員を記録、サザンの全国ツアーは、2005年に行われた「SOUTHERN ALL STARS Live Tour 2005みんなが好きです!」以来10年振りだったが、10年振りにして最高の動員を塗り替えるツアーとなった。

さらに、サザンの日本武道館公演は1992年から93年にかけて行われた全国ツアー「歌う日本シリーズ」の最終日以来、実に22年振り。超プレミア公演のチケットを幸運にも入手できたファンは開演前からテンションマックス。

“皆様、本日はようこそお越しくださいました 季節は巡り愛媛県武道館からここ日本武道館へ 大きく育った『葡萄』をみんなで喜び味わう旅 さあ、いよいよ収穫祭のはじまりです” という字幕がステージ上に映し出され、メンバーがステージに登場すると、武道館全体を大きく揺らすかのような大歓声が沸き起こった。

ボリューム満点!Newアルバム『葡萄』収録曲を中心に、36曲もの名曲、ヒット曲を約3時間半にわたり披露!

全国各地を大いに盛り上げてきた今回のツアーだが、武道館でも同様にボリューム満点。往年のヒット曲から『葡萄』収録曲まで、新旧にわたるサザンの名曲・ヒット曲を36曲披露、公演時間は3時間半以上にもおよんだ。

ライブの中心となっているのはもちろん『葡萄』収録曲。CMソングとしてもおなじみのロマンチックなポップチューン「はっぴいえんど」や、すでに名バラードとの呼び声が高い「平和の鐘が鳴る」では、曲中で自然にさざ波のような温かい拍手が沸き起こった。また、原 由子がメイン・ボーカルをとる「ワイングラスに消えた恋」では、原が普段のキーボードの位置から離れ、ステージ中央に立ちダンサーを従え歌謡ショーさながらに歌い上げると観客は大喜びだった。

終盤になると、会場の盛り上がりはレッドゾーン振り切れ状態。「東京VICTORY」では会場全体がひとつになって拳を振り上げ、「アロエ」では、ステージに多数登場するアロエをあしらった衣装をまとったダンサーとともに客席全体がダンスフロアーと化す。さらに「マチルダBABY」「エロティカ・セブン(EROTICA SEVEN)」「ボディ・スペシャルⅡ(BODY SPECIAL)」「マンピーのG★スポット」という怒涛の盛り上がり曲連続攻撃に、12,000人が狂喜乱舞した。

日本武道館といえばあのバンド・・・オマージュたっぷりの大サービスも

中盤のMCで桑田は、「武道館といえば、49年前にかのビートルズが来日してライブを行った場所です」と、自らが最も敬愛するビートルズについて言及、その後そのビートルズにちなんでメンバー紹介が行われた。

桑田が、当時ビートルズ公演の司会をしたE.H.エリックを真似て「それでは、日本で初めて迎えるビートルズでございます。どうぞ皆様の盛大な拍手でもって迎えたいと思います。Ladies and gentlemen, welcome The Beatles.」と切り出すと、ドラムの松田弘が「リンゴ・スターです」、ベースの関口和之が「ポール・マッカートニーです」、そしてキーボードの原由子が「ジョン・レノンの恋人、小野妹子です(笑)」、さらにパーカッションの野沢秀行が「ジョン・レノンです」と、それぞれ小ネタを交えながら自己紹介。ミュージシャンシップがあふれながらも、ユーモアたっぷりで会場は爆笑の渦に包まれた。

そして、メンバー紹介が終わると、桑田が「曲、やっちゃおっか」の発言に続き、なんとバンド全員で『HELP!』を完コピで演奏!まさかのサプライズと、リスペクト感にみちたバンド全員のミュージシャンシップに、会場全体から温かい拍手があふれる一幕だった。

音楽の旅はまだまだ続く

この二日間の武道館公演で、「おいしい葡萄の旅」は一旦終了となったが、『葡萄』の大ヒット、そして全国ツアーの大成功を経て、まだまだ今後のサザンオールスターズの活躍に期待したいところ。「命ある限りみなさんとこうやって逢瀬を重ねていきたいと思います」というステージ上での桑田の発言通り、今後もまだまだサザンの音楽の旅が続くことを期待したい。


「J-POP」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

葡萄

葡萄

演奏者 サザンオールスターズ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS