J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

a-nation東京公演が開幕!SUPER JUNIOR、VAMPS、倖田來未、ゴールデンボンバーら13組が5万人を魅了!

2015年8月31日(月) 14:48配信

  • SUPER JUNIOR
    SUPER JUNIOR
  • 加治ひとみ
    加治ひとみ
  • Leola
    Leola
  • SOLIDEMO
    SOLIDEMO
  • Do As Infinity
    Do As Infinity
  • つるの剛士
    つるの剛士
  • Dream5
    Dream5
  • Every Little Thing
    Every Little Thing
  • ゴールデンボンバー
    ゴールデンボンバー
  • f(x)
    f(x)
  • 倖田來未
    倖田來未
  • FEMM
    FEMM
  • VAMPS
    VAMPS
  • SUPER JUNIOR
  • 加治ひとみ
  • Leola
  • SOLIDEMO
  • Do As Infinity
  • つるの剛士
  • Dream5
  • Every Little Thing
  • ゴールデンボンバー
  • f(x)
  • 倖田來未
  • FEMM
  • VAMPS

先週、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した「a-nation stadium fes.」。東京公演が8月29日、味の素スタジアムで幕を開けた。

Do As Infinity

美形の正統派シンガー・加治ひとみ、気品あふれる爽やか系ギタ女・Leola、全員が身長180cm以上の歌って踊れるイケメン8人組グループ・SOLIDEMOの3組がオープニングアクトとして登場した後、初日のトップバッターとしてDo As Infinityがステージに姿を現した。伴都美子の「イチ、ニ、イチ・二・サン・シ」という掛け声とともに大渡亮が刻むギターリフが大空に向かって響き渡り、小雨をちらつかせる雲を吹き飛ばすかのように「本日ハ晴天ナリ」で勢いよくスタート。

「こんにちは! Do As Infinityです。a-nation、最後まで楽しんでいって下さい!」と伴の挨拶をはさんで、曲は「遠くまで」へ。ポジティブな気持ちを乗せたこの曲を届けるように、ステージを左右に横断しながら遠くにいるオーディエンスに向けて何度も手を振った。最後はこの季節にぴったりのサマーチューン「SUMMER DAYS」をプレイ。軽快な8ビートに乗せ、伴の貫禄あるボーカルでよりロック色を増したDo As Infinityの存在感を力強くアピールした。

つるの剛士

続いてはa-nation初出演となる、つるの剛士。つるのとバンドメンバーの全員が色違いのネクタイを着用した姿でステージに現れ、「イェー! 味の素スタジアム、イェー! a-nation!!」とつるのがさっそく観客たちを煽る。そして、自らギターを弾きながらZIGGYの大ヒット曲「GLORIA」を熱唱。そのままオリジナル曲「メダリスト」、プリセンス・プリンセスのバラード「M」を“男歌”として聴かせた後は「我らがレジェンド!」と、ゲストとして世良公則が登場! 9月16日に発売になる2人がコラボした世良のシングルから、世良公則&ツイストの「銃爪」、そして奥田民生が彼らのために楽曲提供した新曲「いつものうた」をa-nationで初披露。大人の熱い男たちの声をスタジアムに響かせた。

Dream5

カラフルな衣装で舞台右手のステージに登場したのはDream5。ドリ5流のスパイスをダンスにもサウンドアレンジにも加えたTRFの「EZ DO DANCE」を始め、「ようかい体操第一」「Summer Rainbow」と、誰もがじっとはしていられないダンサブルなヒットチューン3連発で客席を次々と踊らせ、次のEvery Little Thingのステージへとつないだ。

Every Little Thing

ボーカルの持田香織は、たっぷりとフレアが入った白のトップスと赤を基調としたゆったり目のスカートを大人ガーリーに着こなし、緩やかな足取りで観客の前に登場。女性コーラスをフィーチャーしたバンド編成で、「Dear My Friend」はオーガニックなボッサ、「Time goes by」は大人の抑制の効いたR&Bへとサウンドを大胆にリアレンジしてプレイ。デビュー20周年目を迎え、成熟したEvery Little Thingならではのパフォーマンスで観客をあっと驚かせた。だが、ギターの伊藤一朗が「どうスか、みなさん。うぃーっス」としゃべりだすと場内に笑いが起こり、ブラジリアンビートをフィーチャーした「出逢った頃のように」で場内をのせ、最後は観客を大合唱させていった。

ゴールデンボンバー

この日の出演者で最も異彩を放っていたのは、a-nation初登場のゴールデンボンバー。会場のざわめきの中「こんな汚いバンドを呼んでくれてありがとうございます!」とボーカルの鬼龍院翔が挨拶。「僕らはこの後どんどん汚くなるので、お食事中の方はいったん蓋を閉めてお楽しみください」と意味深な注意を伝えた後、「抱きしめてシュヴァルツ」が始まると、曲中にギターの喜矢武豊は子供用プールの中で超ビッグサイズの“味の素”を振りかけてスイカの早食いを開始。ELTファンだと自ら豪語していたドラムの樽美酒研二は、用意してきたELT看板を得意げに広げると、文字が“Every Little hing”に(苦笑)。すぐさま樽美酒はズボンを脱ぎ、黒いTバックをはいたお尻を突き出して足りなかった“T”の文字を作るなど、観客たちは彼らの仕込んだ“ネタ”に大爆笑!! 最後はヒット曲「女々しくて」でスタジアム全員を踊らせ、見事な一体感を作り上げていったところはさすが! エアーバンドの彼らにしかできない、どこまでも身体を張った本気のエンタテインメントショーで5万人を魅了した。

f(x)

ブレイクタイムをはさんで、韓国のガールズグループ・f(x)からスタート。アンバー、ルナ、クリスタルの順番に千鳥格子のエレガントな衣装に身を包んだメンバーが1人ずつ舞台下からリフトアップしてくると、場内には「可愛い!」という声が響き渡る。凛とした表情でハードなエレクトリックサウンドを踊る「Red Light」で幕を開けたあと、クリスタルがa-nationに初登場した感想を「こんな大きなステージに立てて嬉しいです」と告げる。続いて始まった「Pinocchio」は日本語バージョンで歌唱、「All Night」では曲の最後にルナとアンバーがクリスタルを抱き上げるパフォーマンスを見せ、f(x)ならではのエキゾチックなヒットチューン「RUM PUM PUM PUM」で観客たちをヒートアップさせていった。アンバーが「最後はこの曲で熱く締めくくりたいと思います」と告げ、ラストはサマーダンスチューン「Hot Summer」を楽しそうに歌い、ステージを後にした。

倖田來未

15のカウントダウンから爆発音の特効を合図に、「a-nation!」と叫びながらステージに駆け出してきたのは、現在15周年イヤー真っ最中の倖田來未。2年ぶりの出演となる今回は、生バンド+DJ+男女混合編成のダンサーを引き連れての登場。「UNIVERSE」でダンサーとともにダイナミックなアクトを見せると、ステージがとたんに華やかに! 着ていたデニムジャケットを脱ぎ捨て「IS THIS TRAP?」ではタオルをグルグル回しながら腹筋全開で大胆に肌見せ。最先端のクールなダンストラックに仕上げた「め組のひと」のカバーでは、観客に“め”を大合唱させるなど、場内はたちまち倖田のペースに。「みんな元気な声出せんの? まだいけんの?」と煽った後はコール&レスポンスで客席と声でつながり、会場内はさらにエキサイト。「BRING IT ON」「BE MY BABY」などエモーショナルな歌声、男女のペアダンスなどを盛り込んだセクシーで見応えのある振り付け、ヒップホップやロックを融合したエッジーなダンスビートなどでポテンシャルの高いパフォーマンスを次々と繰り出し、“QUEEN OF LIVE”の姿で観客を圧倒した。

FEMM

スタッフに運ばれ、a-nationのステージにディスプレイされた2体のメイド姿の“マネキン”FEMM(FAR MENTION MANNEQUINS)が突然動き出し、デビュー曲「Astroboy」など2曲をパフォーマンス。出演情報がどこにもされていなかった中での登場でスタジアムがファンタジックな不思議な空気に包まれたあと、暗闇の危険な香りを身体中にまとったVAMPSが真っ赤なサーチライトがちらつく中、ステージに登場した。

VAMPS

地底から天空へと響き渡るようなHYDEのシャウトで観客たちは狂喜乱舞。K.A.Zのギターがうねりを上げる「AHEAD」で幕を開けたVAMPSのライヴ。「DEVIL SIDE」で何度も吹き出した炎の演出、観客を釘づけにするHYDEの視線の“圧”、ワイルドで色気も含んだ重厚なロックンロールサウンド。「a-nation stadium fes.」は初登場とはいえ、世界を飛び回っているVAMPSのワールドクラスのパフォーマンスに、スタジアムに激震が走る。だがMCでは「VAMPSです。SUPER JUNIORかと思ったかい?(笑)」と、チャーミングな表情を見せつけ「初めて観る人もいると思うけど、そんなに怖くないから。少なくとも僕は(笑顔)」と観客たちを和ませた。その後は野外にぴったりな「ZERO」、Shampooのヒット曲「TROUBLE」、「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」とキラーチューンを連発。華麗で危険な香りのするロックンロールなステージで客席をどこまでも誘惑しておいて、最後はHYDEが客席にキスを投げ、VAMPSのエキサイティングなライヴは終了した。

SUPER JUNIOR

そして、いよいよこの日のヘッドライナー・SUPER JUNIORがシックなスーツ姿でステージに現れると、彼らのグループカラーであるブルーに染まったスタジアムが大熱狂! 「美人(BONAMANA)」から観客は息の合った掛け声で彼らのショーに参加、「SORRY, SORRY」ではヒチョルが途中からドラマーとして曲をさらに熱く盛り上げた。

メンバーの自己紹介に続いて、キュヒョン、リョウク、イェソンによるボーカルユニットSUPER JUNIOR-K.R.Y.が素晴らしいハーモニーで「JOIN HANDS」をじっくり聴かせ、SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUKが「Saturday Night」、「Oppa,Oppa」というパーティーチューンで観客たちを大騒ぎさせた。この後メンバーはカラフルなスーツに着替えて2台のフロートに分かれて乗り込み、「Disco Drive」「Wonder Boy」「★BAMBINA★」をメドレーで披露しながら場内を周遊。ステージに戻ったあとの「Let's Dance」ではメンバー各々がカメラに向かってキス顔を大サービス。「Can you feel it」では“チョギワダンス”をウニョク、ドンヘに続いてシウォン、そしてカンインの無茶ぶりでSUPER JUNIR-K.R.Y.の3人までが踊る羽目に。さらにウニョクの提案でヒチョルとイトゥクとカンインがセクシーダンスまで披露し、ファンは大興奮!

そんな中、ヒチョルが「実は今日がウニョクとドンヘとシウォンと一緒に立つ最後のステージなんです」と話すとファンは絶叫。その言葉を受けてドンヘは「次、また会いにきますね」と落ち着いて話し、シウォンは「みなさんからいただいた大きな愛。これを大切に胸に閉まっておくよ」と告げ、ウニョクは「2年間みなさんに会えないけど、元気でいて下さい。また会いましょう!」と笑顔でファンとの再会を約束。最後に彼らの韓国の最新曲「Devil」を届け、彼らは最後までSUPER JUNIORらしい陽気なステージングと明るい笑顔で5万人を熱狂させ、「a-nation stadium fes.」東京公演初日のヘッドライナーを盛大な打ち上げ花火に迎えられながら飾った。

a-nation オフィシャルサイト


「a-nation」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS