J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

安室奈美恵、全国ツアースタート!3年ぶりのアジアツアーも発表へ

2015年9月6日(日) 21:58配信

安室

安室奈美恵

昨日、安室奈美恵がさいたまスーパーアリーナにて全国ツアー「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」の初日を迎えた。

今年のツアーでは、全国15カ所44公演、40万人を動員する。6月に発売されたオリジナルアルバム「_genic」を引っさげたツアーということもあり、オープニングムービーは、「_genic」の文字が「LIVEGENIC」に変化していく様を表現。

 

 

安室奈美恵が12人のダンサーを従えてステージ中央から登場すると、観客からは大歓声が巻き起こった。シャッターやストロボが表現された映像を背景に「Photogenic」を歌唱し、続く「NAKED」ではダンサー10名を従え、ステージに一列に並び迫力のパフォーマンスを披露。Youtubeの再生回数が1000万回を突破した話題曲「Golden Touch」も披露され、タイトルのイメージ通り、衣装もステージも照明もゴールド一色に。

 

 

ライブ中盤では、ステージ上にダイヤモンドの巨大オブジェが登場し、DOUBLEとのコラボーレション楽曲「BLACK DIAMOND」で観客を圧倒。

この日、安室がステージ上で発した言葉は「さいたまスーパーアリーナー!騒げ!」とアンコールサイドの「ありがとうございました!バイバイ!」のみ。今年もMCはほぼ無く、約2時間ほぼノンストップで全29曲を熱唱した。また、ライブ終演後にはHPで3年ぶりのアジアツアー開催が発表された。台湾と香港で計3日間、約3万人を動員予定だ。

安室は、今年6月に発売した最新アルバム「_genic」が、主要音楽チャート4冠を獲得し、その後もロングセールスを記録中。昨日から始まった全国ツアーは、アジア公演も含めると残り46本。ファンの期待を裏切らない“安室奈美恵のライブスタイル”は今年も全国を駆け巡る。今年も安室奈美恵から目が離せない。

安室奈美恵オフィシャルサイト


「安室奈美恵」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

_genic

_genic

演奏者 安室奈美恵 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

安室奈美恵

生年月日 1977年9月20日(40歳)
星座 おとめ座
出生地 沖縄県

安室奈美恵の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 山﨑賢人、思わず観客目線?「今日すごく…来てよかったなっていう…」―『羊と鋼の森』完成披露試写会

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 新作映画『五日物語―3つの王国と3人の女―』を観るべき3つの理由――おとぎ話が秘める狂気と残酷さ、艶めかしい映像美で暴き出す

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS