J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

tofubeatsインタビュー「僕は毎回、最後だと思ってやってる」と語る彼の最新作『POSITIVE』とは?

2015年9月11日(金) 12:00配信

アーティスト、トラックメイカー、DJ、リミキサーとして活躍するtofubeatsが、メジャー2ndアルバム『POSITIVE』を完成した。Dream Ami、KREVA、小室哲哉、玉城ティナなど、多彩なフィーチャリング勢を招いての新作は、前作『First Album』からさらにポップさを増した作品となっている。進化していくtofubeatsの今を切り取ったアルバムについて話を聞いていこう。(インタビュー&文:土屋恵介)

tofubeats

tofubeats

2枚目で「あれ?」ってものにならないように、がんばろうと思いました

─2ndアルバム『POSITIVE』ですが、全体的なテーマは最初からあったんですか。

「アルバム制作の最初の頃に、ポジティブって言葉がスタッフから出てきたんですよ。玉城(ティナ)さんとの曲ができなすぎて、スタッフの人と話してたら“ポジティブにやった方がいいよ”って言われたんです。それをジャケットのデザインチームに話したら、“アルバムの仮タイトル“ポジティブ”でいいんじゃない?”って話になり、それが最後まで残ったんです」

─気持ち的に、ポジティブな方向に向かっていきたかったんですか。

「不思議な話で、ポジティブってテーマが決まったら、制作チーム全体にポジティブな空気が広がったんです。暗い曲も作ってはいたけど外そうとか変わったり、ジャケットとかイラストレーションしてる子でさえ影響受けたと思います。こうやってパッケージされたのでビックリしました。今までと全然印象違うものになったので」

─前作のサウンドもカラフルでしたけど、より色彩感がアップしましたね。

「基本的には明るめにはなりましたね。前もいろんな色はあったけど、どどめ色みたいなのもあったので(笑)。それが今回はパリッとした方向に揃ったと思います」

─メジャーのフィールドで作る2枚目のアルバムということで、意識したところはありますか。

「山下達郎さんが“2枚目をちゃんと出すと長続きする”ってインタビューで言ってたのを読んだことがあったんですよ。僕も、2枚目で目減りしたような、あれ?ってものにならないように、しっかりしたものを出そうという考えでがんばろうと思いましたね」

─Dream Amiさん、KREVAさん、小室哲哉さん、Skylar Spence、玉城ティナさん、くるりの岸田繁さん、EGO-WRAPPIN'の中納良恵と、フィーチャリング勢も豪華ですが、曲のイメージができてからオファーしていったんですか。

「いや、僕は、その人に合わせて書きたいのがあるので、一緒にやってみたい方をスタッフと挙げてオファーしたんです。そしたら、見ての通りの豪華なみなさんが参加してくださって驚きました」

超豪華な参加メンバー!

超豪華な参加メンバー!

Dreamのamiさんが「ディスコの神様」を聴いてるって聞いてオファーしました

─楽曲は、フィーチャリングの方をイメージして作っていくわけですね。アルバムのリード曲、Dream Amiさんをフィーチャーした「POSITIVE」は、かなりのポップ感があるナンバーになりました。

「意図的にポップさを追求した曲になりましたね。あと、音の抜けのいいミックスダウンができるようになってきたので、それをがんばった曲です。ポジティブってアルバムの全体のテーマが決まったあとに、Dreamのamiさんが『ディスコの神様』を聴いてるって情報をスタッフがキャッチしてオファーしたんですよ。それでamiさんに合う、いい意味で自分らしくないポジティブ感が出せたなと思います。結果リード曲にもなったし、いい形で出せてよかったなって」

─歌詞は、日常でがんばろうと思う前向きさが出ています。ポジティブって言葉は、逆に皮肉っぽさを持たせて使うこともありますが、そうじゃないですよね。

「はい。そういう裏がないよっていうのを、曲で出せたらいいなと思ってたんです。ほんとにポジティブがいい、明るい前向きなのって憧れるなって感じですね。amiさんとは、ラジオの番組でご一緒したことがあって、天真爛漫でいい方だなって印象があったんです。ただ、あの人は僕より芸歴長いし、色んな経験をされてる方なので、その人がポジティブっていうのが説得力が出るかなって」

─確かに。KREVAさんとの「Too Many Girls」は、シンプルなビートで爽やかなメロディの乗るナンバーとなりましたね。元々、KREVAさんとは交流はあったんですか。

「いえ、ただもちろん大好きでした。曲は、今回はカラッとした軽やかなのをやろうというのは決めてたんです。まず自分で曲を作って、“Too Many Girls”ってサビを入れたトラックを送ったら、さすがだなって思うラップを入れて返してくれたんです。それに合わせて僕も2番のバースを書きました。女の子についての内容ですけど、“上には上がいる”って意外な角度のフレーズが入っててすごいなって思いましたね」

─小室哲哉さんとの「Throw your laptop on the fire」は、トランシーなユーロ感とエディット感が混ざり合ったユニークなダンスチューンになりましたね。

「去年の年末の『COUNTDOWN JAPAN』で、たまたま出演日が同じで対談させていただく機会があったんですけど、小室さんの音楽の捉え方のスピードが早くて衝撃だったんです。小室さんが僕の曲を“2~3曲聴いてきたよ”って、それだけでオレのやりたいこと言い当てられました(笑)。これは何かご一緒できたらいいなって声をかけさせてもらったんです。曲自体は、最初は僕がデモを出して小室さんに戻してもらうはずだったんですが、最初に小室さんが“これ合うと思うから”ってデモを送ってくれたんです。それを僕がエディットしていったんです。小室さんが作ったパートと、エディットしたモノが1曲に混ざって面白いところに着地したと思いますね」

遠くで仕事しても、神戸に帰れるからいいなって…

─玉城ティナさんとの「すてきなメゾン」は、シティポップフレイバー溢れるナンバーです。

「これはシャッフルビートの曲がやりたかったんです。あとコーラスで、大比良瑞希さんって新人のヴォーカリストが参加してて、彼女を起用したかったのもあったんです。玉城さんの歌が想像以上に素敵な歌声で、それが活きるようにがんばって作った曲です」

─玉城さんのヴォーカルは、予想外と言ったら失礼ですが、とても味がありますね。

「最初、玉城さんをオファーしたときに、一応デモを取り寄せたんです。そしたら、歌の筋がよさそうって思えたんですよ。レコーディングもすごく真面目に取り組んでくれて、僕が手がけるとか関係なく、歌を続けてほしいなってレコーディングしながら思いました」

─歌詞は、ほっとできる家、ホームがあるから旅にも出れるという内容です。角度を変えると、ライブ、DJで外に出ることにもつながりますね。

「そうですね。僕は、東京に来るのがまさに当てはまりますね。遠くで仕事しても、神戸に帰れるからいいなって。みなさん、距離は違えどそれってあると思うんですよね」

─くるりの岸田繁さんとの「くりかえしのMUSIC」は、ミディアムなシンセポップチューンとなっています。

「くるりリスペクトもありますし、岸田さんと僕が最初にお仕事させてもらったのが、レコード・ストア・デイの7インチでくるりの『ロックンロール・ハネムーン』のリミックスをオファーされたのが先だったんです。4つ打ちのシンプルなリミックスを作って、それを岸田さんがいいと言ってくださってたんですよ。その流れのものを出したいなって、この曲ができたんです」

─歌詞の積み重ねていくことの日常感、音のループ感が合わさり、色がグラデで変わっていくような印象がありますね。

「まさにそういう感じの曲ができたらいいなと思っていたので、分かってもらえるとうれしいです」

─中納良恵さん「別の人間」ですが、ここまでのスローチューン、シンガーソングライター的な曲調も初めてですよね。

「そうですね。アレンジしてるときに、結果的にドラムまで入れなくなるとは思ってませんでした。まず、ピアノの音源を新しく買ったので、それを使いたかったんです。で、中納さんの声がすごすぎて、生に近い感じにしたいなって思いました。あと、自分の打ち込みのピアノっていうのが面白い存在だなって。ピアノの音っていうけど、これは実際のピアノの音じゃないわけですよ」

─プログラミングの音、ピアノの音色ってことですもんね。

「そうそう。僕はピアノ弾けないし、この譜面打ち込むのに半月くらいかかってるんです(笑)。パッと聴きピアノを弾いてる風には聴こえるけど、パソコンで作った虚構感と、中納さんのマジの歌のバランスが面白いなって。それでタイトルが『別の人間』っていう。この交わらなさが、すごくコラボっぽくなってよかったと思います」

─歌詞は、分かり合えないところがある恋人の関係性を歌ってますが、素直にラブソングにも受け取れるし、別れの歌にも受け取れます。

「そうですね。分かり合えない二面性は意識しましたね」

EP『STAKEHOLDER』とアルバム『POSITIVE』は陰と陽の関係

─歌詞のダブルミーニング、投げ方の広がりは、前よりも強くなってますね。

「それは、やっと1stアルバムを作って、昔よりは分かるようになってきました。メジャーでやった成果、成長があるなとは自分でも思います。歌詞の教育受けてないけど、上手く聴こえてたらいいなって感じですね。もっとがんばりたいですね」

─最後の「I Believe In You」は、テックハウス、デトロイト感のある完全なクラブチューンです。

「いきなりのガチテクノっていう(笑)。これは友だちのレーベル、マルチネレコーズの10周年コンピに書き下ろした曲で、このアルバムに入れるのも分かっていたので、インストで盛り上がれるものを作りたかったんです。amiさんの『POSITIVE』と対になるような曲ですね。こういうのも僕は好きなんですっていうのを入れたくて。前回はこういう曲が多かったけど、今回はこの1曲に絞ったんです。この曲がアルバムでは一番エモーショナルで盛り上がると思うし、これまで僕を聴いてくれてた人も納得いってくれるんじゃないかなと思ってます」

─アルバム『POSITIVE』を作り終えて、どんなものが得られたと思いますか。

「まずは、基本的に、自分もスタッフもみんなが何に対してもポジティブになれたことですね。いつもみたいに、“あ~どうしよう”って悩むことがなかったんですよ。1stに比べると、実際終わったあとに、“あ~疲れた”みたいなのもそんなにないですし。一見すごいタイトルですけど、『POSITIVE』ってワードによって救われたところがあるんですよね。言霊ってあるなって思いましたね。あとは、J-POPっぽさは今回だいぶ勉強できたと思います。1stアルバムのときは、ポップスを作るって枠組みにちゃんと入れられなかったけど、今回は入れられたと思いますね。やっぱり、こういうメンバーを集めて作品を作るって、メジャーにいるときにしかできないじゃないですか。それって、今の自分にしかできないことだと思うんですよ」

STAKEHOLDER

STAKEHOLDER

─4月に発表された、メジャー3rd EP『STAKEHOLDER』から、本作にも「STAKEHOLDER」「T.D.M. feat. okadada」が収録されていますが、このアルバムが陰と陽の陽だとすると、EP『STAKEHOLDER』は陰の側面を持っているように思います。なので、2作を合わせて聴くと、tofubeatsさんの世界観がより楽しめるように感じますね。

「そうですね。1stアルバムでは、陰と陽を1枚に詰め込んだけど、EP『STAKEHOLDER』とアルバム『POSITIVE』は対になっていると、自分でも思っています。アルバムいいなと思った人には、ぜひ掘り下げて両方聴いてほしいですね。もっと言うと、アルバムの初回限定盤のDVDには、過去のPVが全部入るんです」

─本作から入る人には、tofubeatsさんの楽曲がベスト盤的に知れますね。

「そうなんですよ。僕は毎回、最後だと思ってやってるので(笑)。ぜひ、昔も総ざらいしてチェックしてくださいって気持ちです」

tofubeats リリース情報

POSITIVE

POSITIVE

2015年9月16日発売

[初回限定盤] WPZL-31099 \3,600(税抜)

[通常盤] WPCL-12238 \3,000(税抜)

【CD収録曲】1.DANCE&DANCE 2.POSITIVE feat. Dream Ami 3.T.D.M. feat. okadada 4.Too Many Girls feat. KREVA 5.STAKEHOLDER 6.Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉 7.I know you 8.Without U feat. Skylar Spence 9.すてきなメゾン feat. 玉城ティナ 10.くりかえしのMUSIC feat. 岸田繁(くるり) 11.閑話休題 12.別の人間 feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’) 13.I Believe In You

【初回限定盤DVD収録曲】[tofubeats music video集]1.水星 feat. オノマトペ大臣 2.No.1 feat. G.RINA 3.Don’t stop the music feat. 森高千里 4.おしえて検索 feat. の子(神聖かまってちゃん) 5.ディスコの神様 feat. 藤井隆 6.Her Favorite & 衣替え 7.Come On Honey!feat. 新井ひとみ(東京女子流) 8.poolside feat. PES(RIP SLYME) 9.20140803 10.衣替え feat. BONNIE PINK 11.STAKEHOLDER 12.朝が来るまで終わることのないダンスを

tofubeats オフィシャルサイト


「tofubeats」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

First Album

First Album

演奏者 tofubeats 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

tofubeats

生年月日 1990年11月26日(27歳)
星座 いて座
出生地 兵庫県神戸市

tofubeatsの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS