J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

全国のレンタルCDバイヤーが本当にオススメしたい邦楽名盤1枚目~25枚目!

2015年9月15日(火) 16:15配信

時が経っても色褪せない“不滅の名盤”。
ミュージシャンたちも影響を受けてきたであろう古今東西の名曲から、今シーンの中心に立っているバンドの曲まで、“10年経っても輝き続ける”をキーワードに、全国のレンタルCDバイヤーが選んだ”不滅の名盤”!まずは邦楽編。

いつまでも愛し合ってるよー!

忌野清志郎

キヨシローがどれだけ僕らを愛し、僕らから愛されていたのか、その答えがこの「完全復活祭」に溢れ出てると思います。
始まりのイントロから2008年2月10日を追体験できる、最高のライブアルバムです!

日本の至宝。

上原ひろみ

超絶ピアノ技術に裏付けされた演奏と独特の空気感。
一音一音響くピアノの音色と世界観にいつまでも浸っていたいと思わせる。
おこがましくも、同じ日本人であることを誇りに思います。

19歳が放つ母性

宇多田ヒカル

時代を象徴する彼女の楽曲だからこそ消費されるしかなかった曲も、今振り返って聴くとその凄さを何倍も感じる。
特にこのアルバムは若干19歳の彼女が放つ、悟りを開いた母のような大きな愛で包み込まれる1枚。

速いだけじゃない。

X JAPAN

過激で且つ繊細な音楽性はそのままにスラッシュだけでなくバラード、アメリカンロックとYOSHIKI、hide、Taijiの良いところ がギュッと詰まったバランスの良いアルバム。

2012年の地球エキスポ

m-flo

R&B、ヒップホップ、ハウスが生み出すグッドメロディーを全てクロスオーバーさせたトラックに、誰にも真似できない独特の ラップスタイル、そしてLISAのハイセンスな歌声。この高いスキルをもった3人がつくりだす音楽にはハッピーな空間しか見え ない。オススメは②⑥⑧⑪

戦う男の唄

エレファントカシマシ

哀愁漂う男の唄がこの作品に詰まっています。
前に進むための力強さを与えてくれます。切ないメロディーで僕らの心をセンチメンタルにさせてくれます。「今宵の月のように」は本当に素晴らしい名曲です。
このアルバムを聴かないで人生過ごしていくなんて勿体ない!

感情の沸点にはご注意ください

OVER ARM THROW

彼らの音楽は人の心を動かしてしまうほどの影響力。
収録されている「Thanks」、「ZINNIA」、「Stardust」は必聴!また、アルバムごとに収録されているシークレットトラックがツボにハマる事必至。
様々な感情を湧き立たせてくれる最高の一枚。

オジロの歴史のスタート

OZROSAURUS

ここからそこAREA AREA、うちからそこAREA AREA。ほんとよく聴きました。
「AREA AREA」、「VILI VILI」、「WHOOO」と名曲満載。TOKONAの声が聞ける「YOUNG GUNZ」も外してはいけない1曲。

やるせなさがたまらない

オフコース

バンド絶頂期にリリースされた名盤。
今でこそ名曲となった『言葉にできない』はアレンジの違いも懐かしい。
曲がフェードアウトしていく中で小さく「We are, Over ,Thank You」 とヤスさんの脱退を悲しむ小田さんの声がせつない。

第二期オフコースの最高傑作

オフコース

メンバーが5人になりロック色が強まった第二期オフコースの最高傑作。
「Yes-No」「時に愛は」「一億の夜を越えて」とファンの支持が高い曲が連なる「大ヒットした『Yes-No』はイントロの流れるようなシンセがたまらない。

迷ったら「痛いよ」を聴いて下さい。

清竜人

清竜人の透き通った声量と聴くものの心に響くソングライティング力が最高に詰まったアルバムです。
特にラブバラードが秀逸すぎてます。本作3曲目に収録されている「痛いよ」これだけでも聴く価値があります!!!!

顔ジャケの濃さは楽曲の濃さのしるし

キリンジ

3

弟泰行の傑作「エイリアンズ」を真ん中に置き、整形したかつての恋人を揶揄する「メスとコスメ」、サンタクロースの悲哀「千年紀末に降る雪は」、悪役レスラーの決意「悪玉」など、一癖ふた癖ある兄高樹の楽曲。兄弟の才能が凝縮されている。

三人が奏でる音の力強さが心に響く

クラムボン

1曲目の「バイタルサイン」から、彼らのピアノ、ベース、そしてドラムからまさに「生きている証」が力強く響いてくる。
1枚通してその衝撃に包まれています。[mono][stereo]の音の違いはヘッドホンで楽しむべし!

生きる意味を教えてもらった1枚

GLAY

出逢いはTVから流れた④曲目。
サビの詩とメロディに心を揺すぶられすぎてしばし放心状態、まさに一耳惚れ。その後、四季を織り込む愛の詩⑨に泣いた。
「こんなふうに想える人を見つけること」が生きる意味なのだと知った、20年聴き続けている『人生の1枚』。

歴代ケツノポリスの中でも至宝の1枚!

ケツメイシ

彼らの音楽には情景が鮮明にイメージできる曲が多く、特に「さくら」を聴くと美しい歌詞とメロディーの中、目を閉じれば桜舞う美しい情景が浮かび上がります。
また楽しい時、しんみりな時などシチュエーション毎に聞ける曲が多い所もオススメです。

骨までしゃぶりつきたいサカナの1枚

サカナクション

サカナクション6枚目のアルバム。タイトル名がグループ名の通り、サカナクションワールドが堪能できる1枚。
タイアップ曲も満載だが、アルバム曲も素晴らしく、是非収録順に堪能して欲しい。

熱いサザンからせつないサザンまで

サザンオールスターズ

1曲目の熱ーいロックンロールからスタートし、最後には夏の終わりを感じさせてくれる、サザンらしいアルバムです!
イイ曲が多すぎて何からオススメしていいかわからないくらいですが、あえて一番好きな曲を選ぶとしたら「YOU」ですかね。

ついついどこかに出かけたくなります

サニーデイ・サービス

「baby blue」名曲です、こんな1曲目ズルいです!おかげでこの世界観にのめり込んでしまいました(中毒性ありですね)。
ちょっと疲れているときに聴くと、どこかに出かけよう!という気分になります。「旅の手帖」も忘れられない1曲ですね。

最強!最狂!最恐!なんだこの無敵感!

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

この頃のミッシェルといえば、向かうところ敵ナシ、とんでもない勢いだった。
すべての雑念をブルースで吹き飛ばしてくれる、圧巻の55分。スモーキン・ビリーで叫び、G.W.Dでがなり、ダニー・ゴーですべて忘れて歌い果てる!

中毒症状に要注意、痺れます

SHANK

曲中に登場するいくつもの突き刺さるフレーズや葛藤する様を奏でるメロディーライン、何事にも動じず駆け抜ける力強さ。
曲を聴き終えた頃には、小さな悩みも吹き飛んでしまいます。勢いがとどまることを知らない【SHANK】の魅力が詰まった渾身の一作。

心臓からゴロっと飛び出した1枚

syrup 16g

名曲「Sonic Disorder」のイントロは鳥肌立つくらいにかっこいいし、Vo五十嵐の詩は、誰もが感じるネガティブな感情を、ひとまわりしてポジティブに変えてくれる。
「明日を落としても」は涙無くして聴けない名曲。

1stにして完成版

syrup 16g

好きになったのはフェスで初めてライブを見てから。
照明も暗くMCも無く、演奏する3人の顔すらまともに見えない。それなのに熱量は高く視線が外せない。それがシロップとの初めての出会い。
フェスの帰りに急いで帰って買って聞いたのがこの1枚。最高です。

この1枚で変わりました

スーパーカー

洋楽ばかり聴いていた当時、バイト先の先輩から彼らを教えてもらい、衝撃を受けました。「日本でもこんなにいいバンドが出てきたんだ」と。それ以降は日本のロックシーンにどっぷり浸かり、多くの素晴らしいバンドに出会えるきっかけをくれた1枚。

切ないサイドのスピッツ名盤

スピッツ

「楓」は名曲です!こんなイイ曲はスピッツでしか表現できない世界観ですね。
「スカーレット」から最後の曲「フェイクファー」の流れが大好きです。「冷たい頬」「運命の人」などシングル曲も多くて、新たなスピッツの良さをおぼえたアルバムです!

このアルバムの直後に「JAM」が産まれた。

THE YELLOW MONKEY

彼らが初めてアルバムチャート1位を獲得した作品。
全体的にハードロックテイストが強いが、一曲目はバラードで始まる。静かに、力強く。これがまた良い。
末代まで伝えたいロックアルバム。


「TSUTAYA」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. ダウト バンドの“次”につながる新曲「閃光花火」 リリース!【撮りおろし&インタビュー】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS