J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

小林武史、ホリエアツシらが集結!「InterFM897」開局記念イベント!コラボソングも初披露!

2015年10月5日(月) 12:58配信

10月1日、EX THEATER ROPPONGIにて、「InterFM897開局記念~897 Sessions~」が開催された。

このイベントは、周波数を76.1から89.7に変更したInterFMが、10月1日に局名を「InterFM897」に改名した事を祝すもの。「InterFM897」は、「The Real Music Station」のコンセプトの元、音楽を愛するあらゆる人々のための音楽ステーションとして、数多くの音楽イベントを開催していく。その第一弾として、今回の「897Sessions」が開催された。

音楽プロデューサー小林武史を中心に、唯一無二の声を持つボーカリストと、鍵盤の共演をテーマに行われ、出演者としてホリエアツシ(ストレイテナー)、大木伸夫(ACIDMAN)、黒木渚、桐嶋ノドカらが集った。この日のために制作された本邦初公開のコラボソング「70(ナナゼロ)」の披露もあった。


  • 黒木渚(撮影:藤井拓)

  • 大木伸夫(ACIDMAN)(撮影:藤井拓)

  • ホリエアツシ、ギタリストの大山純(撮影:藤井拓)

  • 小林武史(撮影:藤井拓)
  • 黒木渚
  • 大木伸夫
  • ホリエアツシ 大山純
  • 小林武史

まずステージには黒木渚が登場し、10月7日にリリースされるニューアルバム『自由律』に収録されている「アーモンド」「虎視眈々と淡々と」など5曲を、勇敢さ溢れる歌声で聴かせる。
鍵盤とアコースティックギターのみの演奏が、彼女の歌声の力強さをより際立たせる。トップバッターにして、オーディエンスの意識を一同に集めた。

次は大木伸夫(ACIDMAN)がギター1本の弾き語りスタイルで登場。「普段は荒々しいんですけども、今日はソフトに(笑)。よろしくです」と挨拶するも、いざ演奏が始まると、感情の高ぶりに合わせ、時折堰を切ったように熱さがほとばしる歌唱を披露。11月18日にリリースされるアコースティックアルバム『Second line & Acoustic collectionⅡ』から、この日の共演者でもあるホリエアツシがレコーディングに参加したという「リピート」など5曲を、愛嬌と激情のパフォーマンスで魅せた。

続いてホリエアツシのステージには、ストレイテナーのギタリスト大山純も姿を現す。「ストレイテナーの半分です」との自己紹介に、聴衆からは微笑みがこぼれる。
なごやかなムードのまま『SIX DAY WONDER』『シンクロ』と、懐かしい曲から最新の曲まで惜しみなく披露する。アコースティックギターによるいつもとは違うアレンジで、爽やかに重なる2人のコンビネーション抜群のギターが心地よいひと時だった。

この日の見所だったのが、「70」制作参加アーティストと小林武史によるセッションタイム。

まずは桐嶋ノドカが登場し、11月20日にリリースされる小林が楽曲プロデュースをした配信シングル「柔らかな物体」を披露。続く黒木渚は、彼女と小林武史が出会うきっかけになったという「骨」を高らかに歌い上げる。
大木は、兼ねてから小林の鍵盤の音色に宇宙を感じていたと言い、自身の楽曲からチリ・アタカマ砂漠に建設されたALMA電波望遠鏡をモチーフに制作した「ALMA」を選択し、その化学反応を楽しんだ。
そしてホリエは今年の夏、戦後70年という事実を見つめて制作した「NO ~命の跡に咲いた花~」を、小林の繊細な鍵盤の音色に重ねて丁寧に歌い上げた。

最後に、舞台上に出演者全員が集まり、この日のために制作されたという「70」の披露が行われた。
小林がこのイベントを機会に戦後70年の今年に世代の違う今回の参加ミュージシャンに呼びかけて作った12分に及ぶ組曲のような壮大なものだった。

出演者全員で「70」を披露(撮影:藤井拓)

歌詞をステージ上で映像化しつつ70年をクロニクルのような手法で綴りながら美しいメインテーマを全員で歌い上げていくことで前半の山場が終わり、中盤、一転ホリエがソロパートで激しく歌い上げ、大木の魂に訴えるようなバラードパートに続いていく。小林のメインテーマのソロピアノを挟み黒木のラディカルな言葉とともにアグレッシブに楽曲は進んだ後、桐嶋から始まる混声のパートに突入した。それはまるで群像劇を見るようでもあり、70年の時間をドキュメントしながらカオスへと向かっていった。出口のない混沌の最後に大木が「それでも、、」と歌いあげて短い沈黙が生まれた後、最終章は再びメインテーマを繰り返しながら歌いあげ、そして、命の尊さを悼むような静かなソロパートのリレーで楽曲は終了した。

出演者がステージを去った後、映画のエンドロールのようにスタッフクレジットが流れた後に長い拍手がおこったことは、オーディエンスの1人ひとりが何かを受け取ったであろうことを物語っていた。ぜひ音源化を期待したい。

このライブの模様は、InterFM897にて60分のスペシャルプログラムとして放送予定。

InterFM897 InterFM897開局記念~897 Sessions~ オンエア情報

【放送局】InterFM897
【放送日時】11月18日(水)20:00-21:00
【番組タイトル】897 Sessions Special


「InterFM897」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS