J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

田中桜、黒川紗良ら4組が弾き語り!注目の女性SSWによる、360°を囲むライブイベント、Day4レポート

2015年11月2日(月) 14:48配信

TSUTAYAの音楽好きがリコメンドする音楽サイト「TSUTAYA MUSIC PLAYLIST(ツタプレ)」と、原宿からGOOD MUSICを発信しつづけるLIVEハウス・原宿ストロボカフェの合同企画「フロアセンターステージWEEK」が全4日間に渡って開催された。今回は最終日、DAY4の模様をレポートする。

「フロアセンターステージWEEK」とは、通常の客席がステージになり、アーティストを観客が360°囲む「フロアセンターステージ」でのイベント週間で、アーティストと客席の距離が近いことが特徴。スピーカーも周囲4隅から中央に向けられているため、観客自身がまるでステージ上にいるかのような臨場感を味わえる。会場に入場すると、中央のステージを取り囲むように椅子が並び、一体、どの方向で演奏されるのかが想像ができない。

まずは、Kacoのステージ。
2014年に音楽活動を始めたばかりの彼女。LIVEを精力的に行っていつつも、そのルックスのキュートさと相まって、まだまだ初々しさの感じられるステージ。見つめる観客も自然と応援したくなる空気感を漂わせている。赤ちゃんの立場で歌った曲という『透明の人』からしっとりとバラードを奏でる。「ストロボカフェの天井は高く空に繋がっているよう・・・」というMCからの『月とわたし』へ。歌の世界のみならずMCからも彼女の感性の瑞々しさが伝わってくる。会場に広がる歌声の心地よさは、この日のキーボード弾き語りLIVEのスタートにうってつけの演奏となった。

kako

kako

setlist. 1.透明の人 2.amenotorico 3.月とわたし 4.くちびるの魔法 5.無味のドロップ 6.歓びをかぞえて

そして2番手は、田中桜
TVのオーディション番組「Sing!Sing!Sing!」でファイナリストに選ばれた彼女だけに、歌の上手さは折り紙つき。「客席が近くて緊張します」と言う彼女。歌い始めると、堂々とした伸びやかな歌声を披露していく。看板曲という『G』や、照明の光と音楽が溶けあうような『Dependance』を経て、新曲『でたらめ』へ。アップテンポなこの曲には手拍子が起こり、1週間の疲れを吹き飛ばせてくれるような元気の出る曲。最後の曲『Black & white』では、観客とのコール&レスポンスで会場を盛り上げた。バラードからアップテンポなナンバーまで聴かせる彼女の今後の活躍が楽しみだ。

田中桜

田中桜

setlist. 1.聞いて 2.G 3.Dependance 4.デタラメ 5.永遠に 6.Black & white

3組目は、黒川沙良
黒川はスタンディングでキーボードを弾く演奏スタイル。そのキーボードと歌声の力強さに会場の空気が一変する。クラシックピアノを基礎にしながらもSoulやR&Bに近づいて行ったグルーヴ感を持つ彼女の歌と鍵盤。順調な滑り出しと思いきや、1曲目 「Keep on tring」の後半でキーボードの音が出なくなる機材トラブルが発生した。そんな中、動じることもなく黒川はそのままアカペラで歌い続ける。観客もそれに応えてのクラップで盛り上げる。まさに生であるからこそLIVEならではの出来事。歌いきった彼女には会場から最大限の拍手が送られた。7/22にミニアルバムでデビューしたばかりという黒川のその堂々とした演奏に、観客は一体感とともにこの瞬間に立ち会えた喜びさえ覚えるステージであった。

黒川沙良

黒川沙良

setlist. 1.Keep on tring 2.My Life 3.Blue 4.ガールズトーク 5.Take it easy

そしてこの日のトリは、富山優子。
楽屋でKacoからリクエストされ、急遽演奏することにしたという『ぜいたくな穴』でスタート。変則的なメロディラインながらもポップソングに仕上げていく彼女のメロディメーカーの才能が発揮された曲。「ツタプレ」で取り上げられたことがきっかけで今回の出演が決まったという彼女。「ツタプレ」では、「ピアノ弾き語りだけでここまで聴かせる作品は、矢野顕子「SUPER FOLK SONG」以来の傑作だと確信している。」と称賛されているアルバム『おおグリーン』の中からの曲を中心に演奏していく。「普段はMCであまり喋らないのですが・・・」と言いながら、この日は饒舌な彼女。お客さんとの距離の近さから、普段とは違う一面を見せてくれていた。まさしく4日間の「フロアセンターステージWEEK」のラストを飾るに相応しいステージだった。

富山優子

富山優子

setlist. 1.ぜいたくな穴 2. おおグリーン 3.やせがまん 4. 虹 5.ハイデリッヒ 6.卒業 アンコール. 永遠を観る子供たち

(文/サイキックマニア(ツタプレコンシェルジュ)  撮影/伊藤 栞理)

■出演アーティスト紹介

kako

kako

【プロフィール】
1993年生まれ。愛媛県出身。2014年5月より都内で音楽活動を始める。
自然に囲まれて生まれ育った空間的で芯のある声は、現代社会への違和感を訴えかけると共に、数や時間に支配されたこの世界を生きる人々の心を包み込む。
◆LIVE info
2015年10月30日「月と踊りを〜Kaco×Chima〜 2man Live」 @下北沢 SEED SHIP http://seed-ship.com/schedule.php
◆2015年11月17日「アキイロセカイ」 @北参道 ストロボカフェ http://www.strobe-cafe.com/kitasando/schedule/2015/11/
◆Twitterはこちら @ayfatvskyips


田中桜

田中桜

【プロフィール】
1993年7月22日東京生まれ。高校時代つのだ☆ひろのバックコーラスを経験する。
大学に入学後、ピアノ弾き語り、楽曲製作をはじめる。2015年春TBS系列オーディション番組「Sing!Sing!Sing!」に出演、TOP5に残る。現在は、オリジナル曲をピアノ弾き語りで、都内のライブハウスで活動中。
◆LIVE info
2015年12月18日 初レコ発ファーストワンマン@北参道ストロボカフェ
◆Twiterはこちら: @sakuratanaka722


黒川沙良

黒川沙良

【プロフィール】
祖母がピアノ教室を運営している影響を受けて、幼少時代からピアノに親しむ。
祖母よりクラシックピアノの「英才教育」を受けつつも、自身の向かうべ き音楽はポップスだと感じピアノのレッスンをやめ、音楽の「自由度」を求めてひたすら歌謡曲や洋楽ヒット曲を耳コピするようになった。そして、幼稚園の時には、曲を一度聴けば、その曲を忠実にカバーや自分なりにアレンジして弾く能力を自然と身に付けていった。この時点で既に、楽譜、スコアを一切見ずに演奏するスタイルが始まり、現在に至っても「感性100%」によるピアノアレンジのスタイルは一貫している。直感、感性を何よりも優先し て考えるこのスタイルが、後に黒川の嗜好をJazz, Soul, R&B周辺に導いて行った。
◆LIVE info
2015年11月11日 代官山LOOP http://www.live-loop.com/index.html
◆2015年7月22日Release!デビュー・ミニアルバム「On My Piano」
◆公式HPはこちら: http://www.sala-kurokawa.com/


富山優子

富山優子

【プロフィール】
東京藝術大学音楽学部作曲科入学後、作曲・指揮・ピアノ演奏による自作自演に励む。
大学在学中から、都内ライブハウスでのピアノ弾き語りを始める。現在のライブ活動は、ピアノ弾き語りソロ、ロックバンド編成の富山優子エレクトリックバンド、クラシカルな室内楽編成の富山優子アコースティック楽団など様々な形態をもつ。クラシックをはじめとする西洋音楽への深い理解と、同時代に生きるものとしての研ぎすまされた感覚を併せ持つ作風で活動中。
◆LIVE info
2015年11月7日 富山優子ワンマンライブ 神保町 試聴室
2015年11月8日 富山優子ピアノトリオ 阿佐ヶ谷 ネクストサンデー
2015年11月11日 弾き語りソロ 渋谷 LUSH
2015年11月13日 弾き語りソロ 新宿 Sact!
2015年11月22日 弾き語りソロ 高円寺 U-hA
2015年11月28日 弾き語りソロ 池袋 鈴ん小屋
2015年12月12日 弾き語りソロ 名古屋 バレンタインドライブ
◆公式HPはこちら: http://www.tomiyama-yuko.com/
◆ツタプレ:あなたが知らない名盤はそこにある 邦楽ポップスアルバム2010年代前半ベスト10

おつかれーず、キクチリョウタらが出演!ツタプレ×原宿ストロボカフェのコラボ企画、ライブレポDAY1

今、大注目のポップバンドSoupnote、pertorika、komodo Inc.が出演。ライブハウスのステージ360°を囲むLIVEを、この日特別なアコースティックバンドサウンドで。

神田莉緒香、ななみ、見田村千晴ら注目の女性シンガーソングライター4 組による、360°を囲むライブイベント、Day3レポート


このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS