J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

コブクロ5年ぶり学園祭で学生達の “未来” にエール!!

2015年11月16日(月) 12:12配信

コブクロ

慶応義塾大学 第57回三田祭前夜祭

12月16日にニューシングル「未来」をリリースするコブクロが、11月14日(土)に、5年ぶりに学園祭ライブに出演した事がわかった。
2010年に東京・大阪2箇所(青山学院大学・関西大学)にて学園祭に出演して以来、実に5年ぶりの東京・大阪2箇所(11/3 関西大学にて実施済み、12月14日慶應義塾大学にて)学園祭出演。

メンバーが颯爽と登場し、大ヒット曲「流星」からライブがスターとすると、観客はいきなり総立ち状態に。
ソチオリンピック・パラリンピックNHKテーマソング「今、咲き誇る花たちよ」「hana」とヒット曲を次々と披露し、会場のボルテージは序盤から最高潮に達していった。

MCではいつものコブクロ節を披露。ホテルで隣同士の部屋に宿泊した際に、黒田が小渕の携帯スピーカーにBluetooth接続し、隣の部屋から遠隔で音楽を流すといういたずらのエピソードに、学生達は大ウケ、爆笑と歓喜につつまれる。

ヒット曲「風」では、楽曲ラストでメンバー2人のみで楽器もマイクをつかわずにアカペラで披露。静まり返った会場内に2人の歌声だけが響く幻想的な時間にしばし息を飲み、歌が終わり深々とお辞儀をする2人に、会場中から割れんばかりの拍手が沸き起こった。

「轍」「Summer rain」「神風」とアップナンバーを連続披露、会場は総立ち、テンションは最高潮に。アンコールでは、12月16日発売のニューシングル「未来」を披露。
「未来」は原作コミックス累計280万部を越す超人気作品の映画化、土屋太鳳 ・山﨑賢人共演映画『orange-オレンジ-』(12/12公開)の主題歌として書き下ろした新曲で、学生達の“未来”を照らすような、優しいライブとなった。

アンコールラストは、「YELL」を力一杯歌唱し、集まった4,500人の学生達にエールを送る形で、5年ぶりの学園祭ライブは幕を閉じた。

■セットリスト
1.流星
2.今、咲き誇る花たちよ
3.hana
4.光
5.手紙
6.赤い糸
7.風
8.轍 9.Summer rain
10.神風
EC1.未来
EC2.YELL

"コブクロ"の記事をもっと読む


「コブクロ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

未来

未来

演奏者 コブクロ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

コブクロ

結成年月日 1998年9月8日(19年)

コブクロの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. RADWIMPS、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲「カタルシスト」のMV公開!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS