J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

明日開催!北陸歌姫8組が出演するイベント「TSUTAYA× HELLO FIVEエフエム石川 DIVA IN HOUKRIKU 北陸の歌姫みぃ~つけたっ!」プロジェクトの裏側インタビュー

2016年11月2日(水) 21:46配信

 

 

いよいよ明日、11月3日(木・祝)に開催が迫った「TSUTAYA× HELLO FIVEエフエム石川 DIVA IN HOUKRIKU 北陸の歌姫みぃ~つけたっ!」 。

TSUTAYAとHELLO FIVEエフエム石川がコラボレーションし、北陸のミュージックシーンを全力で応援する企画で、北陸の歌姫アーティスト8組(千寿 / Miss-art / TSUNEI / MISTY / MIHIRO / nonchamp / ほくりくアイドル部 / 未来 )が一堂に会すイベントだ。

そこで、このプロジェクトのオーガナイザーであるエフエム石川の直 雅則氏、Seattle Standard Cafe'の中新賢人氏、TSUTAYA北陸カンパニー佐藤拓哉氏に、このプロジェクトの経緯やここに込めた想いを語ってもらった。

写真左から佐藤 

写真左からTSUTAYA北陸カンパニー佐藤拓哉氏、エフエム石川の直 雅則氏、
Seattle Standard Cafe'の中新賢人氏 

「北陸歌姫」プロジェクトが立ち上がったきっかけとは?

─まずは今回の「北陸歌姫」プロジェクトが立ち上がったきっかけから教えてください。

中新:直さんと僕は、僕がバンド結成した2003年から、ずっと直さんが温かく見守ってくれてるっていう関係で。佐藤さんとはTSUTAYAのイベントの際に知り合いまして。そこで、直さんと佐藤さん、おふたりが知り合えるといいんじゃないかなって思ってご紹介させていただきました。

佐藤:それが約1年~1年半前。

:そこから何か一緒にやっていければっていう話になったんですよね。

中新:その時はエフエム石川とTSUTAYAさんの店頭と何か連動した企画をって話しましたね。それが出発点です。そこから急激に近くなりましたよね。

佐藤:そんなこんなをしているなか、明日ご出演のTSUNEIさんとも知り合い、中新さんがSeattle Standard Cafe'のアルバム『Seattle Standard Cafe’ 4』の時に開拓してくれたインストアツアーを、今年3月にTSUNEIさんにもやっていただいたんです。

中新:インストアツアー、すごく良かったんですよ。お客さんの顔も、自分たちのCDを売ってくださっているお店の方の顔もちゃんと見れて。

─なるほど。そうやって脈々と受け継がれていったんですね。

佐藤:なので、開拓者の中新さんと、TSUNEIさんのおふたりを会わせたいなと思って、直さん、中新さん、僕、TSUNEIさんで会ったんですよ。

─そこでつながったと。

佐藤:さらに、これまた明日ご出演の千寿さんもそこに来て下さったんです。

中新:千寿ちゃんは、「かがやき」(Seattle Standard Cafe'が石川県と一緒に制作した金沢開業PRソング)でもコラボしているし、北陸のCMソングもたくさん作っている方なので、歌姫の皆さんともうひとつ何かできればと思って。

佐藤:最初は千寿さんいらっしゃるとは聞いてなくて。会いたいなと思っていたら、中新さんがなぜか呼んでくれていたという。

中新:千寿ちゃんをTSUNEIさんに会わせたいって思ってたんですよ。

北陸の歌姫たち

─その時にもうこの「北陸歌姫」企画はできつつあった?

:北陸の女性アーティストばかり集めて何かみたいな話はしてたかな。

佐藤:ふわっとしつつ…(笑)。

─特に出演者の具体的構想があって、呼んだわけではなかったんですね。

中新:こういうことしたいね…くらい。

佐藤:そこからですね。ふわふわっとしてたものがそこでひとつ形を取り始めた。

中新:一個芯が見えた。

佐藤:そこで直さんが「応援している北陸のシンガー、たくさんいるんだよね」ってとこから、より具体的な形になった。

:昔から局として女性アーティストを得意としているんです。パワープレイしたアーティストは圧倒的に女性が多いと思いますよ。それもあって地元の女性シンガーの)シーンもわりと細かく見ていたんです。そうしたら、そんな企画が持ち上がったんで、じゃあ…って。

佐藤:そうですよね。すぐに名前出てきましたもんね。

中新:そのなかで、どのメンバーで挑むのがいいのか、しっかり協議して決めた出演メンバーです。

佐藤:未来さんが富山、TSUNEIさんが新潟、千寿 さん、Miss-artさん、MISTY さん、MIHIRO さん、 nonchamp さん、ほくりくアイドル部 が石川で北陸の3県にまたがりました。

「地元のシーンを応援したい」が、まず最初にあった

─音楽的には弾き語りの方もいれば、R&Bな方もいればアイドルもいて。バラエティを持たせようというのはあったんですか。

中新:そこはあんまり…。活動とか人柄とか。

佐藤:結果的にうまくいろんなジャンルになったってとこですかね。

中新:音楽的なイメージっていうのはあまり考えなかったですね。

:最初こういう話する時って、いろんなこと考えながら、場所とかこうやって見せられたらいいよねみたいな話になるんですけど、これはそういうこと一切なしで、本当に今の良いアーティストをみんなで出し合って。そしたら結果的にこうなったんです。

佐藤:音楽的なコンセプトって、今回はそこからの話じゃないんですよね。女性シンガーで良い方がいっぱいいるよっていうのがあって、良い出会いがありつつ、地元のシーンを応援したいっていうのが主旨でスタートしたんです。だからベテランの方もいれば新人さんもいるし、ソロの方もいれば17人もいるほくりくアイドル部もいる(笑)。

中新:あんまり枠組みをしっかり最初から決めちゃわない方が面白いものができたりするって、いつも直さんおっしゃっていて。「北陸の歌姫」っていう弁当を作ろうとしたら、それぞれの味を集めて完成形がこんな弁当になった!「北陸味めぐり」みたいな(笑)。でも北陸で作られたものだから、みんなそれぞれの味があるけど自然とまとまっているっていう魅力があるんじゃないかな。

:形から入っちゃうと本末転倒になっちゃうことがあるから。

加賀美人は奥ゆかしくて芯が強い?

 

 

─歌姫同士は会ったことない同士が多いんですか?

佐藤:意外とそうらしいんですよ。

中新:気質なのか、前に前に行くという人たちではないので。がつがつしていないというか。なので、これを機会に仲良くなって連絡先交換とかしてほしいな。

─北陸の女性は奥ゆかしい?

:そういう地域性かもしれないですね。

─加賀美人!

中新:…もいます(笑)。

─金沢の音楽的特徴ってありますか?

:金沢、石川県って音楽をやるのにやりやすい場所かって言ったら、まだやっぱり遅れている部分もあるんですよ。都会に比べてまだまだ足りていない部分が多いんですけど、そんななかで芯の強い女性シンガーが多いですね。

中新:奥ゆかしいけど芯は強い。

─理想ですね!

佐藤:どうしてそこで僕のほう見るんですか!?(笑)まぁ、そういう流れがあって、まず女性シンガーで一回目のイベントを立ち上げ、こういうこともできるっていうモデルケースにさせていただいて、第二弾、第三弾につなげたいですね。

:今後このイベントに出たいという子たちが出てくればとは思っています。ラジオでオンエアされ、お店に行けば展開されていて、そういうのを目標に頑張ってくれる方たちが出てきてくれたらいいですね。

「北陸に良い音楽あるよ」っていうのを純粋に見てほしい

─メディア(FM石川)、音楽事業、お店がうまく三位一体になりましたね。

佐藤:ですね。この話の発端が5月過ぎくらいからだから約半年でここまで来ました。

中新:明日終わったら早速第二弾、第三弾の打ち合わせを(笑)。このイベントをきっかけに、これからもつながっていきたいんです。何か動かないと何も生まれないし、やっぱり音楽ってそういうものじゃないとだめだと思うんです。今回の企画で、みなさん「歌姫祭り」って何度もエフエム石川で聴いているでしょうし、音楽をあまり知らない方にも、このプロジェクトのメッセージは届いていると思うんで。

─そう思います。今回このイベントが良いなと思ったのは、すごく地元のことを考えて地元を大事にしようっていうのが伝わってくるんです。直さんが応援している女性シンガーの名前がぱぱぱぱっと出てきたっていうのも、いつも地元の音楽シーンを見ているからでしょうし。だからなんというか…イベント自体があったかい!

中新:本当にそうなんです。そのあったかい気持ちというか、「北陸に良い音楽あるよ」っていうのを純粋に見てほしいっていう思いにしっかり応えてくれるアーティストさんが集まっているので、その空気感っていうのは絶対に明日形になっているはずです。

:「歌姫」ってついているとおり、やっぱり歌が大好きで歌いたいことが明確なアーティストさんばかりが集まっているので、ぜひ歌を聴いていただけたらと思います。

佐藤:あとやっぱりお客さんには楽しんでいただきたいですね。僕らも楽しみますし、出演してくださるアーティストさんにも来て良かったなって思っていただきたいし。

中新:僕自身、明日楽しみにしているし。第二弾、第三弾って続いた時に、明日出てくれる第一弾アーティストさんが遊びに来てくれるような、そんなアットホームなイベントにできたらいいし、それが大きなパワーになっていくんじゃないかなって思っています。

LIVE概要・チケット販売について

「TSUTAYA× HELLO FIVEエフエム石川 DIVA IN HOUKRIKU 北陸の歌姫みぃ~つけたっ!」 開催!

日時 : 2016年11月3日(木・祝) 16時開場 16時30分開演(予定)
開場 : 片町DOUBLE(金沢市片町2-8-3)HP:http://w-double.com/
出演 : 千寿 / Miss-art / TSUNEI / MISTY / MIHIRO / nonchamp / ほくりくアイドル部 / 未来
チケット価格:1,620円(税込)1ドリンク別(500円)
チケット販売:北陸3県のTSUTAYA店頭 対象店舗一覧
チケット販売期間:10月15日(土)~11月3日(木)
※チケットは先着順での販売となります。店舗毎に販売状況が異なりますの期間終了前に販売終了となることがございます。ご了承ください。
※当日会場にてドリンク代別途500円を頂きますのでご了承ください。

※当日券もわずかですが販売あり!会場で11月3日(木・祝)16時~販売します!

ご出演いただく歌姫たち!

是非ともチェックしてください♪

歌姫たち

■千寿(ちず)
http://ameblo.jp/chizu-site/

■Miss-art(みすあーと)
http://miss-art-official.com/

■TSUNEI(つねい)
http://www.tsunei.com/

■MISTY(みすてぃ)
http://profile.ameba.jp/88misty/

■MIHIRO(みひろ)
https://www.facebook.com/mihiro6666

■nonchamp(のんしゃん)
http://nonchamp.com/

■ ほくりくアイドル部
https://www.facebook.com/hokurikuidolbu/

■未来(みく)
https://www.facebook.com/miku39guitar/

関連ニュース


「エフエム石川」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. NHK朝ドラ『わろてんか』“王道ヒロイン”に高橋一生…見どころ4選

    1位

  2. 広末涼子がジャケットに登場! DJ和の最新作『ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和』8月9日発売!

    2位

  3. 新作映画『ReLIFE リライフ』を観るべき3つの理由――漫画アプリ発!ありそうでなかった青春“やり直し”映画

    3位

  4. 主演・広瀬すず、続編『ちはやふる –結び-』キャストが発表!コメントも全文掲載!

    4位

  5. 櫻井翔の生徒になれるかも…?『先に生まれただけの僕』の制服、期間限定で発売

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 内田理央、「キングダム」“楊端和” 姿で『ヤンジャン』表紙に登場
  • 欅坂46・渡邉理佐、初体験の“温泉浴衣姿”を『少年チャンピオン』で披露
  • 広瀬すず&アリス、美女姉妹W表紙に登場 シースルーで大人の色気を披露
  • 【年末まで毎週「坂道の日」】2017年、乃木坂46と欅坂46がタッグで写真集発売! 若月佑美、新内真衣、堀未央奈、与田祐希ら続々発売決定
  • ベイビーレイズJAPAN・傳谷英里香、初グラビアを披露
  • AKB48、乃木坂46、欅坂46…人気アイドルのグラビア満載の『BUBKA』が電子書籍開始
  • ミス・ワールド2017日本代表の山下晴加さん、壮行会で決意あらわ
  • 【銭湯マニア必見】“至福のひととき”を無料で体験できるチャンス
  • キス顔動画が話題のグラドル・星島沙也加が2ndDVD『セカンドキス』をリリース

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS