J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

大原櫻子 秦 基博プロデュースの新曲「マイ フェイバリット ジュエル」リリース!【撮りおろし&インタビュー】

2017年8月7日(月) 18:00配信

歌、ドラマ、映画、舞台、ミュージカルとマルチに活躍する大原櫻子の7枚目となるシングルは、初のアーティストとのコラボレーション作「マイ フェイバリット ジュエル」。

作詞・作曲・プロデュースを手掛けたのは、大原が“「ひまわりの約束」が大好き!”だという秦 基博。秦の優しくスパルタなプロデュースぶりから、大原櫻子にとってのジュエルまで、21歳らしい爽やかなインタビューをお届け!(インタビュー&文:坂本ゆかり 撮影:宮田浩史)

大原櫻子

大原櫻子

>フォトギャラリーで写真をもっと見る(全7枚)

秦 基博さんはすごくふんわりして優しいイメージだったけど、覆されました(笑)

―新曲「マイ フェイバリット ジュエル」は、秦 基博さんの作詞・作曲・プロデュースということですが、なぜ、秦さんと一緒にやることになったのでしょう。

「大好きな『ひまわりの約束』を音楽番組でコラボさせていただいたり、お仕事で何度かご一緒させていただいていて、ご縁があるなとは思っていました。私はずっと、“アーティストさんとコラボしてみたい。いろんな楽曲を歌ってみたい”ということを言っていたんです。“秦さんが書いてくださるかも”という話をきいたのが”1年ちょっと前くらい。それが形になりました」

―「こういう曲にしてほしい」という要望は?

「お任せです。“こういうしたい”というより、秦さんが作る音楽を歌いたいというのがあって。そこには、秦さんから見た私のイメージも入っているんだろうなと期待もしつつ(笑)。実は最初は、作曲だけというお話だったんです。曲を聴かせていただいたとき、“大原櫻子っぽいというより、秦さんっぽい”と感じたし、“私が歌ったらどうなるんだろう!”ってワクワクしました。もっと秦さんの世界に浸りたくて、“歌詞も書いていただけませんか?”とお願いしたんです。歌詞が付くと、すごく夏らしい曲になりました」

―仮歌は秦さんが歌っていたと思うのですが、秦さん独特の歌い方に引きずられたりしませんでしたか。

「そこはあえて、引きずられていいかなと思いました。秦さんのカラーを大事にしたかったから。メロディのニュアンスもあまり歌ったことがない感じだったし、ちょっと力を抜いた感じも必要だと思ったから、逆にマネできたらいいなと思いました。実は2日間でボーカルを録ったのですが、1日目は私流、2日目は秦さんディレクションだったのですが、ぜんぜん違う仕上がりに。2日目の方が曲には合っていました」

―プロデューサーとしての秦さんはどうでしたか?

「秦さんって、すごくふんわりして優しいイメージだったけど、覆されました(笑)。表面は柔らかいけど、中身は超スパルタ! 『天才!』『完璧!』とか褒めておいて、『じゃあ、記念にもう一回』って。記念テイクを重ねに重ねて(笑)」

―秦プロデューサーの下で、新たな発見はありましたか。

「それこそ『完璧!』と言われたあと録るテイクって、良いテイクが録れてるから自由に歌えるんです。リラックスできるから、さらに良いテイクが録れる。これは次のレコーディングでも活かせそうな技。すごいなって思いました」

家入レオちゃんは本当に私のジュエルです

 

 

―お気に入りのフレーズは?

「“散歩している犬”というフレーズです。小さい幸せに大きな幸せを感じる瞬間を歌っているんですけれど、このフレーズだけで和みますよね」

―曲の中では“わたしだけのきらめき、わたしだけの幸せ”をジュエルに例えていますが、大原さんが幸せを感じるのは、どんなときですか。

「友達と話しているときが、一番楽しいですね。本当にハッピーになれるし、全てを忘れられるというか。友達とはいろんな話をしますよ。悩みや仕事のこと、恋バナもするし。普通の大学生と変わりません。特に家入レオちゃんは、ビビるぐらい仲がいいです。こんなに仲の良い女友達って、自分でもすごいと思います(笑)」

―でも、ある意味、ライバルじゃないですか。

「それ、よくいわれるんですけれど、本当にライバルと思ったことがなくて。ザ・親友(笑)。同じ仕事しているからこそ話せることもあるし。先週もプライベートで会って、昨日も会って、 多分、今週も会う(笑)」

―レオちゃんも取材中はしっかりしてるけど、昔と比べると、肩の力がめちゃめちゃ抜けて良い感じですよね。

「それ、多分私のせい! 私、家入レオのクールな壁をぶち壊していますよ(笑)。レオちゃんは、本当に私のジュエルです」

3月の「ビクターロック祭り」では、家入レオ×大原櫻子×藤原さくらの“ビクター3人娘”でライブも行いました。10月にまた、この3人のライブが見られるそうですが、3人はプライベートでも仲良しですよね。

「そうなんです。藤原さくらちゃんも家が近いので、“今、何してるの?”と急に会ったり(笑)。10月のライブも楽しみです。あんな幸せなことないですよ! 本当に楽しかったし、3人で曲を作ったのも楽しかったし!」

―本当に仲良しですね! 無形のジュエルが友だちだとしたら、形あるジュエルは、何でしょう。

「私は姉とすごく仲が良いんですけど、姉がくれたネックレスがあるんです。それに“あなたが進んだ道が、あなたが進むべき道である”というメッセージが入っていて。デビュー当時にもらったんですけれど、迷ったときに見ると“あ、これで良かったんだ”と思えるんです。すごく大切にしている宝物です」

ライブで盛り上がる「Jet Set Music!」と壮大な「ALIVE」

 

 

―リード曲以外の曲も伺いたいと思います。カップリングの「Jet Set Music!」も、シングルでもいいくらい爽やかでポップ。

「私も大好きなんです。一聞き惚れじゃないんですけど、メロディにすごく惚れ込んだ曲。CDを出すなら、いろんな表情を出したいなと思っているので、『マイ フェイバリット ジュエル』がちょっとラフでポップな感じだから、ちょっと突き抜けているかっこいいノリノリなライブで盛り上がる『Jet Set Music!』と、大人っぽい壮大な『ALIVE』を収録しました。『Jet Set Music!』は私の曲の中で最高音を出す曲で、レコーディングが大変でした。全身の筋肉を使わないと歌えない(笑)」

―壮大だという「ALIVE」はフジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソングとして、テレビで流れていますね。

「この曲はすごく等身大というか……。夕日の中、一人で部活帰りにいろんなことを考えていたころを思い出す、少し大人になった自分をテーマにして歌っています。同世代や大人の人に共感してもらえる歌になっていたらいいな」

大原櫻子が元気になるものとは?

 

 

―大原さんの曲から元気をもらう人も多いと思います。逆に大原さんが元気をもらう時って?

「3つあるんです。まずは、さっきも話した友だちとの会話。それから、母親の料理。やっぱり元気が出ますよね。特に、ビーフシチューが大好き。お弁当を作ってくれることもあるんですよ。あとは、なんといってもライブで見るみんなの笑顔! 応援してくれるコメントだったり、言葉だったり、笑顔は、間違いなく元気になれます」

―世の中、夏休みなのですが、夏にやっておきたいことはありますか。

「極真空手とか。けっこう、アウトドア派で運動も好きなんです。パブリックイメージにないかもしれないけど、日常の可愛さなんてゼロなんですよ(笑)。カッコいい女性になりたくて。あとは、免許を取りたいとか、お料理が作れるようになりたいとか……。水着で海に行くということもあまりやったことがないので、いいな。スイカ割りしたり。去年はツアーだったので、会場の廊下でスイカ割りしたんですけれど、すごく楽しかった!」

―10月からZEPP ツアーも始まりますね。

「今度のツアーでは、コンセプトというか、新しい挑戦をしたいと思っています。パフォーマンスだったり歌だったりで、新しいアプローチが出来たらなと思っています」

>フォトギャラリーで写真をもっと見る(全7枚)

大原櫻子 リリース情報

「マイ フェイバリット ジュエル」初回限定盤A

初回限定盤A

「マイ フェイバリット ジュエル」初回限定盤B

初回限定盤B

「マイ フェイバリット ジュエル」通常盤

通常盤

マイ フェイバリット ジュエル

2017年8月9日発売

初回限定盤A(CD+DVD):VIZL-1225 ¥1,500(税抜)
初回限定盤B(CD+DVD):VIZL-1226 ¥1,500(税抜)
通常盤(CD):VICL-37312 ¥1,200(税抜)

CD収録曲
M1:マイ フェイバリット ジュエル M2:Jet Set Music! M3:ALIVE

初回限定盤A DVD
「マイ フェイバリット ジュエル ミュージックビデオ

初回限定盤B DVD
「CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~ 番外編(約20分)

初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤初回プレス分のみ、ツアー優先先行予約シリアルナンバー封入

大原櫻子 ツアー情報

「大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN ~ACCECHERRY BOX~」

10月11日(水)北海道 Zepp Sapporo

10月18日(水)大阪 Zepp Namba

10月19日(木)大阪 Zepp Namba

10月25日(水)東京 Zepp Tokyo

10月26日(木)東京 Zepp Tokyo

11月02日(木)愛知 Zepp Nagoya

11月14日(火)東京 Zepp Tokyo[追加公演]

大原櫻子 オフィシャルウェブサイト:http://sakurako-web.com


フォトギャラリー


「大原櫻子」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

HAPPY

HAPPY

演奏者 大原櫻子 

 作品詳細・レビューを見る 

カノジョは嘘を愛しすぎてる

カノジョは嘘を愛しすぎてる

出演者 佐藤健  大原櫻子  三浦翔平  窪田正孝  水田航生  浅香航大  吉沢亮  森永悠希  谷村美月  勝村政信 
監督 小泉徳宏 
脚本 吉田智子  小泉徳宏 
原作者 青木琴美 
音楽 岩崎太整 
概要 青木琴美の累計300万部を誇る同名大ヒットコミックを映画化。音楽業界を舞台に、天才サウンドクリエイターの苦悩と切ない恋愛模様を描く。主演は佐藤健と、オーディションで選ばれた大原櫻子。監督は小泉徳宏、脚本は小泉と吉田智子、音楽プロデューサーは東京事変の亀田誠治がそれぞれ担当。大人気バンド“CRUDE PLAY”の元メンバーで天才クリエイターでもある小笠原秋は、たまたま知り合った女子高生の小枝理子に声をかけ、自分の正体を隠したまま付き合い始める。軽い気持ちで付き合い始めた秋だったが、やがて純真な理子に惹かれるようになっていった。しかしCRUDE PLAYのプロデューサーでもある高樹総一郎が理子をスカウトしたことから、嘘から始まった二人の恋は大きく動き始めるのだった…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

大原櫻子

生年月日 1996年1月10日(21歳)
星座 やぎ座
出生地 東京都

大原櫻子の関連作品一覧

三浦翔平

生年月日 1988年6月3日(29歳)
星座 ふたご座
出生地 東京都

三浦翔平の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【ネタバレ・コウノドリさきどり】 第8話 坂口健太郎の判断が…

    1位

  2. 綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」、BABYのピアノ曲を手掛けるイケメンピアニスト・清塚信也って?

    2位

  3. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    3位

  4. 【2017年・タレント写真集ランキング】乃木坂46怒涛のリリース、1位はやっぱり…? 年間ランキング発表!

    4位

  5. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS