J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Lead、15周年を飾る第一弾シングル「Beautiful Day」は「Leadのことを書こう。これまでの思いとこれからの気持ちを描こう」とした曲 【インタビュー】

2017年8月22日(火) 17:00配信

2002年7月31日に平均年齢14.5歳で鮮烈デビューしてから15年。30歳目前、大人になったLeadが15周年イヤーに突入。デビュー曲から最新曲までの全曲をノンストップで歌い踊る「Lead 15th Anniversary Live 〜感今導祭〜」を経て、彼らの“これから”を語るシングル「Beautiful Day」をリリース。

2013年にリーダー・中土居宏宜が卒業し、4人から3人になるという大きな転機を乗り越えて到達した15周年への想いと、変わらない4人の絆まで、たっぷりと語るインタビューは必見!(インタビュー&文:坂本ゆかり)

Lead

Lead

宏宜とは別々の道なんですけれど刺激しあって進んでいる。そこでも4人だなって実感できました(谷内)

谷内

谷内伸也

ライブレポートもやらせていただきましたが、7月の「Lead 15th Anniversary Live 〜感今導祭〜」では、シングル全曲ノンストップ、ついに、やっちゃいましたね!

鍵本輝:やっちゃいました(笑)。何度もスタッフさんに止められました。体力的にはキツかったけど、ノンストップのステージをやることで伝わるものがあると思って。

―15年の歴史をイッキに見せたライブでしたが、どんなところが一番印象に残りましたか。

Wanna Be With You

Wanna Be With You

鍵本:「Wanna Be With You」ですね。宏宜(中土居宏宜/2013年にグループを卒業し、芸能界を引退)が卒業してから、この曲を披露するのが初めてだったから。やっぱりファンの方には4人でのパフォーマンスが焼き付いてるじゃないですか。だからあえて3人のパフォーマンスは立ち位置の微調整をしたくらいで、基本的に昔のままにしたんです。普段だったら手拍子したり手を振りながら見てくれているファンの方たちが、何もせずにじっと集中して見てくれていた。僕らもファンのみなさんも、お互いに思うものがあったんだろうなってすごく感じたシーンでした。実際、見てくれたファンの声で一番多かったのが「宏宜が見えた!」って言葉だったし。

Upturn

Upturn

谷内伸也:僕は第2章の始まりの「Upturn」です。歌詞の中に「全てがあっての今だから、一つたりとも上書きしない」ってあるように、宏宜の卒業があって迎えられた今。4年前のファンクラブイベントで初披露してから何度もやってる曲だけど、今まで以上にみんなのクラップが大きかった。イントロが鳴った瞬間に、あの不安を乗り越えて迎えた15周年を噛みしめてる僕らの気持ちを会場中と共有できた感じがして、うれしかったですね。

古屋敬多:言葉にするのは難しいかもしれないけど、みんなが言うように宏宜の存在の大きさを改めて感じました。発表の1年以上前から“卒業する”って話はあって。でも宏宜は自分の道とLeadと二足の草鞋を履いて、僕たち3人のために1年間頑張ってくれた。3人になったLeadがちゃんと歩ける道を作るって気持ちでやってくれていたと思うんです。そのことに対する感謝の気持ちが、改めてあふれました。昔の曲の宏宜のパートを3人で割り振ったんだけど、どうしても歌いながら宏宜の存在が自分の中から出てくるんですよ。意識して寄せてるわけじゃないけど、自然と宏宜の歌い方に似ちゃう。そういうのを含めて、やっぱり4人なのかなと実感しました。

―「4人時代の曲がファンに受け入れられるか不安だ」ってライブの前から言ってましたけど、Lead4人の絆がファンにも見えたと思いますよ。

谷内:宏宜がライブを見に来てくれてたんです。すごく久しぶりに4人が再会したんだけど、昔と感覚はぜんぜん変わってなくて! 宏宜は卒業してからも自分の意思を貫いて、夢を実現させてるから、そこに刺激をもらったりもする。別々の道なんですけれど刺激しあって進んでいる、すごく良い関係だなって感じました。そこでも4人だなって実感できました。僕たち、仲が悪くて3人になったわけじゃないから、この関係性もわかってもらえるといいな。

辛かったこと、楽しかったこと、出会いや別れ、そういうのも全部繋がって今になっているし、それも全部美しいって言える(古屋)

 

古屋敬多 

―その「Lead 15th Anniversary Live 〜感今導祭〜」本編の一番最後で、新曲「Beautiful Day」を披露しました。この曲は、3人で作詞を手掛けているんですよね。

鍵本:「Leadのことを書こう」ってことを最初に掲げて作ったんです。「これまでの思いとこれからの気持ち」を描こうとは思ったけど、それだけだと固くなるから、ラブソングに思いのたけを込められたらってところからスタートしたんです。

Now or Never

Now or Never

谷内:輝が10周年アルバム『Now or Never』ってタイトルを歌詞に入れ込んだり、ラップパートに「strings」って曲を連想させるワードを入れてみたり、長年のファンには「あれ?」って思えるような遊び心もあるので、歌詞もチェックしてほしいですね。

鍵本:タイトルとサビになっている「Beautiful Day」は、敬多がふと口ずさんだ言葉なんです。

古屋:最初は、サビが2番の「This is Our Day」だったんです。「他に〇〇Dayないかな?」って探していて、「Beautiful Day」ってボソッと言ったら、「いいね!」って言ってもらえて(笑)。辛かったこと、楽しかったこと、出会いや別れ、そういうのも全部繋がって今になっているし、それも全部美しいって言えるなと思って……。ハマりました。

鍵本:「This is Our Day」だと、“僕らの意思”と“ラブソング”を天秤にかけた時、僕らの意思の方が重くなっちゃうし……。Leadの歴史を知ってる人には“僕らの意思”を受け止めてもらえると思うんだけど、「Beautiful Day」で初めてLeadを知ってくれる人には僕らの思いばかりが大きいと、重すぎちゃうと思うんです。そのバランスを取るにも「Beautiful Day」の方がしっくりきたんです。どっちにしても、僕たちが歌う分には、ファンに対する思いが100%なんですけれど(笑)。

水でずぶぬれのMV。そんなに「キャー」って言ってもらえるなら、次のツアーでも雨降らそうかな?(鍵本)

鍵本

鍵本輝

―ライブではMVがバックに映っていましたが、3人が水でずぶぬれになっているシーンの歓声がスゴかったです(笑)。

鍵本:舞台袖で、「キャー」って声は聞こえてました。でもあれ、MVの監督さんが最初から「濡らしたい」って言ってたんです(笑)。そんなに「キャー」って言ってもらえるなら、次のツアーでも雨降らそうかな? 

―MV撮影時のエピソードを教えてください。

鍵本:ドローンを使った撮影が多かったのですが、僕もマイドローンを持っているので、いろいろ勉強になりました(笑)。プロの仕事はスゴイですね。僕がプライベートで使ってるのはセルフィードローンっていうやつで、普段は部屋の中で飛ばして壁に激突したりしてるんですけど、「Beautiful Day」で体得した技術をカップリングの「Shampoo Bubble」のMVで活かすことができました。僕がハワイでドローン撮影した映像が入っていますので、ぜひ見てください!

谷内:芝生で踊ったのは初めてだったのですが、面白いぐらいに足を取られて踊れなくて(笑)。そこが大変でした。踊りにくいと言いながらも気持ちいいシチュエーションだったので、テンションは上がってました。

古屋:テンション上がったといえば、撮影場所があるTVドラマのロケ地と同じだったんですよ。たまたまMV撮影の前に見ていたから、すぐに気付いて。聖地巡礼みたいな感じで、一人でテンションが上がってました(笑)。

鍵本:え、そうなの? そんな話、初めてきいた。素振りも見せてなかったよね(笑)。

古屋:言っても反応してもらえないと思って、言わなかったんだよ。今回、「Beautiful Day」のジャケット撮影のスタジオの隣が「新しい季節へ」のMVの撮影をした場所だったり、懐かしい場所と遭遇する偶然もありました。

―新曲「Beautiful Day」には「これまでの思いとこれからの気持ち」を詰め込んだということですが、Leadのこれからとは?

鍵本:自分たちでも楽しみなんです。僕たちにしか出せない音楽やパフォーマンスがこの15年間で培われたと思うので、それを力強く表現していけたらなっていうワクワクした気持ちがあります。大軸が見えたので、それをどう見せていくのかが課題かな。

―大軸とは、何でしょう。

鍵本:そんなに意識してなかったけど、思えばデビューからずっとヒップホップ感っていうものがある。自然とそうなってるって事は、自分たちが好きだからなんですよね。あえてヒップホップ感を明確にして、これからは筋を通して制作をしていきたいと思っています。

谷内:ラップでいうと、フリースタイルがブームだったりするけど、僕は自分のスタイルをLeadに落とし込んで、自分たちのメッセージをラップで伝えていきたい。ファン以外の方やヒップホップを知らない人にも共感してもらえるように。

古屋:それぞれの個性を出していきたいですね。それぞれの得意分野を存分に活かしたパフォーマンスをしていきたい。チームで見せるのも大事だけど、それぞれの個性をもっと形にしていけるといいなと思っています。

―15周年イヤーは始まったばかりですけれど。

鍵本:予定していることは、たくさんあるんです! この1年に限らず、「Leadって楽しいな、ワクワクしちゃうな」って感じてもらえることをやっていきますので、見ていてほしいです!

Lead リリース情報

初回限定盤A

初回限定盤B

初回限定盤C

通常盤

Beautiful Day

2017年8月23日発売

初回限定盤A(CD+DVD) PCCA.04577/1,700円(税込)
【CD】01. Beautiful Day、02. Shampoo Bubble【DVD】Beautiful Day-Music Video-、Beautiful Day-Behind the Music Video-

初回限定盤B(CD+DVD) PCCA.04578/1,700円(税込)
【CD】01. Beautiful Day、02. Shampoo Bubble【DVD】Shampoo Bubble-Image Movie in Hawaii-、Shampoo Bubble-Behind the Image Movie in Hawaii-

初回限定盤C(CD+DVD) PCCA.04579/1,700円(税込)
【CD】01. Beautiful Day、02. Say Good-bye Say Hello 【DVD】Beautiful Day-Behind the Photo Shooting-、A day in Hawaii

通常盤(CD Only) PCCA.04580/1,200円(税込)
【CD】01. Beautiful Day、02. Shampoo Bubble、03. Say Good-bye Say Hello

Lead LIVE TOUR「Lead Upturn 2017 〜This is Our Day〜」

◆9/2(土)名古屋・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

【公演番号1】昼:14:00開場/15:00開演

【公演番号2】夜:17:30開場/18:30開演

◆9/10(日)大阪・コスモスシアター・大ホール

【公演番号3】昼:14:00開場/15:00開演

【公演番号4】夜:17:30開場/18:30開演

◆9/17(日)東京・昭和女子大学人見記念講堂

【公演番号5】昼:14:00開場/15:00開演

【公演番号6】夜:17:30開場/18:30開演

◆9/22(金)福岡・ももちパレス 大ホール

【公演番号7】昼:14:00開場/15:00開演

【公演番号8】夜:17:30開場/18:30開演

◆10/9(月・祝)仙台・SENDAI GIGS

【公演番号9】昼:14:00開場/15:00開演

【公演番号10】夜:17:30開場/18:30開演

Leadオフィシャルサイト


フォトギャラリー


「Lead」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    1位

  2. 『ハリー・ポッター』で最も唱えられた呪文は? シリーズ全作に登場した魔法一覧&ランキングを大発表!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 【インタビュー】君沢ユウキ×小南光司、動きたくて仕方ない! 朗読劇『RAYZ OF LIGHT//VIRAL』に試行錯誤

    4位

  5. “今年の女性”に選出された吉岡里帆「夢のよう」、ブルゾンちえみ「女に生まれて良かった!」と喜び爆発

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS