J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

M!LK 待望の1stフルアルバム『王様の牛乳』リリース!「全部がメイン。肉、肉、肉!っていう豪華な内容」【インタビュー&撮りおろし】

2017年11月22日(水) 18:00配信

結成3周年を迎えたM!LKが、待望の1stフルアルバム『王様の牛乳』をリリースする。10代の3年間はまさに成長期。今作はまだあどけなさのあるデビュー当初のナンバーから、クールな最新ナンバーまで、彼らの成長の過程がギュッと詰まった濃厚な一枚。明るさ一辺倒ではなく、ダメな部分も見せながら一緒に前に進んでいこうとする彼らの楽曲は共感性も高い。

この作品を一区切りに、次なるステージを目指す彼らに期待は高まるばかりだ。(インタビュー&文:大窪由香 撮影:山内洋枝)

M!LK

>M!LKの写真をもっと見る(全28枚)

M!LKは来年もっと大きなグループになっていくんだぞ、っていう僕たちの意思表示になっている(吉田)

吉田仁人

吉田仁人

M!LK結成3周年にして、待望の1stアルバム『王様の牛乳』のリリースです。このフルアルバムにかけた想いを教えてください。

佐野勇斗「長いようで短かった3年間なんですけど、だんだんみんなも大人になってきました。1stアルバムはデビューの頃からの曲が入っていて、それを全部聴いてもらったら、昔からM!LKを応援してくれている方は僕らの成長を感じられると思いますし、最近知った方も昔から応援している気持ちになれるというか、昔のM!LKのことを知ってもらえる作品だと思います。この3年間のいろんなM!LKが詰まったアルバムになっていると思うので、すり切れるほどたくさん聴いてほしいなと思いますね」

塩﨑太智「最近の曲はそのまま入ってるんですけど、最初のころの「miruku!」(イベント盤のみ収録)は録り直したり、「疾走ペンデュラム」はアルバム用にアレンジをし直したりもしています。「miruku!」を録り直した時は、もともとの音源をヘッドフォンで聴きながらレコーディングしたんですけど、声がすごい若いんですよ(笑)。(吉田)仁人と一緒に歌っている部分があるんですけど、それがすごく高音で、懐かしいなと思いました。声でも成長が分かると思うので、そういうところも踏まえて聴いていただけたらなと思います」

山﨑悠稀「今までにM!LKのことを好きだなと思ってくれた人には、絶対に楽しんでいただけるアルバムになっていると思います。「コーヒーが飲めません」から「テルネロファイター」まで、かわいい感じのM!LKがこんなに詰まっているアルバムは、たぶんこのアルバムだけだと思うんです。こうやって初めてアルバムを出すということは、その次からはまた変わっていかないといけないと思うので。だからフレッシュなものがたくさん詰まっているアルバムなので、ぜひ多くの方に聴いていただきたいです」

吉田仁人「このアルバムは、半分が今までの曲で半分が新曲なんです。なので、今まで僕たちはこういうふうに頑張ってきましたっていう曲と、これからはこういうM!LKも見せていきますっていうための新曲だなと思っています。その新曲もただかっこいいだけじゃなくて、すごくワチャワチャしている曲もあれば、超クールな曲もあって、その振り幅がすごいんですよ。なので、変幻自在の枠をもう一回り大きくして、M!LKは来年もっと大きなグループになっていくんだぞ、っていう僕たちの意思表示になっていると思います。初めて聴く方にもM!LKってこういうグループなんだなっていうチュートリアルになるんじゃないかなと思っています」

板垣瑞生「普通、アルバムというと、前菜があって漬け物があって、メインがあって、いろんなタイプの曲が入っていると思うんですけど、この『王様の牛乳』は全部がメインというか。肉、肉、肉!っていう内容になっていて、ある意味むちゃくちゃ豪華な内容になっていると思うので、いろんな方に聴いていただきたいなと思っています」

一番になりたいな。やるからには一番を目指したいなっていう想いがこもっています(佐野)

佐野

佐野勇斗

―タイトルの『王様の牛乳』には、どんな意味が込められていますか?

佐野「一番になりたいなと。歌やMC、パフォーマンスと、いろんな面で、やるからには一番を目指したいなっていう想いがこもっています」

吉田「王様しか飲めない特別な牛乳になりたい、みたいな。そういう意味があります」

―アルバムリード曲「約束」ですが、これは歌い上げるミディアム系のナンバーですね。切ないんだけど、ファンの方たちに向けているような温かさもあって、いい曲ですね。

佐野「この曲は爆発的に盛り上がるような曲ではないんですけど、3年間いろいろありましたよっていうことが歌詞に入ってますね。MVにもそういう部分や、今までのシングルの良さが全部詰まっています」

塩﨑「曲調や雰囲気が、今までの曲とは少し違うなあと思います。さっき勇斗が言ったMVや衣装、何もかもがちょっと、普段のシングルとは違うような曲になってます。僕が好きなところは2番のBメロ “君は何を今頃してる?”っていうところなんですけど、ここは僕が歌ってます(笑)。そこが聴きどころだし、すごく考えさせられる歌詞だなあと思います」

山﨑「みんなが言うように今までになかった曲調で、こうやって今まで6枚シングルを出して、ワンマンライブやリリースイベントをやってきたからこそ歌えるようになった曲だなと思っていて。「約束」を初めてリリースイベントで披露した時も、予想外な感じだったのかファンの人たちもめちゃくちゃ驚いてたんですよ。でも曲が終わるころにはすごく喜んでくれていたのでよかったなと思いました。そんな感じで新しい一面をたくさん見せていけるようなグループになりたいなって思う曲です」

吉田「1番のサビの歌詞は、自分たちが悔し涙を流していて、それがこれまでの自分を強くしてくれる、みたいな歌詞で、2番はそこが“流した涙が君を優しく守るよ”となっていて、ファンに対する気持ちも込められていると思うんです。今まで応援してくれているファンのみなさんへの気持ちを歌った歌はなかったと思うので、「約束」はアルバムのリード曲にふさわしい曲だなと思います」

板垣「「約束」は“僕らの歩み”という部分と、もう一つファンのみなさんとM!LKがこれからも一緒に進んで行く、っていう内容を歌ってるのかなと、いろんなことを想像できる歌詞なので、すごくいい曲を作っていただいたなと思います」

「ゲンキデスカ?」の歌詞は “大丈夫だよ”って後押ししてくれる感じが好き(塩崎)

 

塩﨑太智 

―楽しい曲もあれば、こういう「約束」のような“いろんなことがあるけど前に進んでいこう”というような歩みを揃える感じの曲もある。そういうところがM!LKの魅力の一つですね。では、それぞれの推し曲を教えてください。

佐野「僕は「逢い」です。盛り上がり系の曲も好きですけど、この「逢い」はプロデューサーの人たちから“こういう想いがあるんだぞ”みたいなお話をいろいろ聞いたっていうこともあって、思い入れがあります」

―ライブでもこの曲で空気が変わりますよね。

佐野「そうなんです。M!LKの曲をあまり知らない人にも、この曲は『すごくいい曲だね』って言われます」

塩﨑「僕は「ゲンキデスカ?」ですね。めっちゃあがる曲なんですけど、ハチャメチャに騒ぐっていう感じではなく、ちょっとあったかい盛り上がり方をする曲だなと思っていて。パフォーマンスする側もすごく気持ちがいいので、きっと聴いてくれる方もすんなり受け入れてくれるんじゃないかなって(笑)。あと、歌詞も“大丈夫だよ”って後押ししてくれる感じが好きです」

山﨑「僕は一曲目の「白黒 Brand New World」です。この曲は始まりにめっちゃいいなと思う曲調と歌詞で、これから冒険が始まるぞって感じがするので、一曲目にすごくふさわしい曲だなと思います。元気も出るし、このアルバムをよりよいものにしてくれたと思います」

吉田「僕は「May」です。曲だけを聴いてもらうと今までのM!LKの中ではクールで締まった曲なんですけど、パフォーマンスがまあ激しいんですよ。バッキバキに踊ってるというか、今まであまり踊ってこなかったようなジャンルというか、そういう踊りをしていていろいろ新しいことに挑戦している曲だなって感じています」

板垣「「Now story」ですかね。この曲は、盛り上がり系の曲だけじゃないぞっていうところを初めて見せられた曲だったので、なんだかんだ思い入れが深いし、僕らがこれからもやっていくうえで、一番大事な部分をちゃんと歌ってるのかなと思います。くだらないことを考えないで走っちゃったもの勝ちだよ、みたいなことを歌っている歌詞なので、そういうのって大事だなあと」

「ラブソングがうたえない」はすごいいっぱい聴いたし、すごいいっぱい練習したし。それがCDに形として残るのがすごく嬉しい(山﨑)

山﨑悠稀

―そしてみ!るきーず盤にはソロ曲も入っていて盛りだくさんですね。塩﨑さんの曲はダンスナンバーだから、ライヴでダンスソロが見られるんですかね?

塩﨑「見られるんでしょうかね?(笑) でもまたどこかで披露できたらいいなと思いますよ」

山﨑「「ラブソングがうたえない」は初めてのソロ曲で、振付けも自分で考えたんです。だからすごくいっぱい聴いたし、すごくいっぱい練習しました。曲調もかわいくて自分が好きな感じなので、それがCDに形として残るのがすごく嬉しいなと思います」

吉田「僕も初めてのソロ曲を作ってもらうってことですごく嬉しかったんですけど、歌詞の内容が魚が食べられない人の歌で(笑)。魚が苦手な男の子が魚好きな女の子とデートに行くっていう。タイトルも「Tuna-ight」ってツナなんですよ。それも面白いなと思いました。振付けも自分で考えたので、すごく思い入れのある曲です」

―そして、佐野さんと板垣さんはデュオで「ひこうき雲」を歌ってますね。

佐野「最初のワンマンで披露したんですけど、すごく不安だったのを覚えています。ダンスも踊れないし、どうしようかなって。それでダンスはなしにして歌ったんですよ。僕らの世代でも悩んでいる人はいろいろいると思うけど、ひこうき雲が伸びてるなあ、僕もいろいろ悩んでいるけどまっすぐに突き進もうって思える曲です」

板垣「僕らのユメを乗せた、みたいな」

佐野「歌詞のまんまじゃないか!(笑)」

今までとは確実に違って見える僕たちを見に来てほしい(板垣)

板垣

板垣瑞生

―(笑)。では、12月1日(金)パシフィコ横浜 国立大ホールに向けて、意気込みを聞かせてください。

佐野「絶賛頑張り中です! かなりスーパーハードなんですよ。みんないい意味でげっそりするぐらいなんですけど、これまでにないっていうくらい頑張ります。見に来てくれた人にM!LKはすごいってことを広めてもらいたいから。振りもキッチリ揃えたいし、3年間での成長した姿をアルバムと共に見せたいなと思います」

塩﨑「今回『王様の牛乳』のアルバムを引っさげてライブをするんですけど、構成にしてもダンスにしても、今までのリリースイベントやフェスとはちょっと違う、今まで以上に完璧なものを見せられるようにみんなで頑張っています。来てよかったな、M!LKのために時間を使ってよかったなって思ってもらえるように頑張りたいと思います」

山﨑「今までのワンマンライブもちゃんと本気でやってきたんですけど、今回は今まで以上に挑戦する部分があって。お客さんが楽しめるパフォーマンスを一番に考えているので、平日だったり、テスト期間中だったり、忙しい時期のライブだとは思うんですけど、そんな時にM!LKのために時間を使ってもらうので、最高のものにしたいと思ってます」

吉田M!LKを結成した時は、正直3年も続くと思ってなかったところもあったんです。みんな個性がバラバラだから。でも、それもM!LKの魅力だったりもするんですけど、このワンマンライブで一つM!LKの核というか、共通認識が僕たちの中でも生まれたんじゃないかなっていう想いがあります。みんな学生だけどプロとして今ワンマンライブに向き合えています。3周年をできるだけ多くの方とお祝いできたらいいなと思っているので、ぜひ遊びに来てください」

板垣「一つの区切りになるライブになるんじゃないかなと思っています。僕らのイメージをまた一変させる、かつ、ちゃんと結果を残せるライブになるんじゃないかなっていう期待感でいっぱいなので、今までとは確実に違って見える僕たちを見に来てほしいなと思います」

―そのパシフィコ公演を経て、2018年のM!LKはどうなっていくんでしょうか? 目標を聞かせてください。

佐野「来年は僕も20歳になるし、高校を卒業するメンバーもいるんです。社会人になってもいいようなメンバーが3人もいるので、もっと幅を広げていきたいなと思います。お客さんを飽きさせないように、もっと引き出しを増やしていきたいですね。あともう一つ、ヒット曲を作りたい! 『M!LKは知らないけどこの曲は知ってるよ、これがM!LKか』って言ってもらえるようなヒット曲を作りたいと思います」

>M!LKの写真をもっと見る(全28枚)

M!LK リリース情報

スペシャル盤

通常盤

イベント盤

王様の牛乳

2017年11月22日発売

スペシャル盤(CD+DVD):ZXRC-2024 ¥5,093(税抜)

【スペシャル盤収録内容】
●CD:13曲収録 ・白黒Brand New World・約束・疾走ペンデュラム(Encore ver.)・コーヒーが飲めません・めちゃモル・テルネロファイター・May・ゲンキデスカ?  ・Milky Snow・新学期アラカルト・Now Story・逢い・宇宙ジャンボリー
●DVD:「2017年春ツアー M!LK「Mow Mow DREAM〜超B!Gな牛になりたい〜」 東京国際フォーラム ホールC」 約70分収録
●スリーブケース仕様

通常盤(CD):ZXRC-2025¥2,500(税抜)

【通常盤収録内容】
●CD:13曲収録 ・白黒Brand New World・約束・疾走ペンデュラム(Encore ver.)・コーヒーが飲めません・めちゃモル・テルネロファイター・May・ゲンキデスカ?・Milky Snow・新学期アラカルト・Now Story・逢い・宇宙ジャンボリー
●初回生産分のみ メンバーソロトレカ(全5種類)1枚封入

PREMIUMみ!るきーず盤

【PREMIUMみ!るきーず盤収録内容】
※ファンクラブ会員 キャラアニ 限定販売(オフィシャルファンクラブ「PREMIUM MILK」会員の方がECサイト「キャラアニ・チャンス」にて購入可能)詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
※ジャケット写真はファンクラブサイトでのみ公開
●CD1 :13曲収録 ・白黒Brand New World・約束・疾走ペンデュラム(Encore ver.)・コーヒーが飲めません・めちゃモル・テルネロファイター・May・ゲンキデスカ?  ・Milky Snow・新学期アラカルト・Now Story・逢い・宇宙ジャンボリー
●CD2 :4曲収録 「ようこそ M!LK牧場へ」にてミュージックカード限定販売の4曲「ラブソングがうたえない/Tuna-ight/Salty Da!chi/ひこうき雲」
●三方背ケース仕様
●アナザージャケット付(各メンバーソロ 全5種類のうちお好きな1種類をお選びいただけます)

イベント盤

【イベント盤収録内容】
※フリーイベント会場/ ECサイト「キャラアニ・チャンス」イベント限定販売
●CD :13曲収録 スペシャル盤、通常盤、PREMIUMみ!るきーず盤と収録曲が1曲違います(宇宙ジャンボリー → miruku!)
・白黒Brand New World  ・約束  ・疾走ペンデュラム(Encore ver.)・コーヒーが飲めません・めちゃモル・テルネロファイター・May・ゲンキデスカ?・Milky Snow・新学期アラカルト・Now Story・逢い・miruku!

M!LK サイン入りチェキをプレゼント!

待望のアルバム『王様の牛乳』をリリースするM!LKのサイン入りチェキを2名さまにプレゼント!(どちらのチェキになるかは編集部にお任せください)ふるってご応募ください!

 

 

応募締切り:2017年12月21日(木)

>プレゼント応募サイト

M!LK オフィシャルサイト


フォトギャラリー


「M!LK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    1位

  2. 東方神起「2017 FNS歌謡祭」での振り幅がすごすぎる!

    2位

  3. ジャングルポケット斉藤、瀬戸サオリと結婚 芸人・タレントからツイッターで祝福続々

    3位

  4. 【映像あり】日活ロマンポルノ45周年―ルールは「10分に一回の濡れ場」―日本を代表する5監督によるリブート予告解禁

    4位

  5. 【2017年・タレント写真集ランキング】乃木坂46怒涛のリリース、1位はやっぱり…? 年間ランキング発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 長澤まさみ、「ベテラン」の声かけに苦笑い エル ベストアクトレス賞受賞
  • 内田理央、くるくる回るキュートな姿を公開 メイクのこだわりは…?
  • 【特大ポスターつき! 】乃木坂46・秋元真夏&佐藤楓、『CM NOW』表紙に登場
  • 日比美思、『週プレ』初グラビアでパーフェクトボディを大胆に披露!
  • 大原優乃、最新グラビア『ヤンマガ』で披露 人気急上昇中!
  • 【2018年カレンダー・人気グラビアアイドル20選 後編】人気急上昇の大貫彩香、Gカップ美乳JDグラドル・忍野さら
  • 【2018年カレンダー・人気グラビアアイドル20選 前編】篠崎愛、小島瑠璃子ら大胆胸元
  • 「恥ずかしい」を連呼。逢沢ありあ『恥じらい乙女』
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS