J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

KEYTALK 大盛況のツアーファイナル!@EX THEATER Roppongi

2014年11月16日(日) 23:23配信

 

 

10月29日(水)大阪BIG CAT公演からスタートした『KEYTALK SUPER EXPRESS TOUR 2014』。全公演が即日ソールドアウトとなったこのツアーも、いよいよ最終日を迎えた。KEYTALKがワンマンライブでEX THEATER Roppongiのステージに立つのは初めてのこと。一体どのようなドラマが生まれるのか?

みるみるうちにたくさんの観客で埋め尽くされた会場内は、スタート前からものすごい熱気が渦巻いていた。

ステージを覆っている白い紗幕に投影されたオープニングVTRの後、浮かび上がった4人のシルエット。そして幕が切って落とされ、眩しいライトに照らし出された小野武正(ギター&コーラス)、首藤義勝 (ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)。彼らがまず届けてくれたのは「トラベリング」だった。八木が刻む軽快なビート、小野が奏でる華麗なメロディ、首藤&寺中によるドラマチックなツインボーカル。KEYTALKの黄金のアンサンブルが鮮やかに構築され、観客は手拍子をしながら飛び跳ねて踊る。オープニング間もないこの時点で、既にライブの佳境に突入したかのようなもの凄い盛り上がりへと至っていた。

 

 

「fiction escape」や「パラレル」など、アッパーなダンスチューンを惜しげもなく連発した前半戦の後、懐かしい「消えていくよ」や甘酸っぱいメロディが胸に沁みる「MURASAKI」など、美しいメロディが煌めくナンバーの数々も披露。四季折々の風景と深い物語性に満ちた「フォーマルハウト」「Winter March」「エンドロール」も演奏された。ワンマンライブならではの多彩なセットリストが楽しい。そして、インターバルでのメンバーたちのMCも切れ味抜群であった。

『SUPER EXPRESS TOUR』というツアータイトルの由来は、新幹線で各地を回っているからだと説明しつつ、「今日は車で来ましたけど(笑)」というオチをつけた小野。親族が観に来ているので一段と張り切っていると語った首藤と寺中。

新しい名前「八本木」を名乗り、「六本木より2本多いけど他は何も勝ってない。またの名をアルバラーバ・ハチモクと申します!」という、本名が一切盛り込まれていないシュールな自己紹介で皆を沸かせた八木。4人の親しみやすいキャラクターが、随所で発揮されていた。

「MONSTER DANCE」からスタートした後半戦。JVCヘッドホン『ぴたスマ』CMソングとして話題沸騰中のこの曲が生んだ熱気は、凄まじいものであった。激しく盛り上がるライブシーンで構成されたミュージックビデオを再現したかのような一体感で揺らいだフロア。夢中になって踊る観客を眺めながら、メンバー4人は心底嬉しそうな表情を浮かべていた。そして、それ以降も「sympathy」「MABOROSHI SUMMER」「夕映えの街、今」が次々飛び出し、観客もメンバーたちもすっかり汗だく。「太陽系リフレイン」で本編が終了した後も、会場全体に漂う熱気は全く冷める気配がなかった。

アンコールで披露されたのは「a picture book」と「アワーワールド」。今回も含めると3回行われた全国ツアー、夏の音楽フェスティバルや様々なイベントへの出演など、たくさんのステージを体験した2014年が、彼らにとって実り多い日々であったことを改めて証明する2曲であった。生演奏を体感する喜びをとことん実感させてくれるKEYTALKには、「ライブバンド」という呼称が本当にふさわしい。大合唱しながら踊る観客の姿が、とても眩しかった。全曲の演奏を終えた後、「今日はほんとにありがとうございました!」と生声による挨拶をして一礼したメンバー4人。彼らのさらなる大躍進を強く確信させられる清々しいエンディングであった。(文:田中大)

セットリスト:1.トラベリング 2.fiction escape 3.S.H.S.S 4.パラレル 5.サイクル 6.O型 7.消えていくよ 8.MURASAKI 9.FREEDOM 10.コースター 11.フォーマルハウト 12.Winter March 13.エンドロール 14.MONSTER DANCE 15.sympathy 16.MABOROSHI SUMMER 17.夕映えの街、今 18.太陽系リフレイン EN1.a picture book EN2.アワーワールド


「KEYTALK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

MONSTER DANCE

MONSTER DANCE

演奏者 KEYTALK 
歌と演奏 KEYTALK 
作詞 首藤義勝  寺中友将 
作曲 寺中友将  首藤義勝 

 作品詳細・レビューを見る 

OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

出演者 KEYTALK 
概要 下北沢発の4人組ロック・バンド、メジャー初のライヴ映像作品。メジャー1stアルバム『OVERTONE』を携えた全国ツアーから、赤坂BLITZ公演を収録。ライヴ・バンドとしての魅力を確認できる絶好のステージだ。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【レビュー】映画『昼顔』―ドラマよりも意外な結末!許されざる二人を待ち受ける運命とは?

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. MAN WITH A MISSION「これだけは押さえておきたい」マンウィズ、おすすめの5曲!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS