J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Dragon Ash、バンド初となる台湾でのワンマンライヴが実現!

2014年11月18日(火) 17:18配信

a

11月15日、Dragon Ash初の台湾でのワンマンライヴ、Dragon Ash TOUR “THE SHOW MUST GO ON” in TAIPEIが行われた。

念願かなっての台湾でのワンマンライヴ

日本で行われたアルバムツアーの海外公演と位置づけられた今回のライヴは、台湾のアパレルブランドREMIXがその創立10周年を記念して企画、彼らの熱い要望で実現。バンドは過去に幾度となく台湾でのフェス出演やライブのオファーを受け、しかし開催直前になって台風などのアクシデントで中止になったりと、訪台はなかなか実現できない状況が続いていたが、今回、バンドにとって念願かなっての公演となった。ライヴに先駆けて、現地のマスコミに向けて行った記者会見には100人近くのマスコミが集結。さらに、フロントマンであるKjはこの訪台タイミングで地元の2大ストリートファッション誌「BANG!」と「CooL」に表紙&インタビューで登場するなど、現地での彼らへ関心の高さをうかがうことができる訪台となった。

今回のライヴ会場となったのは、台北市中心地にあるLegacy TAIPEI。元酒造場をリノベーションしてつくられた、華山藝文特区(ハナヤマゲイジュツセンター)にあるライヴハウスである。会場には、当日正午の段階で、19時の開演予定時間を待ちきれず、また、普段はなかなか入手することのできないグッズの販売を待つ100人を超える現地ファンの列ができた。辺りが暗くなり始めた午後6時に開場し、予定時間を10分ほど過ぎた午後7時10分頃に場内が暗転。待ちに待ったライヴの開演となった。

スタートは日本のツアーではおなじみとなっているアルバム「THE FACES」のイントロダクションで。「THE FACES」は台湾でも発売されロングセールスしていることもあり、場内に野太い歓声が上がる。この瞬間を待ちに待った台湾のファンは、とにかく声が大きく、のっけから壮絶に盛り上がった。

a

BOTSのDJプレイからHIROKI(G)、ATSUSHI(Dancer)、DRI-V(Dancer)、桜井誠(Dr.)、KenKen(B)、Kj(Vo&G)が登場。1曲目はもちろん「The Show Must Go On」だ。桜井の太く跳ねるドラムビートにKjの“What’s up? Taipei”の掛け声が重なり、再び大歓声があがる。続いて「Trigger」「Run to the Sun」「For Divers Area」とアッパーなロックナンバーでオーディエンスは休む間もなく踊り続けた。

「またここに帰ってきます!」


つづく後半戦、「THE LIVE」ではKenKenが北京語で発した“ライライライ”(こい!こい!こい!)の掛け声にオーディエンスが熱く反応。ベースのうねりを中心にバンドのグルーブが炸裂し盛り上がりは最高潮に達する。つづく「Blow Your Mind」でもフロアとステージが見事に融合し、「静かな日々の階段を」では会場全体が両手を上げて左右に振れる。「百合の咲く場所で」では日本と同様の掛け声が客席から大音量で巻き起こり、Kjの“Let’go guys!!”の声にダイブも巻き起こった。現地ではおなじみの「Fantasista」では、“ミクスチャーロックは好きですか?”に “イエス!”の声が上がり、万国共通の盛り上がりをみせた。この日のKjのMCは全て英語。「早く台湾に来たかったけど、これが初めての台湾でのライブ。俺たちも楽しむから、みんなも楽しんでくれたらうれしい」とのMCから、台湾で異例の大ヒットとなった「Life Goes On」へ。イントロが流れると、悲鳴に近い歓声が起こり、大合唱となった。そして、「Neverland」「Walk with Dreams」と最新作からのミディアムチューンに続いて、「Velvet Touch」。Kjの“Dance with me! ”の掛け声で再び場内はダンスフロアと化した。

a

そしてラストは、“またここに帰ってきます!”とのMCから「Lily」へ。ライヴ本篇が終了すると、「アンコール」の大歓声に呼び込まれてATSUSHIとBOTSがステージに登場。ビートに載せてDJプレイとダンスが交錯する「Dance with Apps」だ。メンバーが出そろい楽曲がアップテンポになり、この日唯一のインストナンバーに客席も踊った。そして、Dragon Ashの海外ライヴでの定番ともいえる「La Bamba」。タオル回しのパフォーマンスも巻き起こり、会場全体がタオルの渦に。そして、Dragon Ashでしかありえないミクスチャーロックの真骨頂「Snowscape」、つづく「Viva la Revolution」では、Kj が自分のキャップに書かれた“TAIPEI CITY”の文字を指さしながら“Viva Viva la TAIPEI CITY!”と歌い、オーディエンスは大合唱で応じた。そしてラストソングの「Curtain Call」では、別れを惜しみながらも台湾への再訪を誓った。


「Dragon Ash」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

Live Tour THE SHOW MUST GO ON Final At BUDOKAN May 31,2014

Live Tour THE SHOW MUST GO ON Final At BUDOKAN May 31,2014

出演者 Dragon Ash 
概要 2014年3月31日に開催されたDragon Ash初の日本武道館ワンマンライヴの模様を収録。ストリングスとの共演や豪華なゲストの登場など特別な演出を加え、ベスト的な選曲でファンを魅了した迫力のステージだ。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS