J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

KEYTALKライヴレポ第2弾 夏を呼び戻したツアーファイナル@EX THEATER Roppongi

2014年11月22日(土) 21:21配信

10月29日の大阪BIGCATからスタートしたKEYTALKの「SUPER EXPRESS TOUR 2014」が、11月15日、EX THEATER RoppongiにてTOUR FINALを迎えた。暗転したステージスクリーン(幕)に映し出されたのは、クラゲが浮遊する夜空を駆け抜けるSL列車の様子。彼らがライブを行ってきた大阪・福岡・広島・名古屋の会場を経て、SL列車は六本木へ…。そのまま、ステージに立つ4人のシルエットが映し出されると、ファンの人気も高い『トラベリング』からライブはスタートした。

懐かしの名曲から最新シングルまであますところなく披露

しなやかでありながらも芯に確かな意志の強さを感じさせる首藤義勝(Vo./Ba.)の歌声と、「待ってました!」と言わんばかりの息の合ったハンズクラップが心地よく響く会場。そこへ、ハイスピードで坂を下るような軽快なポップチューン『fiction escape』。寺中友将(Vo./Gt.)による高音ボーカル、そして小野武正(Gt./MC/Cho.)のテクニカルなギタープレイが光る『S.H.S.S』。…と、冒頭からツアータイトルさながらの疾走感溢れる楽曲を次々に投下し、フロアはあっという間に熱狂空間に!そうかと思えば、武正の「パラレルワールドへ行きたくないですか!?」という煽りから『パラレル』の世界へ誘惑。そのカップリング曲でもある『サイクル』では多彩なサウンドで四季を描き上げ、KEYTALKのセンスの良さを見せつけた。

また、「今日は張り切ってます!家族が全員来てるからです!(笑)」とMCで義勝や巨匠の家族がライブを観に来ていることが明かされた途端、いちだんとアットホーム感に磨きがかかるのもこのバンドの魅力の1つ。温かい一体感の中、本編中盤は、懐かしの名曲「消えていくよ」から最新シングル曲「FREEDOM」まで新旧の楽曲を交えながら加速!メジャーデビューシングル「コースター」で、ツインヴォーカルを最大限に活かしたパフォーマンスを披露すると、まるでジェットコースターに乗っているような抑揚に乗って観客の無数の腕が激しくリズムを刻んだ。

いつもワッショイ言ってるわけではないけれど…

しかし、「四季を感じられるような曲を…」という義勝の言葉から冬の時期にピッタリな幻想的なバラード「フォーマルハウト」「Winter March」の流れには、直前までモッシュをしていた観客も静かに体を揺らす。「俺らもいつもワッショイワッショイ言ってるワケじゃないんですよ(笑)」と披露されたワンマンならではのレアな一面に、誰もが心を奪われた。

とは言え、やはりワッショイしてしまうのがKEYTALK。「エンドロール」で再び夏を呼び戻し、八木優樹(Dr./Cho.)とのコールアンドレスポンスで「呼び覚まして!謎の呪文!」(八木)「アルバラーバ!」(観客)と叫ぶと、早くもライブ定番曲に君臨した最新曲「MONSTER DANCE」で一気にお祭りモードに!銀テープが華やかに舞い散る中、“ラララ”の大合唱が爽快な「sympathy」、予測不能な展開が心を奪う「MABOROSHI SUMMER」でクライマックスを迎えた。

そして、鮮やかなオレンジのライトに包まれながら、ハンドマイクで歌う巨匠の姿が印象的だった「夕映えの街、今」。それぞれのパートの見どころが詰まった「太陽系リフレイン」で改めてその実力を見せつけ、本編は終了。アンコールを含む全20曲を披露し、「ありがとうございました!」と素直な感謝を告げると、KEYTALKは新たな旅へと歩みを進めた。(文:斉藤碧)

 

セットリスト:1.トラベリング 2.fiction escape 3.S.H.S.S 4.パラレル 5.サイクル 6.O型 7.消えていくよ 8.MURASAKI 9.FREEDOM 10.コースター 11.フォーマルハウト 12.Winter March 13.エンドロール 14.MONSTER DANCE 15.sympathy 16.MABOROSHI SUMMER 17.夕映えの街、今 18.太陽系リフレインEN1.a picture book EN2.アワーワールド


「KEYTALK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

MONSTER DANCE

MONSTER DANCE

演奏者 KEYTALK 
歌と演奏 KEYTALK 
作詞 首藤義勝  寺中友将 
作曲 寺中友将  首藤義勝 

 作品詳細・レビューを見る 

OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

出演者 KEYTALK 
概要 下北沢発の4人組ロック・バンド、メジャー初のライヴ映像作品。メジャー1stアルバム『OVERTONE』を携えた全国ツアーから、赤坂BLITZ公演を収録。ライヴ・バンドとしての魅力を確認できる絶好のステージだ。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 【ご予約方法のお知らせ】安室奈美恵 8/29発売 LIVE DVD・Blu-rayのTSUTAYAプレミアムご利用者限定特典「クリアシート付きフォトフレーム」が決定!ご予約は7月3日(火)~

    3位

  4. 【連載】ゴールデンボンバー・歌広場淳の“爆ツイ!”ドラマまとめ 推している自分を愛すること(最終回)

    4位

  5. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS