J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<インタビュー>[Alexandros]、怒涛の2015年に向けて“元年”の2014年総決算!

2014年12月22日(月) 23:00配信

 

 

ユニバーサル ミュージックと契約をかわし、2015年は2度目の日本武道館、シングルとアルバムリリース、秋のツアー…と怒涛の展開が予定されている[Alexandros]。新たな年に向かう前に改めて2014年を振り返ってもらった。

[Alexandros]元年の喜怒哀楽

—バンドとして2014年いちばん笑ったことはなんですか?

川上:バンド名が変わったことじゃないですか?(笑)。

—あはははは。それか。

磯部:確かに笑えるよね。

川上:うれしいことでもありますけどね。

—しかも武道館ライブのアンコールで発表するという。

川上:それも笑えますよね。俺ららしいというか。

磯部:そういう意味では、前のバンド名を武道館まで連れて行ってあげられてよかったなとも思います。

川上:武道館のライヴ本編はまだ前のバンド名でやってたからね。アンコールで[Alexandros]って発表して。お客さんの反応も含めて、あの瞬間はホントに面白かった。

—2014年いちばん泣いたことは?

川上:俺はロビン・ウィリアムズが亡くなったことですね。

—洋平くんは生粋の映画ファンだしね。

庄村:亡くなったことを知った日は洋平と2人で夜中まで“悲しいね……”って話したよね。

川上:彼が亡くなったことは映画界においてかなりの損失だと思います。あとはフィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったのもショックでした。

—その流れで2014年一番感動した映画は?

​川上:『インターステラー』(クリストファー・ノーラン監督)ですね。 2014年はホントに映画が豊作だったんですけど、俺は正直『インターステラー』を2014年の枠組みに収めたくないんです。それほどの大傑作です。“これが映画です!”っていう。ちょっと解説できないくらいエポックでした。『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック監督/1968年公開)を観たいろんな監督が影響を受けて映画を撮ってきたし、『インターステラー』もその影響下にあるSF映画ではあるんですけど、歴史を塗り替えてるというか。『インターステラー』に影響された作品が今後どんどん出てくるはずです。これは絶対に観るべき!

—俳優さんでいうと?

​川上:マシュー・マコノヒーです。『インターステラー』でも素晴らしい演技を見せてくれましたし、『MUD』での演技もすごくよかった。マシューを知ったのは『評決のとき』(ジョエル・シュマッカー監督)で、そのときはあまりピントきてなかったんですけど、近年は難しい役をどんどんこなしていて。現在の映画界きっての実力派俳優と言っていいと思います。

—じゃあ2014年一番聴いたCDは?

​川上:Arca『Xen』。 ビョークやカニエ・ウェストのプロデューサーとしても名を馳せた人でトラックメイカーですね。めっちゃカッコいいインストアルバムでした。彼はまだ24歳なんですけど、いろんなジャンルを掛け合わせて自分の世界を作り上げてる。とにかく“エロい音”なのがいいです。MVもカッコいいですしね。

​磯部:THE ROYAL CONCEPT『Goldrushed』です。 彼らとは今年の5月に開催された「JAPAN JAM」で一緒になって友だちになったんです。飲みに行って連絡先を交換して、10月に恵比寿LIQUIDROOMであったワンマンにも遊びに行きました。そのときのライブもよかったし、お客さんの盛り上がりもすごくて。俺らも負けてらんねえなって刺激になりましたね。

​白井:DIRTY LOOPS『DIRTY LOOPS』かな。 今やってるレコーディングのエンジニアさんに勧められて聴いたんですけど、すごくよくて。サウンドはすごく現代的なのにカシオペアやT-SQUAREのようなフュージョンっぽい感じもあって。ちょっと懐かしい匂いもするんですよね。あと、6弦ベースのコード弾きにグッときました。

​庄村:Byrne And Barnes『An Eye For An Eye』で、1981年にリリースされたAORの名盤の再発盤です。俺はほとんどムード歌謡のような感覚で聴いてます。今はソフトロックっぽいものも流行ってる時代ですから、その流れを汲んでも気持ちよく聴いてもらえると思います。

—なるほど。ではバンドの話に戻って2014年いちばん反省したことは?

磯部:俺は、まーくん(白井)と浅井さんと飲みに行って、けっこう深い時間まで飲んだんですよ。それで、次の日の仕事を大寝坊しました。

川上:あ、あったね! 俺が電話したんだ。

磯部:ホントにすみません……。洋平の電話で起きて、パッと洋平の声を聞いた瞬間に“あ、やってしまった!”と思って。12時集合だったのが、12時半に洋平の電話で起きて。あの絶望感はもう味わいたくないです(笑)。

川上:飲んでた相手が浅井さんだから“しょうがねえな”ってなりましたね(笑)。

—では、2014年の[Alexandros]をひとことで表すなら?

庄村:いや、これはもうまさに“[Alexandros]”じゃないですか。

—[Alexandros]元年だしね。

庄村:そう。[Alexandros]というバンドがこの世に生まれた年なので。

磯部:よし、それでいこう。

—じゃあ2015年をどういう1年にしたいかを、ひとことで。

川上:今年が改革の“改”であれば、来年は“革”の1年にしたいですね。革命を起こしていきたいと思っております。

—ユニバーサル ミュージックとの契約も発表して、2015年は3月にシングル、そして6月にはアルバムをリリースする、と。世界との距離もグンと縮めていく大勝負の1年になりそうですね。

川上:そうですね。[Alexandros]と改名してからまだアルバムをリリースしてないので。まずはニューアルバムをリリースすることがすべての第一歩かなと思ってます。

(インタビュー&文:三宅正一/撮影:横山マサト)

「<インタビュー> [Alexandros]、『Welcome![Alexandros]』で総勢15組と音のコラボレーションはこちら

 />

 

【読者プレゼント】サイン色紙が当たる!

[Alexandros]のサイン色紙を1名様にプレゼント! ご応募は下記の通り。

応募方法:[Alexandros]プレゼント応募フォームにて必要事項を記入し送信してください。
応募締切:2014年12月31日(水)

※賞品の発送をもって当選の発表に代えさせていただきます。

[Alexandros]…2001年結成。メンバーは川上洋平(Vo &G)、磯部寛之(B &Cho)、白井眞輝(G)、庄村聡泰(Dr)。12月24日にDVD&ブルーレイ『Welcome![Alexandros]』が発売。現在『Welcome![Alexandros]』が放送中( 初回放送:毎週火曜日 23:00~23:15 リピート放送:毎週水曜日 24:00~ / 日曜日 26:30~)。 2015年3月21日、22日の2日間、 Zepp Fukuokaにて開催される "BEAxZepp Fukuoka presents FX2015"出演(21日、または22日のどちらか1日に出演)、2015年5月3~5日の3日間、 さいたまスーパーアリーナにて開催される、 "VIVA LA ROCK 2015"出演(3~5日のどれか1日に出演)など、早くもイベントへの出演が続々決定中。

[Alexandros]オフィシャルサイト


「[Alexandros]」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

SPACE SHOWER presents Welcome![Alexandros]

SPACE SHOWER presents Welcome![Alexandros]

出演者 [Alexandros] 
概要 [Alexandros]がパーソナリティを務めるスペースシャワーTVの番組をパッケージ。ゲスト・アーティストを迎えた貴重セッションの数々から、[Alexandros]の楽曲を中心に収録する。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    2位

  3. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    3位

  4. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS