J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<ライヴレポート>志磨遼平 is not DEAD! 「Tour 2015 "Don't Trust Ryohei Shima"」2015.1.25 @新木場COAST

2015年1月26日(月) 11:46配信


  • Photo by HAJIME KAMIIISAKA

志磨遼平(Vo)はラジカセを肩に担いでステージに現れた。合計3個のラジカセをステージに置いて再生ボタンを押すと、それぞれギター、ベース、ドラムを多重再生した演奏のなか彼は歌い始めた。毛皮のマリーズの「ジャーニー」だ。殊更にひとりであることを強調するような演出のなかで紡ぐ、《止まると 俺 死ぬから》というフレーズ。昨年9月、丸山康太(G)、山中治雄(B)、菅大智(Dr)の脱退を発表して、志磨のソロバンドとなったドレスコーズが、それでも止まらずに進むと、そう決意表明するようにライブは始まった。

「Tour 2015 "Don't Trust Ryohei Shima"」のファイナル・新木場コーストだ。

続く「この悪魔め」から4人のサポートメンバーが加わった。おとぎ話の牛尾健太(G)と前越啓輔(Dr)、アルバム『1』のレコーディングに参加しているtoldの有島コレスケと長谷川智樹(Key)を迎えて、ハンドマイクの志磨がステージから突き出した花道へと足を踏み入れると、満員のフロアはステージ際の密度がいっそう増す。そして歪んだギターに狂気じみた笑いを浮かべた「人間不信」から、エレキギターを掻き鳴らした「ルソー論」へ。信頼できるミュージシャンの力を得て、これぞヴォーカリストの特権とばかりに奔放に振る舞う志磨は、もはやひとりではない。

「はじめまして、 志磨遼平です」と、新生ドレスコーズとしてのあいさつを告げて、ここからは最新アルバム『1』の楽曲を立て続けに披露。アコギに腕を乗せてラフな雰囲気で歌い始めた「Lily」や、足踏みをするようにリズムを刻んだ「才能なんかいらない」では、ソングライター志磨の才気あふれるメロディが会場を優しく包み込む。さらに、長谷川が郷愁を誘うアコギを奏でた「みずいろ」で歌謡曲的な趣を見せると、「もうがまんはやだ」は多幸感溢れるポップなアプローチ。スタジオアルバムらしさを強く打ち出した『1』というアルバムが、ライブハウスという場所で、新たな仲間とともにより生々しく再構築されていく。

そして志磨がエレキギターに持ち替えた「Ghost」からロックモード全開の後半戦へ。「妄想でバンドをやる(Band in my own head)」では、壊れたマリオネットのような独特の動きでフロアの視線を釘漬けにすると、毛皮のマリーズの代表曲「ビューティフル」では大合唱。「あん・はっぴいえんど」の《いざ、さらば!》という言葉とともにステージに倒れ込んだ志磨は、再び立ち上がると、客席に投げキッスを送った。「(次が )最後の曲です」と言ったとき、まだライブ開始からはわずか1時間と少し経過したところだった。ラストナンバーは「スーパー、スーパーサッド」。光がフロアに美しく降り注ぐのなか、「どうもありがとう!愛してまーす!」と、いつもの口調で言った志磨は、長い両手を大きく広げて万歳のポーズ。無邪気な笑顔でフロアを眺めていた。

アンコールは再びラジカセからのリズムにのせて、アコギを弾きながらの「ゴッホ」。早口で捲し立てる出だしから、馴染みのバンドサウンド……は加わらない。三方向からピンスポットが照らす志磨が最後までひとりで歌い切ると、最後は「愛に気をつけてね」だった。ミラーボールがまわり、「私がペテン師の志磨遼平です」と叫んだ志磨は、《Baby Baby あんたなんか》と繰り返すフレーズで、唇の端をイーと指でひっぱり悪態をつき、中指を突き立てた。そして客席にダイブ。《あんたなんか嫌い!》とフロアを睨みつけ、シッシッと振り払うような仕草をして、ステージを去って行った。なんて鮮やかなラスト。ヴォーカリスト不在のステージでは、残されたバンドメンバーが最後まで演奏してライブは幕を閉じた。

終演後には4月1日にキングレコード移籍後の1年間を追ったドキュメンタリーDVD『“1”year(仮)』のリリースがアナウンスされたドレスコーズ。この先、たとえひとりきりでも志磨遼平は死なない。それだけは確信できるソロ初のライブだった。(文:秦理絵)

[セットリスト] 1.ジャーニー 2. この悪魔め 3. 人間不信 4. ルソー論 5. Lily 6. 才能なんかいらない 7. みずいろ 8. ザ・フール 9. もうがまんはやだ 10. Ghost 11. 妄想でバンドをやる(Band in my own head) 12. ビューティフル 13. 愛のテーマ 14. あん・はっぴいえんど 15. スーパー、スーパーサッド EN 16. ゴッホ 17. 愛に気をつけてね

◆リリース情報

“1”year(仮)

2015年4月1日発売

KIBM-502 ¥3,800(税抜)

ドレスコーズ オフィシャルサイト


「ドレスコーズ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

1

1

演奏者 ドレスコーズ 
歌と演奏 ドレスコーズ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. Hey!Say!JUMP・有岡大貴、イベントで名前を間違えられるも「神対応」

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS