J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ammoflight、満開の笑顔で“新たな門出”誓った活動休止前ラスト・ワンマンライブ!

2015年2月2日(月) 20:58配信

小田原の4人組ピュア・ポップバンド、ammoflight(アンモフライト)が1月31日(土)、活動休止前最後となるワンマンライブ「”ammoflight”one man live〜TERMINAL〜」を東京・Shibuya eggmanにて行った。

1月末をもって活動休止を発表していた彼らの最後のワンマンライブとあって、チケットがソールドアウトとなったこの日、満員のファンで埋め尽くされた会場に、メンバーの津久井恒仁(Vo・G)、久保田庸友(G)、鳥居塚尚人(B)、葛西一茂(Dr)が大歓声の中登場すると、いよいよライブがスタート。「今日は8年間の集大成、最高の笑顔を見せてくれよ!」と津久井が客席に呼びかけ、「ライフ・イズ・ア・ギャンブル」で一気に会場を盛り上げた後も、「スーパーステップ」、「7の魔法」とロックチューンを惜しげも無くたたみ掛ける。4つ打ちダンスエレクトロ「cheese:-)」のラストでは、楽曲タイトルにちなんだ、ammoflightのライブではおなじみのパフォーマンスである写真撮影コーナーを設け、ポーズを決めるメンバーへ、観客が一斉にカメラを向ける場面も見られた。

続く極上のバラード「アルタルフ〜この恋の終わりに〜」で観客の涙を誘い、「それは、空想のストーリー」、「reverse clock」と津久井の声が切なく響き渡る。そして静まり返った会場には、突然、FMおだわらで放送を続けて来た彼らのレギュラー番組「We Will Pop You」のジングルが流れ、この日限りの番外編トークをオンエア。「ammoflightメンバーは、なぜか風邪をひいたメンバーに厳しい!」と、葛西が風邪を引いてしまった際のメンバーそれぞれの対応など、彼らの仲の良さがにじみ出たエピソードを披露すると、客席のあちこちから笑いが沸き起こった。

続いて、観客の目の前には、アコースティックセットが登場。「僕らは、こうやってアコースティックでも度々ライブをやってきたので、今日も皆さんに見てもらいたいと思います。まずは、ただレコーディングに行って帰るだけの僕らの一日を歌った曲です(笑)」と津久井が語ると、メンバー4人が小田原から東京へ車でレコーディングに行く道中のエピソードを曲にした「REC」を披露。曲中のコール&レスポンスでは会場が暖かい空気に包まれた。

 

そして「HAPPY☆CAMPER」、「PRINCIPLE」と続き、メンバー・観客共にゆったりと身体を揺らした後は、再びバンドセットへ。「アリゲーター」では津久井が色気たっぷりなマイクパフォーマンスを見せ、久保田、葛西、鳥居塚の三人もテクニカルで熱のこもったソロパートで会場を沸かせた。続く「響きあうように」、「トーリ」で会場の熱気も最高潮に。本編最後は、キラキラとした夏の恋心を歌ったヒット曲「夏色ドット」で、会場が一体となったまま幕を閉じた。

アンコールでは、「僕らがammoflightとして初めて作った曲を、みんなと、そして自分達のケジメのために演奏します。聴いて下さい」と、「スモールワールド」を披露。メンバーの思い出が詰まった楽曲に、涙ながらに聴き入る観客の姿も見られた。そして、「これまで8年間、活動して来られたのは、みんなが居てくれたおかげです。本当にありがとうございました!」と集まったファンへの感謝と共に、“別れと出会い”を綴った「桜グラフィティ」を懸命に届けた。

一旦ステージを後にするも、鳴り止まぬアンコールを受け、この日限りのオリジナルTシャツをおそろいで身にまとい、ダブルアンコールに再登場したメンバー。「やっぱり泣けないよね、笑っちゃうよね(笑)。でも、それが俺ららしいよね」と津久井が笑うと、他のメンバーからも笑顔がこぼれる。“泣いて終わりたくない、笑って終わりたい”という彼らの想いから、「Hello Tomorrow」で、メンバーとファン、それぞれの明日が輝いていること、この日が全員の新しい門出となることを誓い、ラスト・ワンマンライブは笑顔に溢れたまま締めくくられた。

なお、彼らの活動休止前ラストシングルとなった新曲「3.2.1!」が、現在、iTunes Storeおよびレコチョクにて配信されている。メンバーそれぞれがこれから進んでいく明るい未来を予感させる、ammoflightらしい爽快なポップ・チューン、ぜひチェックを。

◆セットリスト
”ammoflight”one man live〜TERMINAL〜
2015年1月31日(土)Shibuya eggman
1. ライフ・イズ・ア・ギャンブル
2. スーパーステップ
3. 7の魔法
4. cheese:-)
5. hikari
6. エソラ
7. ゆめのなかがく
8. アルタルフ〜この恋の終わりに〜
9. それは、空想のストーリー
10. reverse clock
11. 「REC」
12. HAPPY☆CAMPER
13. PRINCIPLE
14. アリゲーター
15. 響き合うように
16. トーリ
17. 夏色ドット
Encore
1. スモールワールド
2. 桜グラフィティ
W Encore
1. Hello Tomorrow

◆ammoflight オフィシャルサイト


このタグがついた記事をもっと見る

桜グラフィティ

桜グラフィティ

演奏者 ammoflight 
歌と演奏 アンモフライト 
作詞 津久井恒仁  シライシ紗トリ 
作曲 津久井恒仁  シライシ紗トリ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS