J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<インタビュー> KEYTALK、踊れるロックから、泣けるロックへ

2015年3月3日(火) 19:00配信

k

KEYTALKが3月4日にリリースする「FLAVOR FLAVOR」は、ダンスロックの快楽を突き詰めた前作「MONSTER DANCE」からは一転して、爽やかで泣けるポップロックチューンに仕上がった。首藤義勝(Vo&B)が手がけたこの曲は、KEYTALKがより広い会場に立つことをイメージして制作されたという。踊れるロックから、泣けるロックへ。インタビューでは「どっちも得意」と口にした彼らだが、その言葉は大げさな表現ではない。今まで光が当たることの少なかった一面を、もうひとつのバンドの武器にして、ここからKEYTALKはバンドの新たな未来を開拓する。(インタビュー&文:秦理絵)

より大きい会場で、たくさんのお客さんに届く
今後バンドとして成長していくにはそういうところも見せたい

―前作の「MONSTER DANCE」とはガラッとイメージも変わって、「FLAVOR FLAVOR」は夏を先取りするような爽やかな曲ですね。

首藤義勝(Vo&B):そうですね。僕も夏っぽいなと思ってました。前作の「MONSTER DANCE」が躍らせてなんぼっていう曲だったので、もう1回ああいう曲を出すか、違う部分を見せるかっていうのは迷ったんですけど。こういうモードもあるんだよっていう、いろんなKEYTALKを見せられたらいいなと思ったんです。

小野武正(G&Cho):と言いつつも、「FLAVOR FLAVOR」も踊れる曲でもありますし、歌の聴かせ方が少し違うだけで、そんなに急な方向転換ではないです。より大きい会場で、たくさんのお客さんに届くような、そんな曲になったんじゃないかなと思います。

─なるほど。KEYTALKみたいにずっとライブハウスで活動をしてきたバンドにとって、より大きな会場を意識するっていうのはひとつの変化ですね。

首藤:そうですね。それを想像したときに、今までやる機会がなかったイスのあるホール席を思い浮かべてみたんです。その環境にお客さんが立ったときでも踊れるにはどういうノリがいいのかな、とか。だからテンポは落としめにして、どっちかっていうと体を揺らせるって感じですかね。でも、飛び跳ねようと思えば飛び跳ねられる。今後バンドとして成長していくには、そういうところも見せたいっていうのは話し合いましたね。

八木優樹(Dr&Cho):個人的には、前回の「MONSTER DANCE」のタイミングで、初めてKEYTALKに興味をもってくれた人も多いと思ってて。そういう人はKEYTALK=めっちゃ踊ってて、面白そうな人たちだって思ってる。そこに「FLAVOR FLAVOR」みたいな泣ける要素のある曲を出したら、ぐっとくる具合が倍増するんじゃないかなと思ったんです。

─大きな会場に似合う、という意味では、歌がぐっと引き立つような曲になっていますが、巨匠(寺中)は歌ってみてどうでしたか?

寺中友将(Vo&G):意識したのは、テンポを頭に置くんじゃなくて、後ろノリにするイメージですね。音が出てるけど、ちゃんと歌い出すのは半拍あと。そうすることで歌のキャラクターが強くなって、いわゆる「歌」になっていくんです。楽器の一部じゃなくなる。もともと自分はそういう歌い方だったんですよ。でもKEYTALKに出会って、のれる音楽に向いた歌い方を考えたときに、きれいな点でリズムに合わせることでスピード感に繋げていってたんですけど。今回はこういう曲だったので、後ろノリで歌ってみたんです。

─それは、なんとなく聴いてると気づきにくいテクニックなんですね。

小野:なるほど~、勉強になります!

八木:勉強になりますっ!

首藤:なんでもっと早く教えてくれないの!?もう1回録り直そう(笑)。

一同:あははははは!

どっちも得意みたいな感じ
それを、ちゃんと知ってもらいたい

─それじゃあ、前回は「MONSTER DANCE」みたいな得意なことを洗練させていくモードだとしたら、今は「FLAVOR FLAVOR」みたいな新しいモードを見せたいっていう?

八木:いや、両方ですね。確かに、前回の「MONSTER DANCE」のときは、得意分野を強くしようっていうのがあって。

小野:うん、より強く。

八木:でも、そのカップリングでは、「エンドロール」みたいな、踊れて泣ける良い曲みたいなのを入れてるんです。だから、そんなに押されてなかっただけで、そういう路線もずっとやってきた自負がある。だから言ったらどっちも得意みたいな感じなんですよ。それを、ちゃんと知ってもらいたいんですね。

─なるほど。では、2曲目の「ナンバーブレイン」は、武正さんが作詞作曲で。メロディックパンクというか、スピード感のある感じですね。

小野:こういう曲はすごく好きですね、もとから。KEYTALKでもツービートだったり、テンポが速めだったりっていうのはあったんですけど、よりそこに特化した曲にしました。「FLAVOR FLAVOR」を出すタイミングなので、全てがそっち(歌もの)方向にいくわけじゃないっていうのも出したくて。「ナンバーブレイン」の曲調も、今、自分がいるシーンのなかでは新しいと思ってます。ニューパンクっていう考えなんですよ、自分のなかで。わりと現実的な意味を帯びたことを歌うっていう。

─歌詞には深いメッセージを込められているそうですが?

小野:直接的な表現は全然してないんです。コンピューターが発達して、人が今までやってきた仕事がどんどん奪われていく状況を、「人立ち上がれ!」みたいな、そんなメッセージなんです。でも、そのコンピューターを作ったのも人間だから、やるせないところもありつつ。どんどん便利になっていくけど、今、自分にできるのは何なのかっていうのを、しっかり考えて生きていけっていう歌ですかね。

─それは、歌詞カードを読んでもなかなか意図はわからないかも?

小野:そうなんですよね。っていうのもあって、語感だけ楽しんでもらえればいい。かと言って意味のない歌詞にするのもあれなんで、深い意味を込めました。歌詞の《Fight Tuneland》っていうのも造語なんです。Tune、チューニング (tuning)された世界と闘っていけという意味を込めて。だから別に意味はわからなくてもいいんです。音楽として聴いて楽しんでもらえたらっていうのは、僕の1番の目的ですね。

メルヘン俺。メルヘン巨匠(笑)
人生初のリア充曲です

─3曲目の「Stand By Me」は巨匠曲で、軽やかなポップソングです。

寺中:これも「FLAVOR FLAVOR」がある時点で、作った曲ですね。カップリングなので、新しい試みも入れてたくて。頭でオルガンが鳴るようにしました。僕らの鳴らす楽器以外が入ってるのは初めての試みですかね。そういうこともできたら、バリエーションとして広がるんじゃないかなと思います。

─歌詞は、君と僕が、お客さんとKEYTALKの関係みたいな感じもしましたけど。

寺中:あ、いいですね、それ。これから使います(笑)。

─そんな意味はなかった?

寺中:ぶっちゃけ、はい。これはあれですね……なんか、メルヘン俺。メルヘン巨匠。

八木:メルヘンな巨匠ってすごいね(笑)。

─どんな想いで書きましたか?

寺中:歌詞を作るとき、僕は自分のことしか書けないんですよね。失恋したときは、失恋した曲。悲しげな歌詞を勝手に書いちゃうんです。これも基本はそうで。この曲は特に失恋したわけでもないんで。

八木:充実してるんすか!?

寺中:はい。人生初のリア充曲ですっ!

一同:あははははは!

首藤:そうなのっ!?

─というわけで、今回はそれぞれの個性が出たシングルになりましたけど。改めて、こんな面白いバンドはないし、この先もKEYTALKのフォロワーって無理だと思うんですよ。

小野:いや、サウンドだったりはフォロワーは出てくると思うんですけど、この4人みたいなバンドはいないってことですよね。バンドって結局人だし、バンドの面白さってそこだと思うから。きっと音自体は何かしらで変わっていくかもしれないけど、その人間自体はそれでしかない。だからバンドって面白いと思うんです。

─でも、よくこんなに個性的なメンバーでバンドが続いてるなと思いますよ。

八木:そこは元ボクシング部(=寺中)がいるんで。けっこうやり合ってます(笑)。

寺中:ボコボコにしてます(笑:注:冗談です)。

八木:でも、認め合ってるというか。みんな自分にないものを持ってるから。それぞれがやりたい表現があって、それにできる限り沿いたいなって思わせてくれるので。今のところKEYTALKはバンドとして最高じゃないかな、と思いますね。

■リリース情報

初回盤

通常盤

FLAVOR FLAVOR

3月4日発売

初回盤(CD+DVD)
VIZL-793 \1,800(税抜)

通常盤(CD)
VICL-37022 \1,200(税抜)

【CD収録曲(初回盤通常盤共通)】
曲名
1. FLAVOR FLAVOR 2. ナンバーブレイン 3. Stand By Me

■ツアー情報

KEYTALK “遥々、春バラーバはちもくがあなたの街まで春をお届けに参ります、候。~桜~” 対バンツアー
2015年3月11日(水)千葉 LOOK
 w/Czecho No Republic
2015年3月12日(木)水戸 LIGHT HOUSE
 w/Czecho No Republic
2015年3月16日(月)鹿児島 SR HALL
 w/ Bentham / SAKANAMON
2015年3月18日(水)長崎 DRUM Be-7
 w/ Bentham / SAKANAMON
2015年3月24日(火)米子 AZTiC laughs
 w/ ORESKABAND
2015年3月25日(水)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
 w/ORESKABAND
2015年3月27日(金)松山 SALONKITTY
 w/ フレデリック
2015年3月29日(日)高知 Xp-t
 w/ フレデリック
2015年4月3日(金)熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-01
 w/ POLYSICS
2015年4月7日(火)横浜 FAD
 w/ POLYSICS
2015年4月9日(木)京都 MUSE
 w/ TOTALFAT
2015年4月11日(土)神戸 太陽と虎
 w/ TOTALFAT
2015年4月12日(日)滋賀 U☆STONE
 w/ TOTALFAT
2015年4月14日(火)金沢 vanvan V4
 w/ 04 Limited Sazabys
2015年4月15日(水)福井 CHOP
 w/ 04 Limited Sazabys
2015年4月17日(金)富山 SOUL POWER
 w/ 04 Limited Sazabys
2015年4月19日(日)松本 ALECX
 w/ 04 Limited Sazabys
2015年4月23日(木)高崎 CLUB FLEEZ
 w/ Fear, and Loathing in Las Vegas
2015年4月24日(金)宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-02
 w/ Fear, and Loathing in Las Vegas
2015年4月28日(火)浜松 窓枠
 w/ POLYSICS

>KEYTALK オフィシャルサイト

>KEYTALKに「今気にいっているCD」から「2015年必ず実現したい事」まで聞いたQ&A20はコチラ

KEYTALKサイン色紙を1名様にプレゼント!

応募締切:4月4日(土)

>プレゼント応募サイト


「KEYTALK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS