J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<ライヴレポート>テスラは泣かない。「みんながいるから音楽ができる」 自主企画イベント開催!

2015年3月5日(木) 17:20配信

2014年4月にシングル『Lie to myself』でメジャーデビューし、鹿児島在住エモーショナル“マグマロック”バンドとして、2014年夏『ROCK IN JAPAN FES 』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『SUNSET LIVE』等、Rock Kids に多大な影響力を及ぼす各地大型フェスに出演。その圧倒的パフォーマンスによって大きなインパクトを残し、その後全国各所7,000kmにも及ぶ移動距離をこなす全国ツアーも大成功のうちに終了。ロックバンドとして、一回りも二回りも大きくビルドアップした“テスラは泣かない。”の2015年第一弾リリース作品、Major 1st mini album『ONE』のリリース日でもある3月4日、shibuya eggmanにて2ヵ月連続自主企画イベントの「テスラは泣かない。presents High noble MATCH! in TOKYO」の[High noble MATCH! in TOKYO #02]を開催した。CDのリリース日にライブを行うことが初めての“テスラは泣かない。”。ファンとともに迎えるリリース日に、渾身のパフォーマンスを魅せた。

#02の今回はインディーズ時代から親交の深い“シナリオアート”をゲストに迎えて開催。シナリオアートのVo.&Dr.のハットリクミコが“テスラは泣かない。”『ONE』のリリースを祝福しながら、「今日はテスラを泣かしにやってきた」とMCで話したことについて、「今日はシナリオアートに泣かされてもいいというか泣きたいくらいうれしい。」「僕らにとってリリース日という特別な日なので、みんなにとっても特別な日になるように、そんなライブを最後まで楽しんでください。」とVO.&Gt.の村上が答えた。

「CryCryCry」からスタートし、最新作『ONE』より「国境はなかった」を3曲目という序盤に披露。混沌とする今の世の中、Vo&Gt.の村上が感じ、何を伝えたかったのか…。村上から溢れ出るメッセージがダイレクトに伝わるそんな魂のこもったパフォーマンスにオーディエンスも熱狂。最新作でありながら、すでに観客にはしっかりと楽曲が浸透している手ごたえを感じ、アンコールを含め全13曲を披露した。

「みんながいるから音楽ができる、やってると改めて思いました。本当にありがとう!」

曲間のMCでは「MOTHER」の一節「愛されるために生まれてきて愛するために生きてる」がVo.&GT,村上が高校生のときに書いた詞であることなどを話し、今回のMajor 1st mini album『ONE』に対する思いの深さを会場に集まったファンに伝える一幕も。本編最後のMCでは「自分にとって音楽とは何か、考えはじめると憂鬱になることもある、自分にしかできない音、言葉もある、だけど、こうしてみんながいるから音楽ができる、やってると改めて思いました。本当にありがとう!」と村上自身の思いが溢れ出た。

最新作『ONE』に収録された「国境はなかった」には、「人はそれぞれが自分の価値観、文化や思想をもつ1つの国であり、自分という国、家族という国、仲間という国、自分の引く境界線次第で国境は変化する。自分が設ける国境(境界線)次第で守りたいもの、愛せるものは増えるんだ」という強いメッセージが込められている。「国境はなかった」という楽曲に通じる「MOTHER」「メロル」そして「one」など、日々、村上という人間が感じ考え悩み答えを見つけ表現した楽曲を中心に行ったこのライブは、“テスラは泣かない。”にとってもファンにとっても、特別な思いとともにあっという間に時間が過ぎる、熱狂と共感の時間となった。

また、4月17日(金)広島から3mini album『ONE』のリリースツアーがスタート。東京は6月14日(日)東京・代官山UNITにてツアーファイナルとなるワンマンライブが行われる。

■3月4日セットリスト
1.Cry Cry Cry
2.cold girl lost fiction
3.国境はなかった
4.Calico
5.MOTHER
6.Tuesday
7.メロル
8.Lie to myself
9.めんどくせえ
10.歩も金になって
11.Shake your hands
12.アンダーソン
〜Encore〜
one

■ライブ情報

テスラは泣かない。『ONE』release tour“国境線上で唄う”
4月17日(金) 長崎・STUDIO DO! w/SUPER BEAVER and more
4月18日(土) 熊本・Django w/SUPER BEAVER and more
5月20日(水) 宮城・仙台PARK SQUARE (ゲストあり)
5月21日(木) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK (ゲストあり)
5月24日(日) 北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE (ワンマンライブ)
5月30日(土) 福岡・Queblick (ワンマンライブ)
5月31日(日) 愛知・名古屋 CLUB ROCK'n'ROLL (ワンマンライブ)
6月6日(土) 広島・BACK BEAT (ゲストあり)
6月7日(日) 岡山・ペパーランド (ゲストあり)
6月12日(金) 大阪・心斎橋pangea (ワンマンライブ)
6月14日(日)東京・代官山UNIT (ワンマンライブ)
【チケット料金】
前売り:\2,500(全公演共通)ドリンク代別
当日:\3,000(全公演共通)ドリンク代別
一般チケット発売日
東京・大阪以外 2015年3月7日(土)
東京・大阪のみ 2015年3月28日(土)

■テスラは泣かない。 オフィシャルサイト


「テスラは泣かない。」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ONE

ONE

演奏者 テスラは泣かない。 
歌と演奏 テスラは泣かない。 
作詞 村上学 
作曲 村上学 

 作品詳細・レビューを見る 

Lie to myself

Lie to myself

演奏者 テスラは泣かない。 
歌と演奏 テスラは泣かない。 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【対談】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」羽原信義監督×神谷浩史「何度も組んでいるスタッフとキャストだからこそできる何かが絶対にある」

    2位

  3. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS