J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

野田洋次郎(RADWIMPS)、初のエッセイ本『ラリルレ論』を5月16日に発売!映画出演までの胸中を綴る。

2015年4月16日(木) 15:51配信

r

野田洋次郎(RADWIMPS)の初となるエッセイ本『ラリルレ論』(文藝春秋)が、5月16日に発売されることが決定した。本書は、2014年の全国ツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の最中に、野田が執筆していた日記をもとにしているが、深い思索の末に辿り着いた恋愛観や死生観、音楽について、世界中で起こっているさまざまなニュースに対する考察などがRADWIMPSの楽曲を想起させる独自のテンポで綴られている。

野田は6月6日公開の映画『トイレのピエタ』で映画初出演にして初主演を務めており、この本には監督・脚本の松永大司氏からの熱いオファーを受け、出演を決意するまでの胸の内も綴られている。活動の場をステージのみならずスクリーンにも広げ、多角的な活躍が期待される野田洋次郎の初の著書は、単なるミュージシャンの日記にとどまらない、いわば“思想書”のような仕上がりとなっている。

【野田洋次郎コメント】
期せずして今年30歳を迎える自分。今、自分が何者なのか。何に怯え、何を喜びに生きているか。また、周りを見渡した時に生じる疑問、違和感、不条理を一つ一つ残しておこうと思いました。そうやっておぼろげではありますが、世界と僕との距離、そして愛し合い方が分かってきたように思います。作詞とはまたまったく違う、脳内旅行体験をすることができました。――野田洋次郎

【著者プロフィール】
1985年、東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル&ギターであり、全作品の作詞作曲を担当する。2001年にバンドを結成し、05年シングル「25コ目の染色体」でメジャーデビュー。最新作『✕と◯と罪と』を含む7枚のアルバムと16枚のシングルをリリースし、日本の音楽シーンを牽引する存在として独自の輝きを放ち続けている。同時代的な恋愛観、死生観、宗教観を盛り込んだメッセージ性の強い楽曲は、若者たちを中心に圧倒的な支持を集める。またillion名義でのソロプロジェクトも行っており、ファーストアルバム『UBU』はイギリス、フランスをはじめとした世界各国で発売され話題となった。

野田洋次郎 著書情報

ラリルレ論

5月16日発売

\1,500(税抜)

RADWIMPS オフィシャルサイト

ラリルレ論 特設サイト


「RADWIMPS」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS