J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【フェス童貞】桜舞い散る中にロックが響く、ARABAKI ROCK FEST.15【卒業】

2015年4月16日(木) 20:18配信

4月25、26日に宮城・みちのく公園北地区エコキャンプみちのくで開催される野外フェスARABAKI ROCK FEST.15。

東京都在住の21歳・アラバキ初参戦のフェス常連者が、「フェスに行きたいけど、どのフェスに行けばいいのかわからない…」と嘆く20歳・音楽好きのフェス童貞を「邦楽の天国」とも呼べるアラバキへ連れていくことに。

―――フェス童貞卒業を最高なものにしてほしい。

そんな気持ちを胸に、アラバキに向けて徹底準備を行った。練りに練った作戦をもとにして、若者なりのアラバキロックフェスへの挑み方を紹介したい。

宿探しをナメるな!~宿泊場所~

アレクシス・ロデリック&ビリー・ジョエル

アラバキといえば、キャンプや花見を楽しめるところも魅力の一つ。テントを張って花見をしながらライヴ鑑賞…ロマン溢れすぎたシチュエーションだ。しかし今回は東京から財力の乏しい若者2人が参戦、低コストで楽しむために宿泊は仙台駅近くの格安ホテルに。アラバキだけに限らず全てのロックフェスにおいて、駅近くのホテルに宿泊するのであれば早めの予約を心がけよう。

漫画喫茶に滞在するぞ!なんて童貞発言はやめてほしい。この発想は全人類が持つ共通のアイデアなので、絶対に避けるべきだ。運良く入店できればいいが、東北の寒空の下を野宿するはめになる確率のほうが高いのでおすすめできない。

防寒せよ!~服装について~

昨年4月末の仙台の気温を調べてみると、最高気温は23度、最低気温は7度と10度以上の温度差がある。会場は山沿いに位置するので、20度を越えるとはいえ油断は大敵。カイロ上着などを持っていってしっかり防寒をするように。雨天時のことも考えて、コンパクトに持ち運べるレインコートは必須だ。貴重品やちょっとした持ち物を入れるボディーバックがあると更に便利である。

フェス会場までの交通手段は、シャトルバスで50分かけて向かわなければならない。汗と砂埃まみれのTシャツで帰りのバスに乗りたくない人は、余分にTシャツを持って行くことを推奨する。また、野外フェスのため靴の汚れや紛失を心配する人は“ライヴ専用靴”を準備しておくと安心だ。

走り回れ!~会場の回り方~

今年のステージは全部で、陸奥(みちのく)鰰(はたはた)津軽(つがる)荒吐(あらはばき)花笠(はながさ)磐越(ばんえつ)HASEKURA Revolution x 東北ライブハウス大作戦STAGEの7つ。

ここで注意してほしいことは、ステージ間の距離だ。磐越から陸奥のステージまで、なんと徒歩で約30分もかかる。フェス常連者の私としても、この情報には腰が引けた。ライヴを楽しむ時間と、移動にかかる時間の割合をよく考えて計画をたてなければならない。アラバキに出演するアーティストをまんべんなく堪能したいのなら、フルで見るアーティストは一日2~3組と考えた方がいい。当日走り回ることが予想できるので、体調管理、体力作りも忘れずに。

学び続けろ!~バンドとの出会い~

アレクシス・ロデリック&ビリー・ジョエル

過去のラインナップを見てみると、毎年数多くのアーティストが出演している。今年も“邦楽の天国”といえるほど豪華でかなりのボリュームだ。何も知らないフェス童貞の友人は、知らないアーティストは見なくてもいいというスタンス。そんな友人に「20年しか生きていない若人が音楽を知ったかぶるな!」と喝を入れたい。

確かに好きなアーティストをみるだけでも十二分に楽しめるが、せっかく仙台までフェスに来たのだから、普段ワンマンライヴに行く機会のないアーティストとの出会いも楽しんでほしい。「名前だけみたことある…」「なんのバンドかな…」そういうアーティストの曲こそ積極的に聴きこむべきなのである。

というわけで、いくつかのアーティストの曲をYouTubeで予習してみた。その結果、当日観に行きたいアーティストがかなり増えてしまい、あれもみたい、これもみたい、全部見たい!マイタイムテーブル作りがなかなか進まない。

POTSHOT「CLEAR」

公式ホームページで“多分日本で3番目に結成されたスカパンクバンド”と名乗るPOTSHOT、聴いて初めて分かる「スカパンク」に感動した。そこはかとなく爽やかで開放感ある彼らの演奏がしびれる。

SCOOBIE DO「真夜中のダンスホール」

テクすぎるギターとドラムの掛け合いで始まる「真夜中のダンスホール」に、秒速でハートを射抜かれた。お酒を片手に恋人とステップを踏み出すような、少し大人を気取りたくなる一曲。

Theピーズ「温霧島」

「幸せだったな、僕は」という歌詞に乗せて大木温之(Bass/Vo)の歌声が響く、たまらなくエモーショナルな曲だ。世代を超えても音楽は伝わるものなんだと改めて実感し、つい涙腺がゆるんでしまった。

アラバキは音楽だけでなく、フェス限定グッズ東北のフェスごはん“みちのくプロレス”ライヴペインティングアクセサリーワークショップなど、老若男女問わず楽しめるイベントがたくさんつまっている。自分に合ったスタイルを考えて計画することも、フェスの楽しみ方の一つなのかもしれない。

ロックフェスに行ったことがない“フェス童貞”“フェス処女”のあなた。この記事を参考に、“初めて”をアラバキに捧げてみてはいかがだろうか。(文:本木もっきー美奈)

ARABAKI ROCK FEST.15 公式サイト


「フェス」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    2位

  3. 【今さら聞けない】3分で分かる「カンヌ国際映画祭」の基礎知識

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS