J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

VIVA LA ROCKが無料で楽しめる?!フリーエリアに“モンスター”級のバンド現る!

2015年4月23日(木) 19:58配信


  • Bentham

  • Helsinki Lambda Club

  • ザ・チャレンジ

5月の3日から5日にかけてさいたまスーパーアリーナで開催されるVIVA LA ROCK。3日間で総勢80組以上もの邦ロックアーティストが出演する。ボリューム満点でパンチの効きまくった豪華すぎるラインナップに、3日通しチケット購入を即決してしまうほどの興奮だ。

VIVA LA ROCKでは入場チケットがない人でも立ち寄れる飲食ブースや、親子連れも楽しめるキッズランド。そして、無料でライヴを観ることのできるフリーエリア「GARDEN STAGE」「TSUBASA STAGE」が存在する。タダでフェスを楽しめることだけでも衝撃なのに、GARDEN STAGE、TSUBASA STAGEに出演するラインナップをみて更に衝撃を受けるだろう。

そんな夢のようなステージに現れる“モンスター”級の勢いを持ったバンドを、オススメのMVと一緒にいくつか紹介する。

Bentham ~5月3日@GARDEN STAGE~

2014年の春以降、KEYTALKのオープニングアクトに出演して注目を集めたBentham。彼らのライヴはとにかく勢いがハンパない。メンバー1人1人のエネルギーが爆発していて、いつ血管がちぎれるのか心配になるくらいだ。「パブリック」「手の鳴る方へ」のMVを観たら、今すぐライヴ会場に飛んでいってBenthamと一体感を感じたくなるに違いない。

渋谷のスクランブル交差点で楽器を構え、何食わぬ顔で演奏を始める「パブリック」MVの、イントロから漂う“何か起きるぞ感”がたまらない。サビに近づくにつれて大きくなる音圧と、上がっていく心拍数。鼓動がピークに達した瞬間、“あのサビ”に悩殺される。突き刺さるように鋭く、母の包容力をも超える安心感を兼ね備えた歌声で叫ぶ「どうやって君のこと振り向かせたらイイの?」のフレーズには、一度聴いたら脳内で無限再生されるほどの中毒性がある。

Helsinki Lambda Club ~5月4日@GARDEN STAGE~

個人的「もっと早くに出会いたかったバンドTOP3」に入るHelsinki Lambda Club。「PAVEMENTとCLASHが恋人同士になってしまったような、ポップなのにどこかひねくれたメロディと、ひねくれているようで割と純粋な心情を綴った歌詞を」と公言するヘルシンキの曲といえば「All My Loving」、いや「ユアンと踊れ」…全曲代表曲!と言いたくなるほどどれも存在感が強い。カラフルに色を変化し続ける彼らの音楽に“飽き”は存在しないようだ。

初めて聴くはずなのにどこか懐かしさを感じる「ぢきぢき」。じゃれあう4人のオフショットが撮影されたMVには、いつかの青春時代を重ねたくなる。橋本薫(Vo/Gt)の気怠そうな歌声からうつしだされる“日常”と、骨の細部に染み渡るほどの繊細な演奏に、胸がキュッと締め付けられる一曲。YouTubeの他、自主製作盤の音源は全曲SoundCloudで聴くことができるので、ライヴ前に予習しておこう。

◆Helsinki Lambda Club「All My Loving」

◆Helsinki Lambda Club「ユアンと踊れ」

◆Helsinki Lambda Club「風の中(studio rec)」

ザ・チャレンジ ~5月5日@TSUBASA STAGE~ 

“5色のサングラス”の集団が奏でる音楽を皆さんはご存知であろうか。彼らのライヴを目の当たりにしたら3日は夢に出て来るに違いない。目元の見えない彼らのスタイルは、どこか魅惑的で興味をそそられる。とくに、沢田チャレンジ(Vo/Center)とチャレンジオノマック(Vo/Gt)のエロ過ぎる歌声には男女問わずハートを射抜かれるはずだ。

テンポよすぎるラップの運びで迎える「お願いミュージック」のサビ部分は最高に気持ちがいい。エビ反りダンスを笑顔で舞い続ける沢田チャレンジをみて、「笑うな」と言われる我慢大会ほど耐えられないものはないかもしれない。 「お願いミュージック」のMV後半では、「会いたい会いたいちょー会いたい」「サマーライダー」「ウエディングソング」「恋をしようよ」のライヴ映像が収録されているので、ザチャレのライヴ雰囲気を先取りで楽しむことができる。

本当にこんなバンドを無料でみれるの?!と信じられない人もいると思うが、真実である。ここで紹介した3組はフリーエリアに出演するごく一部のアーティスト。他のステージのラインナップを見てみても、こんなに強烈なアーティストが揃った胸熱フェスはなかなか無いはずだ。

暇を持て余した音楽好きも、お金に余裕のない音楽好きも、フェス初心者な音楽好きも、ゴールデンウィークは「VIVA LA ROCK」全員集合するように!(文:本木もっきー美奈)

Bentham

Helsinki Lambda Club

ザ・チャレンジ


「Bentham」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

NEW LIFE

NEW LIFE

演奏者 Bentham 
歌と演奏 Bentham 
作詞 小関竜矢 
作曲 小関竜矢  須田原生 

 作品詳細・レビューを見る 

olutta

olutta

演奏者 Helsinki Lambda Club 
歌と演奏 Helsinki Lambda Club 
作詞 橋本薫 
作曲 橋本薫 
概要 UKプロジェクトのオーディションをきっかけにデビューを果たした4ピース・バンドの初ミニ・アルバム。ガレージ系ロックンロールとポップなメロディがひとつになった「All My Loving」、モータウン的なビートを取り入れた「ユアンと踊れ」など、ルーツ・ミュージックとオルタナ感のバランスが絶妙。 JAN:4514306012309

 作品詳細・レビューを見る 

スター誕生

スター誕生

演奏者 ザ・チャレンジ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 福地桃子、7月ドラマ『チア☆ダン』に出演決定「全力で挑みたい」

    2位

  3. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS