J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

サンエル、初の東名阪ワンマンツアー「伝説のハイエナジー」完遂!

2015年5月25日(月) 13:25配信


エレクトロ/EDMとバンドサウンドを融合させたアッパーな楽曲とライブを武器にシーンを席巻するハイエナジーロックバンド“THREE LIGHTS DOWN KINGS”(スリーライツダウンキングス)。通称:サンエル。

先日3月18日にニューアルバム『ENERGIZER』をリリースした彼らが、アルバムを引っ提げた初のワンマンツアー「THREE LIGHTS DOWN KINGS ワンマンツアー2015『ENERGIZER』~伝説のハイエナジー~」を開催。そのファイナル公演が名古屋Electric Lady Landにて終了した。

東京は5月8日(金)恵比寿LIQUIDROOM、大阪は5月21日(木)梅田CLUB QUATTROにて開催された今回のワンマンツアー。今までワンマンライブは何度か行っていたが、こうして東名阪のワンマンライブを行なうのは彼らにとって初めての経験。開場前から物販を買い求める長い列ができ、彼らへの期待の大きさを感じさせた。

アルバムの1曲目にもなっている「SE-ENERGIZER-」が会場に鳴り響き、メンバーが登場。「名古屋…飛ばしていくぞ!」というGlielmo Ko-ichi(Vo)の言葉からいよいよライブがスタート。アルバムと同様「伝心MMESSAGE」「BoomOVER」とハイエナジーな楽曲に、メンバー、そして会場のボルテージは一気に加速。そこから息をつかせぬ間でライブでの定番曲「Everybody!! Up to You」、「As I'm Alive」と前半とは思えない構成でライブは進んでいった。

そしてJUNE M、Ko-ichiの会場を一息つかせるMCから『デュラララ!!×2 承』エンディングテーマとしても人気を博した「NEVER SAY NEVER」を披露。その後も1stミニアルバム『HEY!!NOW!!』からの懐かしい曲「A Hero For You」などワンマンならではの楽曲も演奏された。

ワンマンということもあり、中盤では、現在進行形のハイエナジーな最先端EDM/ダブステップ・シーンのパーティを思わせるようなパートや、NORIのドラムソロから会場とのじゃんけん、楽器隊でのインストタイムなど、オーディエンスを楽しませるカオスな演出が盛り込まれていった。

後半は疾走感ある「FIRST IMPACT」「REASON」を立て続けに披露。さらには「トライ+リライト」では会場がタオルを回し一体となり、キラーチューン「BRAINWASH」からの「Just going ahead」とサンエルのライブ爆発曲で会場はダイブとモッシュの嵐に。大興奮状態にて本編は終了した。

アンコールのMCでは、支えてくれる人達や会場に来てくれたファンへの感謝をメンバーが口にすると演奏はスタート。ライブで披露されたのはかなり久々のサンエル初期の代表曲「HEY!!TAKE MY LOVE」に、一度クールダウンした会場は一気にトップギアに。ワンマンの最後を締めくくる楽曲は「ONE」。メンバーとオーディエンスの一体感は最高潮に達し、終わりを迎えることを惜しむラストとなった。

演奏が終わってからもメンバー、そしてオーディエンスの熱量は消えることなく会場全体を包んでいた。サンエル初のワンマンツアーは、新たな可能性を感じさせる“伝説”の1日となったのは間違いない。

【写真:古川喜隆】

THREE LIGHTS DOWN KINGS ワンマンツアー2015『ENERGIZER』~伝説のハイエナジー~ セットリスト

1. 伝心MESSAGE
2. BoomOVER
3. Everybody!! Up to You
4. As I'm Alive
5. NEVER SAY NEVER
6. Welcome to Splendid Light
7. A Hero For You
8. ALL OUT ATTACK
9. MONSTER DiSCO
10. Tonight,tonight
11. ReMEMBER
-interlude-
12. ロストメロディ
13. FIRST IMPACT
14. REASON
15. We as living on the earth
16. トライ+リライト
17. BRAINWASH
18. Just going ahead
Encore
1. HEY!!TAKE MY LOVE
2. ONE

HREE LIGHTS DOWN KINGS オフィシャルサイト


「サンエル」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ENERGIZER

ENERGIZER

演奏者 THREE LIGHTS DOWN KINGS 
作詞 Glielmo Ko-ichi 
作曲 u-ya  Glielmo Ko-ichi 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. ダウト バンドの“次”につながる新曲「閃光花火」 リリース!【撮りおろし&インタビュー】

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS