J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Helsinki Lambda Club、“日常”の叫びを鳴り響かせたAnalogfishとのツーマンライヴ「oluttanative」

2015年6月1日(月) 18:24配信


  • Helsinki Lambda Club(撮影:高田 真希子)

  • Analogfish 下岡晃(撮影:高田 真希子)

  • Analogfish 佐々木健太郎(撮影:高田 真希子)

  • Analogfish 斉藤州一郎(撮影:高田 真希子)

  • Helsinki Lambda Club 稲葉航大(撮影:高田 真希子)

  • Helsinki Lambda Club 佐久間公平(撮影:高田 真希子)

  • Helsinki Lambda Club アベヨウスケ(撮影:高田 真希子)

  • Helsinki Lambda Club 橋本薫(撮影:高田 真希子)

5月28日、時刻は19時を過ぎても空は明るく、茜色の夕日が初夏の始まりを感じさせる。そんななか、新代田FEVERではHelsinki Lambda Clubが1stミニアルバム「olutta」の発売を記念して、彼らが敬愛してやまないAnalogfishとのツーマンライヴ 「oluttanative」が行われた。

箱いっぱいに集まった観客に「はじめましての人、よろしく」と一言放ち、「最近のぼくら」で会場をグルーヴの渦へ巻き込んだAnalogfish。下岡(Vo&G)の歌声に操られるようにオーディエンスがゆっくりと身体を揺らすなか、「LOW」が投下され空気は一変。力強い歌声と、ぎらめくライトが降り注ぐ。演奏後、「ハッスルしすぎてチューニングずれました。ヘルシンキの皆がAnalogfishのこと好きっていうから張り切っちゃったよ」と話す佐々木(Vo&B)に、下岡(Vo&G)が「そういうのダサいよ(笑)」とツッコミ。「久しぶりのをやろう」投げ込んだ楽曲は「Queen」。遠くまで続く線路のように伸びるベースラインに懐かしさを感じた。
後半MCでは「ヘルシンキの音源を聴いて、すぐに(一緒にライヴを)やりますって決めました。ありがとう」と感謝の気持を伝え、ヘルシンキ橋本から受け取った手紙について語る。「便箋がステキで、男性でこのチョイスは只者じゃない」と嬉しそうに話すAnalogfishと、賑わう会場に心が温まった。「Hybrid」では丁寧な言葉運びと身体しびれるサウンドを会場に染み渡らせ、一面に余響を残したまま彼らはステージを後にした。

転換後、鳴り止まない歓声とともに登場したHelsinki Lambda Club。橋本(Vo&G)の歌声とギターが鳴り響く「声」でエモーショナルな空気を漂わせた後、傷跡を残すぞといわんばかりの勢いでかき鳴らした「しゃれこうべ しゃれこうべ」「All My Loving」で会場は一気にヒートアップ。「ルイジアナの類人猿」では恒例の稲葉(B&Cho)の“白目向きベース”で会場は湧き上がった。弾むメロディーに身を任せたくなる「KIDS」で、互いに顔を合わせガムシャラに楽しむメンバーの姿は、彼らの幼い頃の日常を彷彿させた。「最高だよ!」と叫ぶアベ(Dr&Cho)に続き、Analogfishとの対バンについて「一緒にできるなんて思ってなかったから、不思議な気持ち。本当にありがとうございます。一つ夢叶えちゃったから、満たされたらまずいんで、頑張ります」と照れ笑いする橋本(G/Vo)。MCで垣間見える初々しさに微笑むのも束の間、「檸檬倶楽部」ではガラリとスイッチを切り替え、『お前らのために生きてるんじゃない 死んでいくために働くんじゃない』と日常の叫びをまっすぐに届けた。

デミ・ロヴァート

Helsinki Lambda Club(撮影:高田 真希子)

「インスタント遁世」「Lost in the Supermarket」「テラー・トワイライト」で更なる勢いをつけ、後半では言葉の一言一言を拾い集めたくなる「yukke」に、身体の芯にまで染み渡るメロディーを噛み締めるオーディエンス。うねるようなベースラインを繰り広げる「メサイアのビーチ」、佐久間(G&Cho)の鳴らすギターソロに酔いしれる「ばっくとぅざふゅーちゃー」、ひねくれた歌詞とポップさが最高にマッチした「ユアンと踊れ」と、ヘルシンキの代表曲とも言える曲が続いた後、新曲「メリールウ」を投下。いつも以上にストレートで、更なるパワーをつけた彼らの演奏に、ただただ音を浴び、感じる会場の光景が印象的だった。「今日は僕が一番楽しかったです。話すと泣いちゃうから話しません。Analogfishさん、ありがとうございました」と話した後、「シンセミア」を歌う橋本からは緊張、興奮、喜びから溢れる全てのエネルギーを感じた。

アンコールでは「初心に戻ろう」という意気込みで「バンドワゴネスク」を披露。笑顔で楽しむアベ、おちゃらける稲葉、暴れ倒す佐久間、まっすぐに歌い続ける橋本の姿はいつもどおりでありながら、いつも以上に大きく、堂々と輝いて見えた。『そんなことを考えてバンドをやっている』を皆で大熱唱した後、会場全体から自然とこぼれ落ちる笑顔とともに、ツーマンライヴは幕を閉じた。Helsinki Lambda ClubとAnalogfishの世代を超えた共演は、どちらも身の周りの出来事や人間くさいシンプルな歌詞をまっすぐに伝える、リスナーひとりひとりの日常に寄り添うものだった。会場に十人十色の“日常”が広がった、忘れることのできない2時間半になった。(文:本木もっきー美奈)

「oluttanative」5月28日@新代田FEVERセットリスト

■Analogfish
01.最近のぼくら 02.LOW 03.Good bye Girlfriend 04.Queen 05.Tonight 06.Nightfever 07.平行 08.Fine 09.Hybrid 10.新曲

■Helsinki Lambda Club
01.声 02.しゃれこうべ しゃれこうべ 03.All My Loving 04.ルイジアナの類人猿 05.KIDS 06.檸檬倶楽部 07.インスタント遁世 08.Lost in the Supermarket 09.テラー・トワイライト 10.yukke 11.メサイアのビーチ 12.ばっくとぅざふゅーちゃー 13.ユアンと踊れ 14.メリールウ 15.シンセミア
<アンコール>
16.バンドワゴネスク

Helsinki Lambda Club ライヴ情報

6/6(土) 福島Outline ”酩酊2本目”
w/THEラブ人間、FINLANDS、高橋勇成(paionia)
DJ:木下理樹

6/25(木) 新宿red cloth ”奇天烈大発火-スリーマンスペシャル-”
w/シュリスペイロフ、THE こっけんろーるBAND

7/1(水) 下北沢LIVEHOLIC ”Beginning Merry Making”
w/パンパンの塔、すぃすぃず、チクシヒロキwithセックスフレンド

7/3(金) 下北沢Laguna ”Change gonna come!!”
w/岡山健二(ex.andymori)、海北大輔(LOST IN TIME)
O.A:古藤翔太(addworks)

7/16(木) 新代田FEVER odol 1st Album release party”EntreeⅡ”
w/odol、Emerald

7/29(水) 吉祥寺シルバーエレファント ”コウ企画vol.16〜Life Is Party the 3rd Anniversary〜”
w/グッバイフジヤマ、Gateballers

Helsinki Lambda Club

Analogfish


「Analogfish」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

olutta

olutta

演奏者 Helsinki Lambda Club 
歌と演奏 Helsinki Lambda Club 
作詞 橋本薫 
作曲 橋本薫 
概要 UKプロジェクトのオーディションをきっかけにデビューを果たした4ピース・バンドの初ミニ・アルバム。ガレージ系ロックンロールとポップなメロディがひとつになった「All My Loving」、モータウン的なビートを取り入れた「ユアンと踊れ」など、ルーツ・ミュージックとオルタナ感のバランスが絶妙。 JAN:4514306012309

 作品詳細・レビューを見る 

最近のぼくら

最近のぼくら

演奏者 アナログフィッシュ 
歌と演奏 アナログフィッシュ 
作詞 佐々木健太郎 
作曲 アナログフィッシュ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 【ご予約方法のお知らせ】安室奈美恵 8/29発売 LIVE DVD・Blu-rayのTSUTAYAプレミアムご利用者限定特典「クリアシート付きフォトフレーム」が決定!ご予約は7月3日(火)~

    3位

  4. 【連載】ゴールデンボンバー・歌広場淳の“爆ツイ!”ドラマまとめ 推している自分を愛すること(最終回)

    4位

  5. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS