J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライヴレポート】Hello Sleepwalkers“五重奏の実験室”で見せた進化する姿

2015年6月29日(月) 18:52配信

6月28日(日)、恵比寿LIQUIDROOMにて、Hello Sleepwalkers 2015“Quintet Laboratory”ツアー・ファイナルが行われた。

ワンマン・ツアーはほぼ1年ぶり。待ちわびたファンと、この1年の間に彼らの虜になった新しいリスナーたちが大集合し、フロアにはどこにも隙間がない。フェスで盛り上がるのが大好き、というような、Tシャツとタオルを装備した若くエネルギッシュなオーディエンスだ。

そんなアツい空気のなか、複雑な人力ドラムンベース的なリズムを持ち、荘厳なほどダークでヘヴィな「Ray of Sunlight」からライヴをスタートさせ、踊らせる前にまず目と耳を大きく開かせる。やはりこのバンドは只者ではない。急転、「百鬼夜行」からはビートが一気に加速し、猛烈にラウドでアッパーな曲を立て続けにプレー。「五次元少女リア」では、キックの四つ打ちに合わせてオーディエンスがぴょんぴょん飛びはね、「デジ・ボウイ」では、妖しいロカビリー調のビートで踊らせる。横揺れ、縦揺れ、変幻自在のリズム・チェンジは、Hello Sleepwalkersの得意技だ。

ツアータイトル“Quintet Laboratory”どおり、テーマは実験

ツアー・タイトル“Quintet Laboratory”は五重奏の実験室という意味で、今回のテーマは実験だとヴォーカル&ギターのシュンタロウが言う。その言葉通り、「アキレスと亀」の前にはクールな四つ打ちのインスト・パートを付け加え、「Countdown」から「砂漠」へ、そしてユウキのドラムソロへと、複雑なビートを間髪入れずつなげていく手法も、精密かつ刺激的。「月面歩行」では、ナルミが“このあと、歌える?”と煽ってみせるが、言われるまでもなく全員が♪ゆらゆら揺れる、と、サビのフレーズを大合唱する。時間を追うにつれ、会場全体の結束力がぐんぐんと高まってゆくのが目に見えてわかる。

「一人一人、ステージに上げて見せたいくらい、素敵な光景です!」

はずんだ声のナルミのMCを引き継いで、シュンタロウがコールしたのは「寝てる」。1stアルバム『マジルヨル:ネムラナイワクセイ』に収録されたが、今回のツアーでライヴ初披露というレア曲の登場だ。美しくメランコリックなメロディを持ち、3人のギタリストがまったく違うフレーズを組み合わせて作り上げる、独特の浮遊感溢れるサウンドがフロアを心地よくひたしてゆく。ちょうどこのあたりがライヴの中間地点で、「23」「朝に二人は」など、あまり速くなくメロディアスな、聴かせるタイプの曲が並ぶ。そこに突如現れたのが初披露となる新曲「神話崩壊」で、四つ打ちからドラムンベースまでめまぐるしく変わるビート、どこかオリエンタルなリフ、突き抜けるサビのメロディと、Hello Sleepwalkersらしさを凝縮したような曲調に、フロアは沸きあがった。

「ここから後半戦。まだまだ行こうぜリキッドルーム!」

シュンタロウの絶叫を合図に、「円盤飛来」から怒涛のアッパーチューン4連発で加速。マコトがスラップ・ベースを弾きまくり、タソコが強烈なカッティングを決める。シュンタロウがギターを外してハンドマイクで歌い始めると、「Worker Ant」ではナルミもマイクを持って最前線へ進出。派手なレーザービームが飛び交う空間は、もはやダンスフロアと呼んだほうがいい盛り上がりで、ラスト曲「午夜の待ち合わせ」まで一気に駆け抜ける。ロック、ダンス、オルタナ、ポップ。彼らの世界に取り込まれた音は無限大だ。

境地を切り拓く新曲「夜明け」、そして秋のツアーを発表

アンコール。シュンタロウが曲作りの苦しさと楽しさを赤裸々に語ったMCのあと、披露したのは新曲「夜明け」だった。これまでに聴いたことがないほど率直な歌詞と、フォークロック的な柔らかさを持った優しい曲。明日は晴れますように、というフレーズが今も耳の底でリフレインしている。ナルミは、ギターを弾く合間にそっと目元をぬぐっている。よりシンプルで内省的な、彼らの新境地を切り拓く1曲を、オーディエンスは全身を耳にして聴き入っている。

「今日は本当にありがとうございました。Hello Sleepwalkersでした!」

次のツアーは10月から11月にかけて、全国5大都市へとスケールアップ。Quintet Laboratoryツアーの第2弾となる 「Phase2」「Underground」「Go Round」の3つのテーマに基づいたライブツアーはきっと彼らにとって新たなターニング・ポイントになる。見ておくべきだ。(文:宮本英夫)

Hello Sleepwalkers ライブ情報

Hello Sleepwalkers 2015“Quintet Laboratory Go Round”
10月22日(木)広島BACK BEAT
 OPEN/START 18:30/19:00 前売り3240円/当日3700円(+1ドリンク)
 一般発売:8月22日(土)
10月23日(金)福岡graf
 OPEN/START 18:30/19:00 前売り3240円/当日3700円(+1ドリンク)
 一般発売:8月22日(土)

Hello Sleepwalkers 2015“Quintet Laboratory Underground”
11月6日(金)愛知・名古屋CLUB ROCK'n'ROLL
 OPEN/START 18:30/19:00 前売り3500円/当日4000円(+1ドリンク)
 一般発売:8月22日(土)
11月7日(土)大阪namba ROCKETS
 OPEN/START 17:30/18:00 前売り3500円/当日4000円(+1ドリンク)
 一般発売:8月22日(土)

Hello Sleepwalkers 2015“Quintet Laboratory Phase2”
11月26日(木)東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN/START 18:30/19:00 前売り3700円/当日4200円(+1ドリンク)
一般発売:8月22日(土)


「Hello Sleepwalkers」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    2位

  3. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    3位

  4. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS