J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライヴレポ】go!go!vanillas新ギタリスト加入!「今は僕たちの気持ちをぶつけて、最高に楽しみたいと思っています」

2015年7月17日(金) 16:47配信

  • go!go!vanillas
    go!go!vanillas

  • 牧達弥(Vo)

  • 長谷川プリティ敬祐(B)

  • ジェットセイヤ(Dr)

  • 柳沢進太郎(G)

新生バニラズの誕生

2015年7月15日、東京・下北沢SHELTERにて、go!go!vanillasワンマンライブ『HIGH!HIGH!』が開催された。7月4日の恵比寿リキッドルーム公演で宮川怜也が脱退したばかりだが、本公演は新ギタリスト柳沢進太郎のお披露目ライブ。間髪あけずに走り出した新生バニラズの誕生を一目見ようと、会場には倍率10倍のチケットを手に入れ駆けつけたファンでいっぱいだ。

ヴォーカル・牧達弥の「この4人の音を感じて楽しんでいってくれ!」という叫びとともに、『アクロス ザ ユニバーシティ』からスタート。緊張しているように見える柳沢は、ところどころ歌を口ずさみながら丁寧に音を刻んでいく。ダンスナンバーである『エマ』では前方にファンが押し寄せ、熱気がたちこめる。そこに違和感は全くない。

僕たちはこれからも続くバンドだし、もっと楽しいことをやっていきたい

牧は「怜也の脱退もあって、まだ早いんじゃないかと思っている人もいると思う」と正直な気持ちを述べつつ、「僕たちはこれからも続くバンドだし、もっと楽しいことをやっていきたいからこそ、今日やろうと決めました。僕たちの最高の状態をみせるために、準備をする期間は必要だったかもしれないけど、今は単純に僕たちの気持ちをぶつけて、最高に楽しみたいと思っています。いいでしょうか!」とコメント。柳沢は「喋るのはあまり得意じゃないので、ギタープレイで今日から僕の気持ちを示していきたいと思いますのでよろしくお願いします」という挨拶から、『人間讃歌』のイントロのギターをかき鳴らす。冒頭、少し遠慮がちにしていた彼だが客席に身を乗り出していた。

長谷川プリティ敬祐も「ドキドキしながらこの日を迎えたんですけど、実際にこの場に立ってみると、楽しい!」と、いつも以上の汗を振りまいている。ジェットセイヤは「今日この会場に来られなかった人たちも多くて、スペシャアプリで全国に配信してもらっています。みんなの街にもすぐ行きたいと思っているから、今日は画面越しではあるけど、俺らの熱気とお前らの熱気をボカンとぶち上げていこうぜ!」と視聴者にアピールし、『ハイテンション』へ。最初は緊張のせいか強張っていた4人の表情も、いつのまにか緩んでいた。柳沢の少しキーの高めのコーラスは楽曲に彩りを添えている。

「進ちゃんでよろしくお願いします(笑)」

牧は「(柳沢を)go!go!vanillasの一員として、みんなもしっかり受け入れて欲しいと思っています。受け入れてくれますか」と、ファンをまっすぐに見つめる。すかさず客席の男性から柳沢に対し「何て呼ばれたい?」と質問があがると、フロアから「進ちゃん!」という声があちこちであがり、これに柳沢は照れくさそうに「進ちゃんでよろしくお願いします」と笑って答えた。

牧の「一緒にこのバンドでデカくなっていこうと誓いをたてた4人です。頑張っていく中で色んな高みを目指していかなきゃいけない、色んな山を登っていかなきゃいけないと僕は思っています。その頂を、一緒に目指してもらっていいですかみなさん!」という熱いコメントから『ライクアマウンテン』へ繋ぎ、『オリエント』で本編は終了した。

アンコールではメジャー2ndシングル『カウンターアクション』を9月16日にリリースすることを発表すると、早速その場で新曲を披露。これぞバニラズ! という弾むギターに踊れるロックナンバーで会場を大いに沸かせた。新体制となっても、彼らの根底は何も変わらない。演奏を通してその気持ちを受け取ったファンも、清々しい表情だ。最後は4人で肩を組みながら会場にお辞儀をし、新生バニラズの初ライブは幕を閉じた。(文:塩澤彩 撮影:浜野カズシ)

<セットリスト>

01.アクロス ザ ユニバーシティ
02.エマ
03.人間讃歌
04.サマータイムブルー
05.トワイライト
06.ハイテンション
07.マジック
08.バイリンガール
09.ライクアマウンテン
10.オリエント
11.カウンターアクション(※アンコール 新曲)

go!go!vanillasオフィシャルサイト


「go!go!vanillas」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

カウンターアクション

カウンターアクション

演奏者 go!go!vanillas 
歌と演奏 go!go!vanillas 
作詞 Keisuke “pretty Hasegawa  Tatsuya Maki  浜田省吾 
作曲 Tatsuya Maki  浜田省吾  Keisuke “pretty Hasegawa 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. ゆずインタビュー デビュー20周年全50曲のベストアルバムはゆずの集大成でもあり自己紹介でもある1枚

    1位

  2. JY(知英)、ドラマ『人は見た目が100パーセント』主題歌「女子モドキ」MV解禁!

    2位

  3. 【レビュー】『怒り』―感動的ながら、原作の完成度を逆説的に証明してしまった映画

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 【ファン目線】文春砲直撃の橋本奈々未、イメチェン姿に絶賛の声「金髪ななみん美人すぎ」

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • プロロリ巨乳! 現役女子高生の夢アド・京佳、初の写真集発売で「このおっぱい自分でもすごい」 『Thankyouka!!!』
  • ガッキーは2位!「ムダ毛がなさそうなタレント」意外な1位は…?
  • 現役女子大生グラドル・忍野さら、新作DVDは「全体的にポロリ」
  • 小島みゆ、神尻Eカップ美乳でセクシーポーズラッシュ!?
  • 元SKE48佐藤聖羅、ライバルは佐々木希?
  • 伊藤里織「胸からハトを出したい」 今までで1番攻めた内容『さおちゅに夢CHU』
  • 乃木坂46・衛藤美彩、セクシーカット満載写真集に「33兆点」 松村沙友理は“お尻ライバル”
  • 元日テレアナ・脊山麻理子、会見中に黒ガーターベルト姿を披露
  • 人気グラドル・都丸紗也華、小峠の壁ドンに胸キュン?

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS