J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

[Alexandros]「悔しいけど、武道館!愛してます!」 日本武道館ライヴレポート

2015年7月18日(土) 04:00配信

[Alexandros] アレキサンドロス

[Alexandros]

[Alexandros](アレキサンドロス)が、2015年7月17日、日本武道館で“PREMIUM V.I.P. PARTY”と題したライヴを開催した。彼らにとっては2014年3月以来の2度目の武道館。会場を埋め尽くした1万1000人の大歓声のなか、ゆっくりとステージに登場した4人はまさにロックスター! 「武道館!!」川上洋平(Vo)のシャウトとイントロのギターが、さらなる大歓声に包まれる。オープニングは「ワタリドリ」。武道館が揺れる。1曲目で早くも川上は上手の花道へ、磯部(B)は下手へと飛び出していく。

アルバム『ALXD』がリリースされたばかりだが、この「ワタリドリ」以降は、リクエストで募った楽曲をアルバムリリース順に演奏。

ステージ後ろのスクリーンに1stアルバム『Where's My Potato?』のジャケット写真が映し出されると、初期の代表曲とも言うべき「For Freedom」、続いて「Yeah Yeah Yeah」をドロップ。「叫べ!」「もっと!」ギターを振り上げて洋平があおる。

炎の演出で会場を沸かせた「Rocknrolla!」(2ndアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』収録)では、磯部が激しいヘドバンを繰り出し、白井のギターが疾走感を加速させる。庄村のドラムが太いグルーヴを生み出す。その時期でなければおそらく紡げなかったであろう歌詞が印象的な1stシングル「city」、「受け取ってください。我々の最初のラブソングです」と始められた「You’re So Sweet & I Love You」…と、バンドの歴史が凝縮されてステージの上を駆け抜けていく。それはとても濃密な香りがした。

  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス
  • [Alexandros] アレキサンドロス

「武道館なのにライブハウスみたいに熱いです」

「武道館なのにライブハウスみたいに熱いです。それは皆さんのせいです!ホントに今日は来てくれてありがとうございます!」(川上)。そんな感謝の言葉に続けて、改めて「お気づきと思いますが、『ワタリドリ』は別として、1stアルバムから順番に演奏しています。昔から応援してくださっているお客さんにも、最近知ってくださったお客さんにも1から10まで知ってもらえるように」と、 “PREMIUM V.I.P. PARTY”ならではの構成を話し、「Waitress,Waitress!」、弾き語りのアウトロが余韻を残した「言え」、「spy」と3rdアルバム『『Schwarzenegger』』からの曲を披露した。

さて、リクエストのなかで「ぶっちぎりの1位」になったのは、川上の言葉を借りれば「B面(カップリング曲)のめちゃくちゃレアな曲」。「ライヴ初披露。これ、タイトル言ってからやった方がかっこいいのか、言わない方がかっこいいのか(笑)」(川上)と、演奏されたのはシングル「Adventure」の3曲目に収録されている「Thunder」。続けてこれまたシングル「Kill Me If You Can」のカップリング「Waterdrop」を聴かせた。

「最高の場所に皆さんをお連れします」

後半戦はドラマチックな「Rise」で幕を明けた。「Starrrrrrr」「Kick & Spin」とキラーチューンで高みへと駆け上がっていく。「暴れろ!」ステージから川上がそんな言葉を投げると客席中でヘドバンが沸き起こった。

MCで川上は、これから何があっても変わらずやっていこうと決意した昨年3月の初の武道館公演に触れ「我々の中身は全く変わってない。俺たちの目指すところは、東京ドームと下北沢のライブハウスで2日連続でやれるバンドになること」と話した。そして「最高の場所に皆さんをお連れします」と誓った。
本編ラストはアルバム『ALXD』に収録の「Adventure」。「君を連れて行く」と歌うこの曲で力強いバンドの今を見せつけ、最後は「悔しいけど、愛してるぜ、武道館!」という言葉で締めくくった。

アンコールでは、失恋ソング「Leaving Grapefruits」と、とっておきのラブソング「Dracula La」を。さらにダブルアンコールでは「お前ら欲しがり過ぎだから!(笑)」と登場すると、「さわやかな曲がいい人!?」「猫の曲がいい人!?」とその場でリクエストを募り圧倒的に多かった後者に合わせて「Cat 2」を演奏。「暴れろ!」川上の言葉を待つまでもなく、武道館中が熱くうねり、この最高のライヴは幕を閉じた。

[Alexandros]

 

[Alexandros]は10月から、最新アルバム『ALXD』を引っ提げ、『[Alexandros] TOUR 2015"ご馳走にありつかせて頂きます"』を開催する。また、新たに12月の香港と台湾公演も発表された。(香港と台湾公演の詳細は後日発表)。そこで見せてくれるであろう進行形の未来に期待が募る。

“PREMIUM V.I.P. PARTYセットリスト
1.ワタリドリ2. For Freedom 3. Yeah Yeah Yeah 4. She’s Very 5. Rocknrolla!6. city 7. You’re So Sweet & I Love You 8. aitress,Waitress!9. 言え10. spy 11. Thunder 12. Waterdrop 13. Rise 14. Stimulator 15. Starrrrrrr 16. Kick & Spin 17. Famous Day 18. Run Away 19. Adventure [ENCORE1] 20. Dog 3 21. Leaving Grapefruits 22. Dracula La [ENCORE2] 23. Cat 2

[Alexandros] TOUR 2015"ご馳走にありつかせて頂きます"

10/09(金) 横浜BAYHALL
10/17(土) 富山MAIRO
10/18(日) 金沢EIGHT HALL
10/25(日) 静岡SOUND SHOWER ark
10/31(土) 広島BLUE LIVE
11/01(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
11/03(火・祝) 高松OLIVE HALL
11/07(土)・08(日) 新潟LOTS
11/12(木)・13(金) 仙台Rensa
11/15(日) Zepp Sapporo
11/19(木)・20(金) Zepp Nagoya
11/23(月・祝) Zepp Fukuoka
11/25(水)・26(木) Zepp Namba
12/05(土) 沖縄ナムラホール
12/19(土) 幕張メッセ国際展示場

[Alexandros]オフィシャルサイト


「[Alexandros]」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ALXD

ALXD

演奏者 [Alexandros] 
歌と演奏 [Alexandros] 
作詞 川上洋平 
作曲 川上洋平 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. MAN WITH A MISSION「これだけは押さえておきたい」マンウィズ、おすすめの5曲!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS