J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ツタロック×Kenji Furuya Presents 「Dances With Wolves」 強者たちが奏でるオルタナティヴな宴

2015年7月21日(火) 16:07配信

降谷建志

降谷建志

降谷建志のソロ1stアルバム『Everything Becomes The Music』のリリースを記念して開催された、ツタロック×Kenji Furuya Presents 「Dances With Wolves」。降谷建志がチョイスした3組のアーティストを迎え、7月20日にZepp Tokyoにて開催された。

渡辺シュンスケによるポスト・ジャズなプロジェクト、Schroder-Headz

  • Schroder-Headz
    Schroder-Headz
  • Schroder-Headz
    Schroder-Headz
  • Schroder-Headz
    Schroder-Headz
  • Schroder-Headz
  • Schroder-Headz
  • Schroder-Headz

この日最初に登場したのは、降谷建志バンドでも活躍するキーボーディスト、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズなプロジェクト、Schroder-Headz。キーボードとドラム、そしてアップライトベースによるインストゥルメンタル・トリオは、ジャズを基盤に、スクエアプッシャーにも勝る人力ドラムンベース状態の高揚感から、ミニマムミュージック、ダブなど、さまざまな要素を響かせる。
「こんな素敵なイベントに誘ってもらって嬉しいです。今日はSchroder-Headz史上いちばん広い会場だと思う」と、渡辺。ダンスミュージック的なリフレインさえ、シーケンスではなく手弾きで表現する音楽家集団の卓越したテクニックとセンスに、観客も大歓声で応えていた。

アブストラクトな世界に引き込んだ金子ノブアキ

  • 金子ノブアキ
    金子ノブアキ
  • 金子ノブアキ
    金子ノブアキ
  • 金子ノブアキ
    金子ノブアキ
  • 金子ノブアキ
  • 金子ノブアキ
  • 金子ノブアキ

SEから一気にアブストラクトな世界に引き込んだのは、金子ノブアキだ。キーボードとギターだけを従え、ステージ下手側、横向きに設置されたドラムセットに座った金子が、オートチューンでイコライズされた歌声を響かせながら、力強くドラマティックなドラムを鳴らす。
荘厳ささえ感じるダイナミックなそのサウンドは、モノクロームの映像と印象的な照明とシンクロし、まるで音楽映画の中に入り込んだような不思議な感覚を作り出す。「Historia」ではダンサブルなビートをポップ響かせつつも、全編に渡りMCナシのストイックな演奏を披露。演奏の終わりにシンバルの音を止める瞬間までクールな金子の仕草も含め、それはもう、ドラムというインスタレーション・アートを見ているかのような充実したひと時だった。

異彩を放ちながら観客の心をつかんだWHITE ASH

  • WHITE ASH
    WHITE ASH
  • WHITE ASH
    WHITE ASH
  • WHITE ASH
    WHITE ASH
  • WHITE ASH
  • WHITE ASH
  • WHITE ASH

WHITE ASHは今回の出演者の中で最も異色だったと言えるかもしれない。
しかしプレゼンターの降谷曰く、「ヴォーカルののび太はああ見えて初対面の時、俺とJESSEでフリースタイルをやった仲」なのだとか。確かに歌声こそ繊細だが、彼らの鳴らす洋楽スタイルなラウドロック・サウンドは、Dragon AshやRIZEとも共通するソリッドさを放つ。
「今日のメンツ、ヤバいですよね。僕らを初めて観る方も多いと思いますので、いちばん聞き覚えがあるかもしれないって曲、やります」というのび太のMCの後に披露されたのは、CM曲にもなった「Hopes Bright」。8月発売のニューシングルで、テレビアニメ『ガッチャマン クラウズ インサイト』オープニングテーマ「insight」もがっつり披露し、初めて彼らを見る観客の心もしっかりとつかんだ。

「いいメンツと初めてライブが披露出来て幸せです」(降谷建志)

  • 降谷建志
    降谷建志
  • 降谷建志
    降谷建志
  • 降谷建志
    降谷建志
  • 降谷建志
  • 降谷建志
  • 降谷建志

ラストを飾ったのはもちろん降谷建志。インスト曲「Everything Becomes The Music」をSEに、降谷建志、Schroder-Headzの渡辺、ギターのPABLO(Pay money To my Pain)、ベースの武史(山嵐)、ドラムの桜井誠(Dragon Ash)がステージへ。
1stソロアルバム『Everything Becomes The Music』発売日に配信ライブを行なったが、観客を前にしてのライブはこの日が初。とはいえ、そこは強者集団。「Angel Falls」のオルタナティヴなリフがフロアにこだました途端、ポストロックな始まりに固唾を飲んで見守っていた観客は大歓声をあげ、「Swallow Dive」では次々とダイバーが押し寄せる。

「いいバンドを迎えられて、いいメンツと初めてライブが披露出来て幸せです」

降谷のMCの後に披露されたのは、ライブという唯一無二の時間と空間が作る絆を歌った今回のイベントの命題曲「Dances with Wolves」。渡辺のピアノがジャジーな色を足し、アウトロでは降谷が美しいギターソロを響かせる。「Stairway」で本編が終了すると、アンコールに応えて「One Voice」を披露。再びのダイブの嵐に加え、初ライブにも関わらず観客が歌う場面も。

「いろんな音楽がつながれば、音楽で食えるヤツも増える。俺らは好きな音楽を好きにやるだけだけど、出来ればこういうショーケースライブにも足を運んでくれると嬉しい」と、降谷。ミクスチャーやラウドロックの枠を越え、真のオルタナティヴな音楽を追求し始めた彼らの旅は今、始まったばかりだ。

(文:早川加奈子)

ツタロック×Kenji Furuya Presents 「Dances With Wolves」
[ セットリスト ]

Schroeder-Headz
1.Tokyo Tribal Sacrifice
2.no sign
3.sleepin'bird
4.absence of absolutes
5.newdays
金子ノブアキ
1.The Sun
2.Histroria
3.Signals
4.Weather and Sesons
5.to Create / See you there
6.Fin / Orca
WHITE ASH
1.Orpheus
2.Thunderous
3.Kiddie
4.Hopes Bright
5.Insight
6.Paranoia
7.Stranger
降谷 建志
1.Colors
2.Angel Falls
3.Swallow Dive
4.Dances With Wolves
5.P-Board
6.Fabulous Town
7.For a Little While
8.Stairway
[EN]One Voice


「Kenji Furuya」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

Everything Becomes The Music

Everything Becomes The Music

演奏者 降谷建志 
作曲 降谷建志 

 作品詳細・レビューを見る 

Insight/Ledger

Insight/Ledger

演奏者 WHITE ASH 
歌と演奏 WHITE ASH 
作(ライター) WHITE ASH 

 作品詳細・レビューを見る 

Dragon Ash“dodecahedron mix” by DJ BOTS

Dragon Ash“dodecahedron mix” by DJ BOTS

演奏者 Dragon Ash 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

降谷建志

生年月日 1979年2月9日(39歳)
星座 みずがめ座
出生地 東京都

降谷建志の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS