J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

「MUSIC TAGS vol.3」2日目、 ラストはカチューシーダンスで大熱狂!

2015年7月24日(金) 20:53配信

MUSIC TAGS

総勢4組16名ふぁファンをバックに記念撮影

ビクターエンタテインメント内のGetting Better RecordsとSpeedstar Recordsが開催する「MUSIC TAGS vol.3~先輩、宜しくお願い致します。~」。
イベント2日目の7月23日(木)は、夜の本気ダンス(オープニングアクト)、KEYTALK、ORANGE RANGEの3組が登場した。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

KEYTALK

KEYTALK

ORANGE RANGE

ORANGE RANGE

オープニングアクトは、夜の本気ダンス。まだどこのメジャーレーベルにも所属していないインディーズバンドだが、ビクターエンタテインメントからの熱いラブコールを受けて出演が決定した。「踊れる準備はできてますか?行こうぜ!」という米田貴紀(Vo&Gt)の合図で突入した1曲目「WHERE?」。メンバーが一丸となって放つシャープなビートが実に心地よく、後半の「fuckin’ so tired」では、米田がフロアに飛び込み熱唱する場面も。観客に揉みくちゃにされながら歌い続ける米田の気合は半端じゃない。そして、「戦争」も特大級の盛り上がりを生み、夜ダンのライヴは終了した。

続いて、KEYTALKが登場。涙腺を刺激する叙情的なメロディー、強力なダンスビートが絶妙に融合した「FLAVOR FLAVOR」。紛れもなく全観客を踊らせていた「パラレル」。序盤の2曲で、瞬く間にZepp Tokyoはエネルギッシュなダンスフロアと化してしまった。絶妙なコンビネーションのツインヴォーカルを展開する寺中友将(Vo&Gt)と首藤義勝(Vo&Ba)、スリリングなフレーズを魔法のように奏でる小野武正(Gt&Cho)、ダンスの衝動をくすぐるビートを的確に生み出し続ける八木優樹(Dr&Cho)……4人のプレイが緊密に絡み合って構築されたアンサンブルも絶好調だった。ラストの「MONSTER DANCE」では、観客による手拍子や掛け声も加わって躍動し、すさまじい盛り上がりに!今年の夏フェスでも引っぱりだこなKEYTALKだが、ライヴバンドとしての圧倒的なパワーをあらためてまざまざと体感させてくれた。

今年の「MUSIC TAGS」の大トリを飾ったのは、ORANGE RANGE。1曲目の「JIN JIN」から、柔軟な発想と遊び心に満ちたミクスチャーロックが次々と放たれていく。オリジナリティにあふれていると同時に、メンバーの多彩なキャラクターも随所で香らせるこのバンドの音楽の楽しさは、やはりケタ外れだった。「今日はサブタイトルに“先輩、宜しくお願い致します。”って付いてるけど、永遠の若手の気持ちでやって来てるので。得たものを吸収して、みなさんにお届けできたらと思います」というHIROKI(Vox)の言葉を経ての中盤では、新曲「SUSHI食べたい feat.ソイソース」も披露され、フロアはまるで真夜中のクラブのようなムードへ!そして、いよいよ本編クライマックス。情熱的なサウンドをめいっぱいに高鳴らせた「イケナイ太陽」。NAOTO(Gt)とYOH(Ba)が叩き出すヘヴィーな爆音が吹き荒れた「鬼ゴロシ」「キリキリマイ」。パワフルな3曲が怒涛の勢いで駆け抜けていった。

MUSIC TAGS

夜の本気ダンスとKEYTALKのメンバーも登場しアンコールに応えた

アンコールのラストを美しく飾ったのは「上海ハニー」。RYO(Vox)が「せっかくなので、ここを沖縄にして帰りましょう」と呼びかけると、観客がいっせいにカチューシーを踊り始めたのが壮観だった。ステージには、夜の本気ダンスとKEYTALKのメンバーたちも登場。寺中と八木が、キュウソネコカミの置き土産である段ボール製の電車に仲良く乗り込んではしゃいでいるのがかわいらしい。みんなで踊り、笑顔を交わし合った会場は、無上の幸福感に包まれていた。

「MUSIC TAGS」のライヴレポートとライヴ写真はオフィシャルサイトに掲載中。また、本イベントに出演するORANGE RANGE、KEYTALK、キュウソネコカミ、くるりの総勢4組16名による「カメラにサイン動画」がビクターエンタテインメントの公式YouTubeで公開されている。

【セットリスト】
◆夜の本気ダンス
1.WHERE?
2.B!tch
3.By My Side
4.fuckin' so tired
5.戦争

◆KEYTALK
1.FLAVOR FLAVOR
2.パラレル
3.YURAMEKI SUMMER
4.桜花爛漫
5.コースター
6.エンドロール
7.バイバイアイミスユー
8.MABOROSHI SUMMER
9.太陽系リフレイン
10.MONSTER DANCE

◆ORANGE RANGE
1.JIN JIN
2.祭男爵
3.お願い!セニョリータ
4.おしゃれ番長 feat.ソイソース
5.トーキョーガールズコネクション
6.シティボーイ
7.SUSHI食べたい feat.ソイソース
8.イケナイ太陽
9.鬼ゴロシ
10.キリキリマイ
EN1.ロコローション
EN2.上海ハニー

「MUSIC TAGS」 オフィシャルサイト

ビクターエンタテインメント 公式YouTube


「MUSIC TAGS 」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

NAOTO

生年月日 1973年8月15日(44歳)
星座 しし座
出生地 大阪府高槻市

NAOTOの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS