J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

これがTHE ORAL CIGARETTESの誠意であり闘い方なのだ  2015.7.14@ Zepp DicverCity TOKYOライヴレポート

2015年7月25日(土) 18:52配信

  • THE ORAL CIGARETTES
    THE ORAL CIGARETTES  山中拓也(Vo/G)
  • THE ORAL CIGARETTES
    THE ORAL CIGARETTES  鈴木重伸(G)
  • THE ORAL CIGARETTES
    THE ORAL CIGARETTES  あきらかにあきら(B/Cho)
  • THE ORAL CIGARETTES
    THE ORAL CIGARETTES  中西雅哉(Dr)
  • THE ORAL CIGARETTES
  • THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESが7月14日にZepp DicverCity TOKYOで開催したツアーのセミファイナルは、誰も予想だにしないものだった。
山中拓也(Vo・G)の喉の不調による途中中断、予定のセットリストを大幅に変更したステージ、悔しさに涙を流すメンバー。それはバンドにとっても、ファンにとっても辛い内容だった。だが、山中は「絶対にリベンジしたい」と言っていた。オーラルはその約束を必ず果たす。その日のために、この一部始終をちゃんと記録しておきたいと思う。

「かかって来いよ!」と、山中が挑発的な言葉を投げかけると、ライブは最新シングル『エイミー』のカップリングナンバー「GET BACK」からスタートした。中西雅哉(Dr)の性急なビートに、鈴木重伸(G)の鮮やかなギターリフが重なる。あきらかにあきら(B)が奔放に動きまわり重低音を響かせれば、フロアは一瞬にしてモッシュでもみくちゃだ。
「モンスターエフェクト」「ハロウィンの余韻」といった最新アルバム『The BKW Show!!』のナンバーでは、艶やかに濡れた楽曲がこのバンドの特異性を際立たせる。会場を見渡し、「そんなもんですか!?もっと来いよ!」と山中。その堂々たる佇まいは、メジャー1年目のバンドとは思えない、ロックボーカリストとしての圧倒的な素質を感じさせるものだった。

だが、異変は6曲目「自動販売機の男」で起きた。歌い切り、まだアウトロの演奏が続くなか、山中はその場に崩れ落ちたのだ。そのままステージ袖へと退く。茫然とするお客さんにあきらが説明をした。
「拓ちゃんがステージから出て行ったけど。実はツアーの前から喉を患っていて、万全の状態で臨めなかった。全然、心配はしなくていいよ。なんとか、ここまで乗り切ってきて……。今日のリハでも調子は良くなかったけど。彼のことだから、“大丈夫”とは言ってた。でも高い声出てなかったね(笑)」。ここから、あきら、鈴木、中西がMCで場を和ませながら、山中の回復を待った。いま思えば、彼らもまたあの状況でとても気丈に振る舞っていた。

そして、およそ20分後、「ちょっと拓ちゃんが心配だから、俺らも見てくるね」とあきらが言い残し中断。その間10分、全く状況が見えないなか、じっとメンバーの帰りを待つこの日のお客さんは本当に温かかった。

「みんな本当にごめん!」。再びステージに現れた山中の第一声だった。大きな拍手が迎えるなか、「Zepp DiverCityでやるのがずっと夢だった。だから体調が悪かったけど、どうしてもこのステージに立ちたかった。みんなに迷惑をかけたのは俺の責任です。あと、どれだけやれるかわからないけど、やれるだけ俺にやらせてください」と深く頭を下げた。
会場からは「がんばれー!」と声援が飛ぶ。ここから渾身の「キラーチューン祭り」が幕を開けた。

いきなりオーラルのライブで絶大な人気を誇るダンスチューン「大魔王参上」だ。フロアが信じられないぐらいに激しく波を打つ。勢いをさらに加速する「mist...」から、今回のツアーのために用意した新曲「カンタンナコト」へ。もはやかっこつける余裕すらない、がむしゃらな山中の姿は、それでもフロントマンとしての気概を感じさせて、胸を打つ。
「本当にプロとして失格だけど、こんなに優しく受け入れてくれるお客さんがいて幸せです」という感謝の声は震えていた。そこから、「STARGET」「起死回生STORY」という容赦ないアッパーチューンを連打。もはや“想い”だけで歌い切ると、最後にどうしても届けたかった大切なナンバー「エイミー」へ。サビではほとんど声が出なかったが、メンバーとお客さんとが一緒に声をあげて、最後の1曲を完成させた。歌い終えて、ステージに倒れ込んだ山中を、中西が抱えるように起こすと、その頭を「よくやった」とでも言うように、わしゃわしゃと撫でていた。もちろん悔いは残る。だが、この日の全てを出し尽くしたライブだった。

 

 

端から見れば、「体調が悪いのならキャンセルするべきだった」という意見もあるだろう。それも正しい。だが、やる前から諦めない。そのバンドの選択も間違っていないと思う。それがTHE ORAL CIGARETTESの誠意であり、闘い方なのだ。

最後に強く思うのは、この日のライブで山中が13曲を歌い切ることができたのは、紛れもなくお客さんのおかげだ。そのことを忘れなければ、オーラルはもっと強くなれる。

(文:秦理絵 PHOTO:Viola Kam)

2015.7.14(Tue)@東京 Zepp Diver City Tokyoセットリスト

01. GET BACK
02. モンスターエフェクト
03. ハロウィンの余韻
04. N.I.R.A
05. リメイクセンス
06. 自動販売機の男
07. 大魔王参上
08. mist...
09. カンタンナコト
10. STARGET
11. Mr.ファントム
12. 起死回生STORY
13. エイミー

THE ORAL CIGARETTESオフィシャルサイト


「THE ORAL CIGARETTES」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

カンタンナコト

カンタンナコト

演奏者 THE ORAL CIGARETTES 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS