J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

人のかっこよさが技術を超える!──グドモたなしんの“最新プレイリスト”!

2015年8月11日(火) 12:00配信

アーティストの皆さんに、ご自身のiPod最新再生曲5曲を教えてもらうこの企画。
第1回目は、8月12日に「ハローハローハロー」をリリース。そして11月27日には初めての日本武道館ライヴが控えているグッドモーニングアメリカのド派手ベーシスト・たなしんの登場!
夏フェスシーズンということで、フェスで観たバンドが多数再生されている模様。

グッドモーニングアメリカ・たなしん

人が音を生み出すっていうところに戻ってきちゃいます

MUSE 「Supremacy」
(アルバム『THE SECOND LAW』収録)

この1曲目「Supremacy(スプレマシー)」のグルーヴ感ヤバイですよ!
MUSEのすごいところって、3人の生音でこんな表現ができるんだっていうところなんですよね。打ち込み系も好きで、よく聴くんですけど、やっぱり生音、人がリズムというか音を生み出すっていうところに戻ってきちゃいますね。
最近、手塚治虫さんの漫画をめっちゃ読んでいるんですが、彼の漫画には「科学が進化しすぎていくと危ないですよ」みたいなメッセージがあって。そんなメッセージじゃないけど、今、音楽の技術もすごい進化しているなかで、人っぽい感じがあるほうがぐっとくるし、フェスで人を感動させられる。それを3人でやってるっていう、すごいエネルギーがこもった1曲だと思います。

 

最強感ありますね、MUSEとMAROON 5は


MROON 5「Moves Like Jagger」
(アルバム『OVEREXPOSED』収録)

これは逆に全部打ち込みで、ちょっと機械っぽいんですよ。ただ、これをライヴでやるともちろん全部生音なんですよ。それがハンパじゃない、演奏力!
それをあえて今のニーズにあわせて、生音じゃ出せない音域主流のクラブミュージックとかヒップホップとかをやっている。元がうまいからこういうことができるんですよね。
やっぱりイケメンだし(笑)、ファッショナブルだし。歌もうまいし、メロディも誰でも聞きやすい。最強感ありますね、MUSEとマルーン5は。

 

サブカルっぽさ、ガラパゴスっぽい独特の空気感が出ている


コーラのCMソングで流れていましたが…素晴らしい。あのタイミングでよく出したなと思います。
バンドってやっぱ盛り上がってきたときに、いかに「これだ!」って曲を出せるかじゃないですか。それを持ってきたゲスは凄いなと思いましたね。それに、単純に、超いい曲ですしね。
ゲスの曲は外国の方にもちゃんと伝わるような日本の良さ、サブカルっぽさやガラパゴスっぽい独特の空気感が出てるんですよね。だから素晴らしい。だから、今の時代にはまって世代を巻き込む魅力を持ち得ているんじゃないかな。

 

ロックな人なんですよ。夢がありますよね


ONE OK ROCK「Fight the night」
(アルバム『35xxxv』収録)

ワンオクの新しいアルバム『35xxxv』良かった!ここでは「Fight the night」を挙げていますけど、正直、曲はどれでもいい(笑)。
TAKA君がインタビューで「やっぱりかっこよくありたい」という発信で作った曲だということを話していて。本当にそのクオリティのアルバムですね。
この前フジロックで観たんですが、ロックな人なんですよ。ちゃんと(目標を掲げて)超えていく。夢がありますよね。

 

ロックってなんだ?って思ったら聞いてみてください(笑)


FOO FIGHTERS「SOMETHING FROM NOTHING」
(アルバム『Sonic Highways』収録)

この曲は最新のアルバム『Sonic Highways』の1曲目です。フー・ファイターズもFUJI ROCKで観たんですけど…ロックです。
ロックってなんだ?って思ったら聞いてみてください(笑)。だって理屈じゃないんです、かっこいんですよ。もちろんうまいし工夫も研究もしてるんですよ。このアルバム、とにかく音が良いし。でも、そんな最先端技術を超えるかっこよさが人にあるんですよね。たぶん生き方なんでしょうね。世界は広いなー。

グッドモーニングアメリカ最新ニュース

8月12日にシングル「ハローハローハロー」をリリース。8月4日からは「凌ぎ合うツアー2015」と題した対バンツアーがスタート。
また、11月27日には、初めての日本武道館公演が控えている。

グッドモーニングアメリカ オフィシャルサイト


「グドモ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ハローハローハロー

ハローハローハロー

演奏者 グッドモーニングアメリカ 
歌と演奏 グッドモーニングアメリカ 
作詞 SHINGO KANEHIRO 
作曲 SHINGO KANEHIRO 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. Hey!Say!JUMP・有岡大貴、イベントで名前を間違えられるも「神対応」

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS