J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

2015年8月12日(水) 17:00配信

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

ONE PIECE、妖怪ウォッチ、きゃりーぱみゅぱみゅ、初音ミク、AKBグループ、進撃の巨人など、様々なアーティストや作品とのコラボレーションが好評のTカードに、ロックバンドとしては初となるONE OK ROCKをデザインしたTカードが6月9日(ロックの日)に発行された。

それを記念して「ONE OK ROCK×Tカード」特設サイトでは、「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」を募集。その最終結果が発表された。(集計期間:5月22日~7月31日)

>「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」中間発表の結果はこちら

ファンが選ぶ「ONE OKE ROCKの名曲」最終結果

ファンが選ぶ「ONE OKE ROCKの名曲」最終結果

ワンオクが訴えかける存在肯定のメッセージ

1位、2位は、中間発表でも多くの票を集めた4thシングル「完全感覚Dreamer」と、「キミシダイ列車」(5thアルバム『残響リファレンス』収録)がそのまま順位をキープ。ヴォーカルのTakaが書くメッセージ性の強い歌詞がやはり支持された結果だろう。

ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲1位となった「完全感覚Dreamer」

中間発表の4位からワンランクアップした3位の「未完成交響曲」(4thアルバム『Nicheシンドローム』収録)では、こう綴られている。《100点じゃないこの僕に100点つけるのは/他でもない僕自身だ!!》。アップテンポなロックサウンドにのせて、ONE OK ROCKが訴え続ける存在肯定のメッセージは、このバンドの最も大きな魅力のひとつなのだ。

完全感覚Dreamer

キミシダイ列車
(残響リファレンス 収録)

Nobody's Home
(Nicheシンドローム 収録)

ちなみに、6位「アンサイズニア」(5thシングル)、10位「Re:make」(6thシングル)など、ライブでも頻繁に披露されるシングル曲が安定して上位にランクインするなかで、中間発表の13位から最終発表でTOP10圏内に躍進したのが9位の「The Beginning」(7thシングル)。大ヒット映画『るろうに剣心』の主題歌として高い知名度がありながら、初期曲の根強い人気に意外と伸び悩んだように見えたが、後半に粘り強い追い上げを見せた。

アンサイズニア

Re:make

The Beginning

また、4位以下には中間発表でも紹介した、両親への想いを込めた「Nobody's Home」と、英詞を中心にしたラブソング「Wherever you are」(いずれも『Nicheシンドローム』収録)がランクイン。
ONE OK ROCKといえば、激しくてアグレッシヴなイメージが強いかもしれないが、ミドルテンポ~バラードでじっくりと聴かせるドラマチックな楽曲にも定評がある。こうした曲がアリーナ級の広いライブ空間でお客さんが一体となって巻き起こすシンガロングは感動的だ。
12位「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」『残響リファレンス』収録)、13位「カゲロウ」(1stアルバム『ゼイタクビョウ』収録)など、ONE OK ROCKの代表的なバラード曲は軒並み上位にランクインしていることも、その人気を物語っている。

熱い想いで作り上げた曲のすべてを、全力で受け取るファンがいる証拠

こうして結果を見ると、メジャーデビューから8年のキャリアを持つONE OK ROCKだが、どの時代の楽曲もバランスよく票を集めていることがわかる。それだけバンドがコンスタントに良い曲を出し続けてきた証拠だろう。
しかも、ふつうなら埋もれてしまいがちな、アルバムには未収録のカップリング曲が、14位「欠落オートメーション」『The Beginning』収録)、18位「カラス」(2ndシングル『努努-ゆめゆめ-』収録)といったふうに、シングル表題曲に並んで上位にランクインした。
それはONE OK ROCKが熱い想いで作り上げた曲のすべてを、全力で受け取るファンがいるということだ。このランキング結果からは、そんなファンとの素敵な信頼関係も見えた気がした。(文:秦理絵)

「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」の最終結果

1. 完全感覚Dreamer
2. キミシダイ列車
3. 未完成交響曲
4. Wherever you are
5. Nobody's Home
6. アンサイズニア
7. 努努-ゆめゆめ-
8. Be the light
9. The Beginning
10. Re:make
11. じぶんROCK
12. C.h.a.o.s.m.y.t.h.
13. カゲロウ
14. 欠落オートメーション
15. 欲望に満ちた青年団
16. Deeper Deeper
17. Heartache
18. カラス
19. Cry out
20. the same as...
21. Living Dolls
22. Clock Strikes
23. Mighty Long Fall
24. Let’s take it someday
25. Nothing Helps
26. 恋ノアイボウ心ノクピド
27. 69
28. NO SCARED
29. Memories
30. Fight the night
31. Liar
32. 内秘心書
33. ケムリ
34. Pierce
35. Juvenile
36. カサブタ
37. Decision
38. 皆無
39. Smiling down
40. 光芒
41. 夜にしか咲かない満月
42. CONVINCING
43. All Mine
44. ONION!
45. Never Let This Go
46. アダルトスーツ
47. 後悔役に立たず
48. Notes’n’Words
49. 独り言ロンリーナ
50. Yes I am

「ONE OK ROCK x T-CARD」特設サイト


「ONE OK ROCK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【プロが選ぶ!】TSUTAYAおすすめ新作『バーフバリ 王の凱旋』ほか4選【オールジャンル】

    1位

  2. TSUTAYA数量限定『ELLE JAPON』による『LOEWE(ロエベ)』の特別付録がついたスペシャルBOXが発売決定!

    2位

  3. HKT48、11thシングルは“なこみく”Wセンターによる新体制!【インタビュー】<後編>

    3位

  4. 【インタビュー】福原遥、ひねくれてつかみ合い…!? 初主演映画で正反対の“ワル”女子高生熱演

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露
  • ゴルフ場で水着姿も…? アン・シネ、初の写真集発売
  • 東麻美、クール&大人の表情が満載の1stデジタル写真集『stylish gravure』を発売
  • 「東レ」ガール・夢乃、電子オリジナル写真集で “抜群のスタイル” を披露
  • 犬童美乃梨&森咲智美、『FRIDAY』表紙にダブルで登場
  • “可愛すぎる音大生” みうらうみ『FRIDAY』に初登場 赤リップ×赤ビキニのセクシーショットを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS