J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【インタビュー】チェコ・ノー・リパブリック「根はエモ」は本当か?

2015年9月4日(金) 12:00配信

全編、ポップで親しみやすいという共通項を擁しながらも、作品毎にその幅とバリエーションで聴く者を驚かせてきた、Czecho No Republic (チェコ・ノー・リパブリック)。それはニューアルバム『Santa Fe』も然り。「Oh Yeah!!!!!!!」「For You」の超ポップシングル2連発を含んだアルバム内容は、彼らの王道ナンバーを始め、EDM、ファンキーさ、マジカルミステリー風、サイケ調、エモ、変ワルツ、オリエンタル等々、全曲様々なタイプのポップロックソングが百花繚乱だ。以前にも増してフィジカル度が上がり、臨場感のある音印象を受けた今作。テーマは「根はエモ」だと言う。さて、その深意やいかに? (インタビュー&文:池田 “SCAO” 和宏 [LUCK'A Inc.])

Czecho No Republic (チェコ・ノー・リパブリック)

Czecho No Republic (チェコ・ノー・リパブリック)

前よりちょっと大人な感じ。そんな作品を目指した

━今作は、これまで以上に様々な音楽性を取り入れてますね。

武井優心(Vo/Ba 以下 : 武井)●今回も興味のある音楽性や、気になっていたサウンドを都度やってみました(笑)。そこまで器用に使い分けが出来るタイプじゃないので、けっこうどの曲も自分たち風にはなっちゃったけど。

━今作で何か目指していたものはありましたか?

武井●音質ですね。いい音、キレイな音、整頓された音…前よりちょっと大人な感じ。そんな作品を目指しました。

━確かに今作は、これまでのキラキラとした印象に対し、臨場感やフィジカルさを感じました。

山崎正太郎(Dr 以下 : 山崎) ●今回は録った時よりも、その後、いわゆるマスタリングで大きく変化したかなと。全体的に音数も以前に比べ、だいぶ減っているんですが、それがまたより空間を作り出して一つ一つの音がクリアに聴こえる作用を及ぼしてるし。更にマスタングでそれらを際立たせましたから。

━分かります。今作では詰め込むところと抜いているところ、そのコントラストやメリハリも顕著で、それらによるドラマティックさも、けっこう成されてますもんね。

砂川一黄(Gt 以下 : 砂川)●音はよく録れてるし、武井さんの引き算(音を詰め込まない/音を抜く)がよりうまくなったところもあって。色々なタイプの曲があるけど、かなりバランスもいいし、全編的に聴きやすいと思いますよ。

山崎●今回もデモの段階から非常に完成度が高かったですからね。デモをそのまま作品にしてもいいんじゃないかぐらい。

砂川●レコーディングでも録り直さず、デモの音そのままを起用したところもありますけど(笑)。

山崎●なので、レコーディングも、<バンドでブラッシュアップする>よりかは、それをどう上手く録るかでしたね。おかげさまでレコーディング自体はかなりスムーズでした。

━バンドマジックよりは、自分の頭の中で鳴っているものの具現化を優先させたと。

武井●それがしたくて作ったアルバムでもありましたから。まっ、僕の場合、1曲づつ作っていくタイプではなく、同時に並行して何曲も作ってますけど。

━それでごっちゃにならないものですか?

武井●ごはんと一緒ですよ。同じものばかり食べてると飽きてくる。本来の素材の良さとか、それぞれの良さも分からなくなってくるし。それが並行にやっていると逆に分かってくるんです。見えないところも見えるようになるし。まっ、僕の場合は、”1曲に飽きたら次へ”って、やっていった方が性には合ってます。まっ、飽きやすい性分なもんで(笑)。

━タカハシさん的には、今作を聴き返していかがでした?

タカハシマイ(Cho/Syn/Per 以下 : タカハシ)●これまでで最も好きなアルバムになりました。いつも自分たちが聴いている音楽とか洋楽的な要素も多分に含まれているし、反面、ポップなところや日本っぽさもある。そのバランス加減も、これまでで最もいいかも。あと、やっぱりマスタリングで変わりましたね。録り終わった段階では、”ちょっと大人っぽいかも…”と思ったんですけど、マスタリングを経て、かなりカッコいいアルバムに仕上がりました。

武井●これまでの作品でも、自分たち的にはライヴのようにガンガンに詰め込んでいたつもりだったんですが、結果、クリーミーで丸みを帯びちゃってる感じに、妙に洗練されちゃっていたところがあって。今回はそれこそ「壊す勢いで突っ込んで下さい」と、マスタリングのエンジニアさんにリクエストしましたから。

八木類(Gt/Cho/Syn 以下 : 八木)●よりライヴ映えすると思うんです。特に「Oh Yeah!!!!!!!」と「For You」のシングルバージョンと、このアルバムバージョンを聴き比べると、その違いが凄く分かると思いますよ。

━速さやノリで出すフィジカルさとは違った勢いを今作ではたぶんに感じました。

武井●そうそう。キレイに爆発しました。僕たちがずっと表したかった内側にある秘めたエモさをようやく出せたかなと。

EDM路線、サイケ感、バラエティ豊かなのは飽き性のせい!?

━聞き進めて行くたびに驚きが増していく今作ですが、中でも「Firework」のEDM路線には驚かされました。

武井●出来た時はちょっとテレもありましたけど(笑)、いい塩梅に自分たちに寄せさせてもらいました。お客さんも1曲目から、”えっ!?”てなるでしょうね。いい具合に自分たちのうま味と融合出来たかな。

山崎●この曲に関しては、生ドラムとどれだけ融合やマッチングできるかも課題でしたね。

砂川●今回はこの曲に限らず、打ち込み要素やこれまでのバンドサウンドとは違う新しいアプローチや試みが多々あるんです。だけどどの曲も、「これがチェコだ!!」って楽曲や作品になってるかなと。ギターも色々と試しましたね。

━八木さん作の「Fun, Fun, Fun, Fun, Fun」は、マジカルミステリー調のサイケ感のある楽曲ですね。

八木●けっこう僕の場合シリーズになっていて。これも前作でのサイケっぽい曲調から連なっているところもあるんです。

砂川●この曲では柔らかい、温かい感じが似合うだろうと、珍しくギブソン系のセミアコを使いました (普段はフェンダーストラトを使用)。なんか八木さんの曲はギブソン系のギターが合うんです。おかげさまで、サイケっぽい奇怪な感じも上手く出せました。

武井●僕もベースは、あえて英国産メーカーのリッケンパッカーを使って弾きました。実はリッケンを弾くのは初で。かなり頼りになるヤツでした。

━あと、今回はタカハシさんの歌もこれまで以上にフィーチャリングされているのでは?

タカハシ●ユニゾンやコーラスも含めるとどの曲でも歌ってますからね。あと今回は、かなりこれまで出してなかったキーにも挑戦しました。「クワーキーワールド」なんて、「そのままじゃ歌えない」と、半音下げて歌ったのがこうをそうして逆に良かったり。この曲の頭の部分は少年とのツインなんです。そういえば最初は、この歌、武井さんが歌うはずだったよね?

武井●まっ、歌ってみたら難しいのでタカハシさんに歌ってもらいました(笑)。

━それから、今回はアップテンポな曲に頼っていないのも特徴かなと。

武井●「イメージ」ぐらいですもんね、アップテンポ。この曲に関しても、アップテンポの曲があまりないことに制作の後半に気づいて、慌てて作って入れました。ライヴをやる時にやっぱりアップテンポの曲がないと成り立たない時があるので、ライヴを想定すると必要かなと。

━個人的にはシングル曲でしたが、「For You」が一番好きでした。

武井●どポップ好きっすね(笑)。だけど、今作は、「For You」「Oh Yeah!!!!!!!」があんなにどポップじゃなかったら、こんなに色々なタイプの楽曲が揃ってなかったかもしれない。これらの曲たちだけで、”ああ、あの曲調のバンドね”ってイメージされそうで、逆に「それだけじゃねぇ!!」って言いたくなった(笑)。それが今作のバラエティさに繋がってるところは確かにあります。

タカハシ●ホント、あの2曲がシングルとして最初に世に出ていなかったら、今作ってこんなにサイケな作品じゃなかったかも。チェコって毎回、何かの反動でアルバムが成り立っているってことが多くて。例えば、何かがあって、その溜まっていたフラストレーションをアルバムで吐き出すケースが多いんですけど、今回はその2曲のシングルがその役割だったのかも。

武井●なんか一つのイメージに捕らわれたくないんですよね。だから、”それだけじゃない!!”って部分が出ちゃう。あと今回、色々な曲があるのは、やっぱり俺が飽き症なところが大きく関係していると思う(笑)。

タイトル『Santa Fe』に込めた意味とは…?

━とは言え、ラストの「オルゴール」は非常にこれまでのチェコっぽさを感じました。ある種、これを聴いて、これまでのファンも安心しそうな。

武井●「大丈夫、みんなの描いているチェコはここにいるよ」って、笑ってゴールテープを切る感じ(笑)。長かったけど、やっぱりここに戻ってきた、家に帰ってきた。なんかそんな立ち位置の曲ですよね。

タカハシ●結局ゴールはここなのに、今回も色々なところを冒険してきた、みたいな。

武井●ホント、やりたいことをやり散らかしたものを、最後は「オルゴール」が優しく包んでくれる、みたいな曲ですよ、これは。この曲は今作の最後に作った曲でもあったんです。

━ところで、アルバムタイトルの『Santa Fe』は、もしかして...。

武井●昔出ていたという宮沢りえさんのヌード写真集のタイトルから拝借しました。あと、”3”枚目のアルバムだし(笑)。宮沢さんの写真集のことは世代的に俺らは知らなかったんですけど、ラジオの際に教えてもらって。この写真集が世に凄い影響をもたらしたとか、その際の宮沢さんの行動、あと、脱ぐ必要の全くない人気のある頃に脱いだというパンクっぽい話とか。そのストーリーにリスペクトしてつけさせてもらいました。

━最後に聴きどころを教えて下さい。

武井●やっぱり根はエモってところかな。いわゆる「根はエモ」(笑)。その辺りを今回は、ようやく感じさせることができる作品が出来たので、是非全編楽しんで下さい。

Czecho No Republic リリース情報

初回限定盤

通常盤

Santa Fe

2015年9月9日(水)発売

初回限定盤(CD+DVD):COZP-1061 ¥3,200+税
通常盤(CD):COCP-39172 ¥2,800+税

01. Firework 02. Heart Beat 03. Oh Yeah!!!!!!! (フジテレビ系TV アニメ「ドラゴンボール改」エンディングテーマ) 04. Beautiful Days 05. Fun, Fun, Fun, Fun, Fun 06. エンドルフィン 07. クワーキーワールド 08. イメージ 09. Empty Your Mind 10. For You (ポッキーチョコレート スペースシャワーTVバージョン CFソング) 11. オルゴール
※初回限定盤のDVDには 「日比谷野音ワンマンドキュメンタリー」映像を収録。

Czecho No Republic オフィシャルサイト


「Czecho No Republic」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

Santa Fe

Santa Fe

演奏者 Czecho No Republic 
歌と演奏 Czecho No Republic 
作詞 武井優心  甲本ヒロト  八木類  タカハシマイ 
作曲 八木類  武井優心  甲本ヒロト 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS