J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

「15歳の頃に“永遠の15歳のリフ”を聴いた」Ken Yokoyamaが選ぶ「不滅の名盤 」×「MUSIC SOUP -45r.p.m.-」

2015年9月16日(水) 10:00配信

著名人が人生を変えた名盤45曲をリコメンド!
1991年からハイスタのギタリストとして活躍、現在はソロとして活動中のKen Yokoyamaが、その人生を語るのに不可欠な45曲をリコメンドする。(2010年10月オンエア)

Ken Yokoyama

Ken Yokoyamaのプロフィール

'69年生まれ。'91年にHi-STANDARDを結成しギタリストとして活躍。'99年にレーベル"PIZZA OF DEATH RECORDS"を設立し社長を務める。'04年からはソロ活動を開始。

一発で気持ちが持っていかれた

BATTERY

BATTERY / メタリカ

スタジアムでのフェスみたいな風景の裏ジャケがすごく印象的で、当時の息遣いがわかる貴重な写真資料としても捉えていたというか…。
高校生のころにハードコアパンクからスラッシュメタルに流れていった友達がいて、僕も聴かせてもらって「こんな音楽あるのか!」って一発で気持ちが持っていかれた感じですね。

作品詳細・レビューを見る

リフは永遠の15歳

THE TROOPER

THE TROOPER / アイアン・メイデン

『ザ・トゥルーパー』のリフは永遠の15歳(笑)。ぼくが聞いたのがそれぐらいだったんですよ。
ジャケットに出てくるマスコット的なキャラクターのエディがいるんですけど、5歳になる息子が大好きで、お風呂上がりにタオルをかけてやると真似するんですよ。僕が「エディ」って言うまでひたすら真似してます(笑)。

作品詳細・レビューを見る

ギターを弾きたいと思った曲

Mr. CROWLEY

Mr. CROWLEY / オジー・オズボーン

初めて聴いたのは14、5歳だったと思うんですけど、『ミスター・クロウリー』のイントロを聴いたときのゾクゾク感って25年経ってもいまだに変わらない、大好きな曲。
ランディ・ローズというギタリストが好きで、ぼくがギターを弾きたいと思ったのは「この曲のギターソロを弾きたいから」なんですよ。いまだに弾けないんですけどね(笑)。

作品詳細・レビューを見る

何かに対してアンチであるか、それが本物であるかどうかが肝心

ANGEL OF DEATH

ANGEL OF DEATH / スレイヤー

このバンドなくしていまのメタルはないですね。ヘヴィメタルっていうのは反社会であったり、反キリスト教であったりすることに途中で気がついたんですよ。
そこが一番の魅力なんじゃないですかね。何かに対してアンチであるか、それが本物であるかどうかっていうのは自分にとっては肝心な気がします。

作品詳細・レビューを見る

聴いたときに「すごい!」と思いましたね

A.I.R.

A.I.R. / アンスラックス

メタルっていうと長髪でピタピタのズボンが主流だったなかで、ライヴの会場前でスケートボードをやってる人たちがいて、そういった意味でも新しい波が来たなって。
当時のスラッシュメタルは“がなる”のが主流になってきたところで、しっかりとハイトーンでメロディを歌うっていうのがすごく新鮮で、聴いたときに「すごい!」と思いましたね。

作品詳細・レビューを見る

Ken Yokoyamaの人生に影響を与えた45曲

1. Mr. CROWLEY/OZZY OSBOURNE
2. BATTERY/METALLICA
3. NERVOUS/GUNS N' WANKERS
4. DANNY'S SONG/ME FIRST AND THE GIMME GIMMES
5. ANGEL OF DEATH/SLAYER
6. SUNNY PLACES/SNUFF
7. THE TROOPER/IRON MAIDEN
8. PERFECT GOVERNMENT/NOFX
9. A.I.R. /ANTHRAX
10. BONDED BY BLOOD/EXODUS
11. BORED/DEATH ANGEL
12. SAILIN' ON/BAD BRAINS
13. DON'T SPEAK/EAGLES OF DEATH METAL
14. HOLIDAY/THE GET UP KIDS
15. LOW/TESTAMENT
16. BILL/SEAWEED
17. ANGRY DAYS/LAGWAGON
18. DEFEATIST/HATEBREED
19. STRAIGHT AMERICAN SLAVE/ROCKET FROM THE CRYPT
20. 500 MILES/DOWN BY LAW
21. SO MUCH FOR THE AFTERGLOW /EVERCLEAR
22. WAITING ROOM/FUGAZI
23. NOT A DAY GOES BY/LEATHERFACE
24. LIVING AFTER MIDNIGHT/JUDAS PRIEST
25. REGRESS NO WAY/7 SECONDS
26. CAPTAIN NEMO/THE MICHAEL SCHENKER GROUP
27. DENY EVERYTHING/ CIRCLE JERKS
28. ALONG THE WAY/BAD RELIGION
29. DO YOU REMEMBER ROCK 'N ROLL RADIO?/RAMONES
30. THINGS WE SAY/GORILLA BISCUITS
31. SWEETNESS/JIMMY EAT WORLD
32. MAD BUTCHER /DESTRUCTION
33. BORN TO SKATE/STUPIDS
34. HOLY DIVER/DIO
35. RISE ABOVE/BLACK FLAG
36. FROM THE HEART/GENERATION X
37. RIP OFF /SHAM 69
38. FISH/THE DAMNED
39. SAFE EUROPIAN HOME/THE CLASH
40. SPEAK ENGLISH OR DIE /S.O.D.
41. MY WAY/SID VICIOUS
42. WAR PIGS/BLACK SABBATH
43. WE'RE NOT GONNA TAKE IT /TWISTED SISTER
44. CUM ON FEEL THE NOIZE/QUIET RIOT
45. WHOLE LOTTA ROSIE /AC/DC

MUSIC SOUP -45r.p.m.-

音楽に対し、愛情深くもシビアな耳を持つ“Music Master”たちが、自身の音楽体験を45曲に託して披露する音楽番組。毎回一人のアーティストが登場し、人生の岐路で出会った珠玉のナンバーと思い出の数々を自らの言葉で語ります。素敵な楽曲との出会いから、出演者の人生に関する深い話まで、栄養満点の20分間。

試聴方法や放送スケジュールはこちらから

ここで紹介した名盤コーナーはTSUTAYA店頭でも展開中!

 

 


「Ken Yokoyama」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS