J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

10/6@TSUTAYA O-Crest、ドムロック出演者の魅力に迫る!【ドムの日】

2015年9月21日(月) 12:00配信

10/6(火)“ドムの日”にTSUTAYA O-Crestにて開催される、“ますどむ”が主催の「ドムロック」の出演者の魅力をたっぷりご紹介!

色褪せない初期衝動をあなたに

Half-Life

2009年にリリースしたHalf-Lifeの1stフルアルバム。リード曲の「色彩」を聞いても分かるように、ほぼ景色の情景描写である今作の歌詞は、見た景色や感じた景色を言葉にして、それをパズルみたいに組み立てて出来ていると言う。全ての曲の並べた時の聴きやすさと勢いだけを重視した今作。気持ち踊るダンサンブルな「orange」から、感情が溢れんばかりの「アンプラグ」、寂寥感漂う「夏の終わり」など、タイプは違うが並べて聴くと1枚のアルバムとしてスッと消化される。1曲目の「entrance」のタイトル名には、“Half-Lifeという僕たちの世界への入り口”という意味が込められている。いつまでも色褪せない初期衝動たっぷりの名盤である。

◆Half-Life 「entrance」

十人十色の人間模様

BYEE the ROUND

2014年リリースの3年ぶりのフルアルバム。結成10周年を迎えた今作は、ライブハウスで戦ってきた彼らならではの“スリリングで攻撃的なサウンド”と“リアルな人間味”を綴った痛快な1枚に仕上がっている。あえて初期に立ち返った今作は、生々しいサウンドが特徴で、ライブハウスで活動するロックバンドであることを生き生きと象徴している。「これぞBYEE the ROUND!」と言わんばかりのサウンドである。ニンゲンジオラマというタイトルを付けたこのアルバムは、十人十色の人間達が登場し、少しずつ関わり合いながら繋がっていく。前の曲で少し出てきた人が、次の曲の主人公になっていたり、アルバム全体を通してのストーリー性を是非感じて欲しい。頗る良い曲である「一言だけ」「ハートの女王」、これぞロックな「ニンゲンジオラマ」「ソングライター201」、背中を押してくれる「カーテンコール」など、多種多様な楽曲にも注目だ。

◆BYEE the ROUND 「一言だけ」

中毒者続出!

モハメド

独特の極太サウンドと中毒性のあるメロディーと歌詞、そして圧倒的なパフォーマンスを武器に活動する4人編成のダンス・ロックバンドの2014年リリースのアルバム。息をつく間もなく全力でリスナーを踊らせようと迫る今作品。タイトルからして気になりすぎる「トイレ」から、畳み掛けるサウンドが特徴の「NEZUMI」「アレキサンドロジャイアントマスク」、切ない歌詞とメロディーが魅力の「観覧車」など、モハメドの魅力が最大限に詰まった作品。「トイレ」というタイトルの曲をこんなにもかっこよく完成させるバンドは他にいないだろう。一度聴いたら頭から離れなくなること間違いなしの中毒性たっぷりの1枚だ。

◆モハメド 「トイレ」

更に成長を遂げた1枚

uguis

おはよう、全部君のせいだ

ハイパーテクニカルポッコ゜バンドの2015年リリースの1stシングル。2014年に結成し、見る度に成長と進化を遂げるuguis。そんな今の彼らの生き生きとした様子を感じられる今作。無邪気なライブパフォーマンスは見るものを飽きさせず、どうしてもまた見たくなる魅力を兼ね備えている。1曲目の「憧憬と箱庭」は爽やかなイントロが印象的。これまでに起きた様々な出来事が奇跡のようだと感じ作ったという今作は、『奇跡』という言葉に強い想いが込められている。2曲目の「七人のディスコ」は珍しくずっと四拍子。でも今の流行とは良い意味で少し違う、uguisらしい仕上がりになっている。ライブで盛り上がるキラーチューンとも言える1曲だ。

◆uguis 「憧憬と箱庭」

ここで紹介した作品以外の「ドムロック出演者の魅力に迫ったプレイリスト」はコチラ!

TSUTAYAの音楽好きによる音楽まとめサイト
ジャンル、シチュエーションに問わないプレイリストを掲載!! 音楽を次々に流すプレイリスト形式でつなぎ移動中にも作業用にもピッタリ♪
他のオススメはコチラ。

Half-Life HP

BYEE the ROUNDのウェブサイト

モハメドHP

uguis webサイト


「BYEE the ROUND」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

entrance

entrance

演奏者 Half-Life 

 作品詳細・レビューを見る 

ニンゲンジオラマ

ニンゲンジオラマ

演奏者 BYEE the ROUND 
歌と演奏 BYEE the ROUND 
作詞 松山晃太 
作曲 松山晃太 

 作品詳細・レビューを見る 

石油

石油

演奏者 モハメド 
歌と演奏 モハメド 
作詞 ドーナツ 
作曲 モハメド 
概要 バウンシーかつサイケデリックなダンス・ビートと“トイレ”を連呼する歌がひとつになった「トイレ」、極上のファンク・ロックのなかで“欲望のまま、一歩一歩進もうぜ”とメッセージする「今宵酔い良い夜」。独特のミクスチャー・サウンドと個性的な歌の世界が楽しめるファースト・アルバム。 JAN:4522197118574

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 【映像あり】日活ロマンポルノ45周年―ルールは「10分に一回の濡れ場」―日本を代表する5監督によるリブート予告解禁

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS