J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

佐野元春、LOVE PSYCHEDELICOが魅せた最高の音楽、最高のセッション!RollingStone100号記念イベントレポート

2015年9月25日(金) 13:36配信

日本版『ローリングストーン』誌主催の新たな音楽イベント、「THE ROCK FACTORY -SESSIONS-」。その記念すべき第1回が9月16日(水)にEX THEATER ROPPONGIで開催され、親交の深いLOVE PSYCHEDELICOと佐野元春&THE HOBO KING BANDが熱いライヴを展開した。

 

MCのジョー横溝、佐野元春、LOVE PSYCHEDELICO(photo L to R)

まずは、MCのジョー横溝があいさつ。ベトナム戦争に反対する空気がある中、1967年に同誌がアメリカで創刊となった経緯をユニークに解説し、7月に日本版が100号を迎えたこと、それを記念して本イベントへリニューアルしたことも伝え、「最高の音楽、最高のセッションを楽しんでいってください!」と言い放った。

「転がる石のように楽しんでください」

LOVE

LOVE PSYCHEDELICO

そして、LOVE PSYCHEDELICOが登場。さまざまな編成で新鮮なライヴを見せてくれる彼らだが、この日はベースに高桑圭を加えたトリオでのアコースティックセットだ。おもむろにNAOKIがアコギを弾き、KUMIが“oh sing it to me”と「Your Song」の歌詞を口ずさむと、客席からは早くも歓声が上がる。

MCでは、前日に玄関で転んで右手の中手骨を骨折してしまい、手術したことを明かしたNAOKI。それでも「見た目が悪いんで報告しましたが、大丈夫なので。転がる石のように楽しんでください」とするあたりがデリコらしく、続く「Beautiful days」でのNAOKIによるマンドリンの美しい音色、KUMIの伸びやかな歌声を聴けば、その言葉どおり演奏に酔いしれてしまう。

ステージが青白く照らされて始まったメガヒット曲「Last Smile」のほか、Curly Giraffe(高桑のソロプロジェクト)のカバー「Mood」も披露するなど自分たちのペースで会場を沸かせ、締めはボトルネック奏法が光るロッキン&ブルージーな「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」! 大盛況のまま、佐野にバトンを繋いだ。

豊潤なアレンジで聴かせた数々の名曲

佐野元春

佐野元春

佐野元春&THE HOBO KING BANDは、雪村いづみとのコラボ曲として知られる「トーキョー・シック」からスタート。ジャジーなグルーヴに乗せて、“世の中、いやな事ばかりじゃない 落ち込んでないで 街に出かけようよ”と佐野が軽快に歌い、辺りはたまらない高揚感に包まれる。バンドは古田たかし(Dr)、井上富雄(Ba)、笠原あやの(Vc)、Dr.kyOn(Key、Gt)という布陣で、まさに盤石のアンサンブル!

そして、「月と専制君主」、少ない音数の中で佐野のラップが風のようにクールに駆ける「カム・シャイニング」などが、ポリティカルな話題やデビュー35周年を迎えた自身のロックヒストリーを交えて演奏されていく。

代表作「約束の橋」を含め、全体的に抑えの効いた豊潤なアレンジが味わい深く、最後も「夜のスウィンガー」(1980年にリリースした1stアルバム『BACK TO THE STREET』の1曲目)を今の感性でフリーキーに披露してみせた。

佐野、デリコによる超貴重なセッション

LOVE

LOVE PSYCHEDELICO

アンコールは、デリコ+高桑を招き入れてボブ・ディランの「Blowin' In The Wind(風に吹かれて)」をセッション。佐野がKUMIと聴かせるヴォーカルハーモニー、NAOKIと向かい合って楽しそうにギターを弾く姿、そして「音楽的に近いセンスがあって、米国のよきルーツミュージックやブルース、70年代のロックにおいて共感を持ち合ってる仲間だから、こうして一緒のステージを踏むのは僕にとって自然なこと」という佐野の言葉……すべてが印象的だった。

LOVE

LOVE PSYCHEDELICO

さらに、佐野とデリコによる貴重なトークセッションも実現! お互いの音楽的魅力、どんな音楽を作りたいか、影響を受けたギタリスト、「Last Smile」ができるきっかけ、ものすごく素朴な疑問などなどが約30分にわたって繰り広げられ、いつまでも話は尽きない様子だった。なお、ライヴとトークの模様は『ローリングストーン』11月号(10月10日発売)にも掲載される。

(文:田山雄士 撮影:平野タカシ)

<■ SET LIST■

【LOVE PSYCHEDELICO】
01.Your Song
02.Beautiful days
03.It's Ok, I'm Alright
04.裸の王様
05.Last Smile
06.Mood(Curly Giraffe カバー)
07.LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~

【佐野元春&THE HOBO KING BAND】
01.トーキョー・シック
02.月と専制君主
03.マナサス
04.C'mon
05.カム・シャイニング
06.約束の橋
07.ドクター
08.夜のスウィンガー

【佐野元春&THE HOBO KING BAND×LOVE PSYCHEDELICO】
01.Blowin' In The Wind(風に吹かれて/ボブ・ディラン カバー)


「佐野元春」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

BLOOD MOON

BLOOD MOON

演奏者 佐野元春&THE COYOTE BAND 
歌と演奏 佐野元春&THE COYOTE BAND 
作詞 佐野元春 
作曲 佐野元春 

 作品詳細・レビューを見る 

LOVE PSYCHEDELICO THE BEST

LOVE PSYCHEDELICO THE BEST

演奏者 LOVE PSYCHEDELICO 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS