J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライブレポート】進化したWHITE ASHを堪能!「Put A Smile On Your Face!」追加公演ファイナル

2015年11月10日(火) 15:19配信

WHITE ASH

WHITE ASH(撮影/柴田恵理)

WHITE ASHが全国7ヵ所をまわったツアー「Put A Smile On Your Face!」の追加公演となるファイナルが代官山ユニットで開催された。キャパシティ600人のユニットは、WHITE ASHが立つには、やや狭め。ソールドアウトとなった会場には、満員のお客さんが詰めかけ、ツアータイトル“みんなで笑おう”が意味するとおり、まさに顔が見える距離感で、メンバーとお客さんが互いを感じあう、幸福な音楽の交感が繰り広げられた。

ライブを通じて描くストーリー、スタート!

正義と悪をテーマにした『Insight / Ledger』というシングルのうち、ダークヒーロー的な視点で“悪”を描いた「Ledger」からライブはスタートした。およそロックバンドのライブでオープニングを飾るには似つかわしくないと思える暗いトーン。だが、天邪鬼でもあり、そこに美学を見出すWHITE ASHらしいはじまりだ。「最初から飛ばしちゃってもいいですか!?」と、のび太(Vo・G)。ここから「Thunderous」(『WALTZ WITH VALKYRIE』)Kiddie」と、WHITE ASHの楽曲のなかでも、とりわけダイレクトに身体を揺さぶるナンバーが立て続けに披露されていく。

怒涛の6曲を終えたところで、ハァハァと息を切らしながら、「次は、こう(腰を揺らして)、みんなにそれぞれ自由に楽しんでもらいたい。そういう曲をお届けします」と、のび太。重厚感のあるグルーヴに美しいメロディが映える日本語詞のバラード「Hopes Bright」では、メンバーの背を鮮やかに光が照らし出し、ガツンとキメのブレイクを挟む。そして、ラストで《僕らの明るい希望》というフレーズがねっとりと紡ぎ出される。

世に夢を、希望を歌うバンドは数あれど、こんなにもドス黒い希望の音色は他にない。シングル『Insight / Ledger』の3曲目に収録の「The Phantom Pain」では、ズシン、ズシンと大きく刻むリズムのなかで、ユニゾンする山さん(G)とのび太のツインギターが曲をリード。ハードボイルドな男の生き様をイメージして作ったという1曲が、静かにフロアを熱くした。

この日は、8月にリリースされたシングル『Insight / Ledger』のリリースツアーということで、その収録曲である4曲が、ライブのハイライトとなる場所で、印象的に演奏されていった。それはまるで、ライブを通じてひとつのストーリーを紡ぐようでもあり、WHITE ASHというバンドが持つ個性と多面性とをよりいっそう浮彫りにする見事な手法だった。

今回バンドの初の試みとして取り入れたリクエストコーナーでは、ひと足早いクリスマスプレゼントとばかりに「Xmas Present For My Sweetheart」を届けてくれた。そして、4人のハーモニーがホーリーなムードを作り上げると、「学園天国」のヘーイヘイヘイ!のコール&レスポンスで盛り上げたパーティーソング「Pretty Killer Tune」(『Velocity』c/w)へ。ふだんのライブではあまり披露されないレアなナンバーが会場を沸かせた。

盛り上がり最高潮の終盤!結末は極上のバラード

そして、「ここからはガツガツした曲をやろうと思います!」と、いよいよライブは終盤へ突入。ステージを真っ赤に染め、凶暴な3拍子がスリリングに鳴る「Casablanca」を皮切りに、のび太がピックを口にくわえて自ら手拍子を煽った「Number Ninety Nine」(『Ciao,Fake Kings』)、さらに、「Jails」(『Quit or Quiet』)では剛(Dr)と山さんが、「Crowds」では剛と彩(B)がそれぞれ向き合ってプレイする姿も見せ、ライブに欠かせない定番曲が惜しげもなく披露された。

その勢いのまま、シングル表題曲の「Insight」でこの日の盛り上がりはピークへ。「次でラスト1曲です」と、のび太が名残惜しそうに告げると、フロアからは「えーっ!」と悲痛なリアクション。ラストは、カップリング4曲目にありながら、メンバー全員が大好きだという極上のバラード「Aurora」で締めくくった。稀代のメロディメーカーでもあるのび太が紡ぐ、とても優しくて切ないメロディは、この日WHITE ASHが全18曲のライブを通じて描いたひとつのストーリーに、温かい結末をもたらしてくれるものだった。

アンコールでは、メンバーから来年ニューアルバムをリリースすることが発表され、そこに収録される新曲「Blaze」がいち早く披露された。スピード感のあるリズム隊の重低音と、ドライブするギター、そしてドラマチックなサビへ。これまでの作品で言うならば、「Crowds」「Kiddie」のような衝動を彷彿とさせながら、それは進化したWHITE ASHの新しいサウンドだった。そして、否応なしに高まる新作への期待を抱きながら、ラストナンバー「Stranger」(『On The Other Hand, The Russia is…』)へ。

思えば、この日のライブは、前作アルバム『THE DARK BLACK GROOVE』の流れにあった、リズム&グルーヴを重視した最近のライブとは一味違う内容だった。スピーディかつアグレッシヴなバンドサウンドで攻めるWHITE ASHの“その先”。そんなムードをひしひしと感じさせてくれるものだった。

WHITE ASHは12月に福島と東京で初となる自主企画チャリティーライブ「Cycle」を開催する。バンドは新たなチャレンジと共に2015年を締めくくることになる。

(文:秦理恵/撮影:柴田恵理)

「white ash」の記事をもっと読む

WHITE ASH オフィシャルウェブサイト


「WHITE ASH」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

Insight/Ledger

Insight/Ledger

演奏者 WHITE ASH 
歌と演奏 WHITE ASH 
作(ライター) WHITE ASH 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. RADWIMPS、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲「カタルシスト」のMV公開!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS