J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

DIR EN GREY「今から始まるお前らと俺たちの新しい未来に向けて」 2月5日&6日 日本武道館ライブレポート

2016年2月15日(月) 18:18配信

DIR EN GREYが2014年12月にリリースした、現時点での最新アルバム『ARCHE』。その作品タイトルを冠した日本武道館公演2DAYS(2月5日&6日)は、まさしく『ARCHE』の本質を徹底的に提示する内容だった。

激しく劇的で、哀しみも痛みも内包した彼らの音楽とパフォーマンスの凄まじさに圧倒され、そして感動し、最後の曲が終わった瞬間、稚拙な言い方だけれども“凄い”という言葉しか出てこなかったというのが正直なところだ。

DIR EN GREY

DIR EN GREY(2月5日 日本武道館)

初日は『ARCHE』完全再現といった趣のセットリストで、「and Zero」や「てふてふ」といった完全生産限定盤収録のナンバーも中盤に組み込みつつ、冒頭からアルバムの曲順通りにプレイ。

一方で2日目はすべて解体され、曲順が再構築されただけでなく、ステージ後方の巨大スクリーンを使用した映像エフェクトも別物になるというこだわりようだ。また、ダークヒーローのごとき彼らの立ち姿のカッコ良さは筆舌に尽くし難く、武道館の広いステージに実によく映える。

メニューの大部分を占めた『ARCHE』収録のナンバーはコンパクトな長さのものが多く、彼らの変わらぬ根源がライヴではより明瞭に浮き彫りになる。

日本人ならではの侘び寂びが際立つ「空谷の跫音」や「濤声」の叙情性は『MACABRE』(2000年)を完成させた頃にはすでに確立されていたし、その対極にいるブルータル極まりない激烈曲「The inferno」が撒き散らす凶暴性もまた突然変異ではなく、初期から順当な進化を重ねた末ここに至っている。メタル由来のツインリードのハーモニーも聴ける「鱗」などはルーツのひとつをストレートに提示しており、場内にヘッドバンギングの嵐を巻き起こしたその画も圧巻だった(現実のステージとMVを交錯させた2日目のトリッキーな映像も見事!)。

また両日ともアンコールでは、驚嘆の声が上がったレアなナンバーが複数お目見えしたが、特に初日、「【KR】cube」のイントロのノイズが流れた瞬間のどよめきは相当なものだった。楽器隊は懐かしいシェイプのモデルを手にするなど、ファンにはタマらなかったはず。

ただ、こうしたある種のサプライズナンバーを持ってきた場合、その印象が強烈すぎて、ともすると今回のライヴの芯となる『ARCHE』の世界がぼやけてしまう危険性がある。しかし、臆することなくそれができてしまうのは、迷走でも開き直りでもなく、もはやDIR EN GREYは揺るぎないことを彼ら自身が確信しているからだろう。

それは1stアルバム『GAUZE』の封印を解いた2014年のツアーが証明しているし、結果これらの曲は、今後行なわれる過去の各アルバムを主題とするツアーの布石にもなっていた。その場限りの打ち上げ花火ではなく、やはり彼らの動きはすべて繋がっていくのだ(「【KR】cube」を収録した『MACABRE』メインのツアーは発表されていないが……果たして?)。

「今から始まるお前らと俺たちの新しい未来に向けて…ラスト! お前らの声を聴かせてくれ!」(京)

アジテーションを除けば唯一のMCといえる京(Vo)のこの言葉に導かれて2DAYSのラストを飾ったのは、初日のオープニング曲だった「Un deux」。

ここではスクリーンに歌詞が映し出され、“熱く生きろ”と訴えているかのようなメッセージを歌う彼は、オーディエンスの一人ひとりを指差していく。曲の終盤には、『ARCHE』リリース後のツアーデイトが映画のエンドロールのように流れ、ここに『ARCHE』が完結した--。全メニューを終えた後、思い思いにステージ上からオーディエンスとコンタクトをとるメンバー。その表情が一様に満足げだったことが、この2日間の充実ぶりを物語っていた。

(文・早川洋介 撮影:江隈麗志(Youth)、福士 絢、石川優子)

DIR EN GREYツアー情報

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 情報

6月03日(金)【愛知県】Zepp Nagoya

6月04日(土)【愛知県】Zepp Nagoya

6月11日(土)【宮城県】仙台PIT

6月12日(日)【宮城県】仙台PIT

6月16日(木)【大阪府】なんばHatch

6月17日(金)【大阪府】なんばHatch

6月19日(日)【岡山県】倉敷市芸文館

7月01日(金)【東京都】新木場STUDIO COAST

7月02日(土)【東京都】新木場STUDIO COAST

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]

SEPTEMBER 2016

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]

NOVEMBER 2016

※詳細は後日発表

DIR EN GREYリリース情報

LIVE Blu-ray & DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』

2016年6月リリース!

DIR EN GREY NEW SINGLE

2016年7月リリース!

※詳細は後日発表!

DIR EN GREYオフィシャルサイト

DIR EN GREYの関連記事をもっと読む


「Dir en grey」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【注目の話題作!】超絶観たい映画−今月のイチオシは『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

    1位

  2. 【インタビュー】千葉雄大、高校生役も違和感なし「今回はブレザーか、と思うくらい」

    2位

  3. 【ヤバい!】実写『帝一の國』フンドシ太鼓のVR動画が公開!イケメン度数が高すぎる!

    3位

  4. 【レビュー】『怒り』―感動的ながら、原作の完成度を逆説的に証明してしまった映画

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 乃木坂46・衛藤美彩、セクシーカット満載写真集に「33兆点」 松村沙友理は“お尻ライバル”
  • 元日テレアナ・脊山麻理子、会見中に黒ガーターベルト姿を披露
  • 人気グラドル・都丸紗也華、小峠の壁ドンに胸キュン?
  • 100センチIカップの柳瀬早紀 「パイポジに慣れてきました」『やなパイ2』
  • りょうか、「脱ぎ方も大人に…」 3年ぶりのDVD『LAST FANTASIA』
  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS