J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

今春注目のバンド・パノラマパナマタウン インタビュー「他と違うものを聞きたい人はまず僕らを聞いてください」

2016年3月1日(火) 12:00配信

数々の音楽オーディションで賞を勝ち取り、大型フェスでもその存在感を残しつづけ話題を生んでいるパノラマパナマタウン。そんな彼らから初の全国流通ミニアルバム「SHINKAICHI」が3月2日に放たれる。パノラマパナマタウンとはいったいどんなバンドなのか、Vo.岩渕想太に問いかけてみた。(インタビュー&文:岩田知大)

パノラマパナマタウン

パノラマパナマタウン

―どのように結成されたバンドですか?

岩渕 大学の軽音楽部で、ドラムの夢希に4人が誘われて結成しました。4人全員が同じ大学の軽音楽部で、同じ学年です。

―パノラマパナマタウンという特徴的な響きのバンド名ですが、なぜこのバンド名になったのですか?名前を付ける際の由来などはありましたか?

岩渕 由来は特にありませんが、「パノラマパナマタウン」という語呂の良さでバンド名を決めました。ですが、強いて言えば、見渡すイメージだったり俯瞰のイメージだったりを表す「パノラマ」という単語は使おうと決めていました。

―楽曲を聴いて、この人達はどんな音楽を聴いてきて、どんな育ち方をしたのかと純粋に疑問を抱いてしまいました(笑)。メンバーそれぞれの音楽的なルーツや影響を受けたアーティストがいれば教えてください。

岩渕 4人とも好みがバラバラなので……メンバーというよりは、私ボーカル岩渕のルーツになってしまいます。NUMBER GIRL、くるり、ゆらゆら帝国、Pixies、The Libertines、BUDDHA BRANDなど。ゼロ年代(2000年代)の邦ロックの雑多感、ガレージロックの勢い、日本語ラップの間のとり方などが自分の音楽的なルーツになっている気がします。

―ガレージロックからファンク、ヒップホップなど、多彩な要素が1曲の中でも予想外に飛び交ってくるところがバンドの特徴だと思っていて、個人的に癖になっています。普段はどのように楽曲制作をされているのですか?

岩渕 軸となる楽曲のリフや、大体のメロディを僕が作っていって、その後はスタジオで「ああでもない、こうでもない」とメンバーと一緒にこねくり回します。その場のノリや雰囲気で作ったものが上手くいくことのほうが多いかもしれない。

ノリでやってきたものが、バンドとして自信もつき、強度を増していった

―今までに配信されてきた楽曲のPVはどれも良い意味で適当さと自由さが盛り込まれている作品ばかりで、素直に笑ってしまいました。特に今回のミニアルバムにも収録されている「いい趣味してるね」のPVなど、「よく撮影出来たな(笑)」と思うような作品で。PVはどのように制作されてきたのですか?今までの作品の撮影で大変だった事などありますか?

岩渕 僕たちのバンドはとにかくお金がないので、PVは全部自分たちで脚本や構図を考えて制作していました。出演者も友達を集めて、ビデオもホームビデオで撮っていましたね(笑)。大変さでいうと、「ロールプレイング」のPVは、早朝に一発撮りで撮ったので、全部で8テイク程やって辛かったです。かなり寒かったし(笑)。

―今回の全国流通デビューまでにさまざまな音楽のオーディション(MASH A&R、RO69 JACKなど)でグランプリや賞を取られてきましたが、今に至るまでのバンド活動で苦労した面など、活動経緯を教えてください。

岩渕 「他と違うことがしたい!」という思いだけでやってきて、曲作りもバンドの運営もふざけながらやってきたので、そこまで苦労したことはなかったです。ノリでやってきたものが、いろんな賞をとるにつれ、バンドとして自信もつき、強度を増していったというイメージでしょうか。

―バンド初の全国流通ミニアルバムとなる「SHINKAICHI」が3月2日に発売となりますが、アルバムタイトルの由来や作品のコンセプトなどあれば教えてください。

岩渕 タイトルにしている神戸「新開地」っていう場所は、寂れた商店街があったり、昔ながらのミニシアターのような映画館が沢山あったり、競艇の場外発売所があったり。ちょっと歩いたら神戸の都会があったり、港があったり、とにかく色んな人や物が雑多に存在する場所で、そういう雑多を肯定するアルバムになっていると思います。多くの人が通ってきた場所かもしれないし、忘れようとしてきた場所かもしれないけど、そうした場所から整理されずに生まれるものこそ新しい……。音楽に関しても全く同じことが言えると思う。大それたことを言えば、新しいロックのスタンダードを作ろうとしました。そういった意味で、今回のタイトルである「SHINKAICHI」は、“新しく開く場所”という意味でもある「新開地」もかかっています。

―社会や日常に対する不満や疑問をさまざまな言い回しで表現されている歌詞は、パノラマパナマタウンの確固たる「メッセージ」だと感じて読み込んでしまいました。ラップ部分も含め作詞をされる際にこだわっている部分はありますか?

岩渕 普段生活していて、物事を俯瞰したり、冷めた目で見てしまったりすることが多く、そういった経験から生まれる歌詞がほとんどですね。「このままでいいのかよ!」って思いは常に抱えていて、そういった部分が表現したいことなんだと思います。あとは、日本語ラップの影響なのですが、語呂の良さとか言いやすさとかは常に意識をしていますね。

―今作の収録曲でも「クラリス」のようなガレージロックにファンクサウンドを飛び道具として組み込まれた楽曲があったり、「世界最後になる歌は」のようにミクスチャーサウンドの楽曲があったりと、多彩な楽曲ばかりですが、どのようにアルバム制作を進めていきましたか?制作で苦労した曲はありますか?

岩渕 自分達が演奏していて飽きないように、楽しめるようにと作られた楽曲ばかりなので、苦労はそこまでなかったですね。スタジオで演奏される雰囲気がそのまま詰め込まれた曲が多いと思うんですが、3曲目の「とりこまれる」なんかは、時間をかけた割に、上手く“無茶苦茶感”や“悪ふざけ感”を詰め込めた曲になっていると思います。

“他にないこと”をメインストリームにすることが野望かな

―昨年は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」などの大型フェスにも出演を果たし、今年も「VIVA LA ROCK 2016」などへの出演も決まっていますが、これらの経験を活かし、バンドとしてどのように成長していきたいと思いますか?

岩渕 活動していく中で、もっと幅広い楽曲を製作できるようになりたいし、それぞれのジャンルの強度を高めていきたいです。ライブもライブハウスの熱量を大舞台になっても持っていけるようになりたい。

―パノラマパナマタウンとしての強みはどこにあると思いますか?これからの目標や野望を教えてください。

岩渕 “他にないこと”をやっているのが強みだと思いますね。その“他にないこと”をメインストリームにすること。パノラマパナマタウンでアートワークや映像も含めたムーブメントを作るのが野望です。どういうジャンルに入れればいいかわからないってよく言われるんですが、バンドとしてそれって逆に「チャンスだなー」と感じています。

―3月にはレコ初やその他イベントなど、多くのライブが決まっていますが、パノラマパナマタウンのライブの魅力を教えてください。または、ライブでこだわっている点などを教えてください。

岩渕 ライブは、自分たちが楽しむことに重きを置いてやっています。打ち込みも電子音もないので、テンションによって上下するバンドサウンドや熱量の高さが、このバンドの持ち味だと思います。

―最後に、読者の方へ今回リリースされるミニアルバム「SHINKAICHI」とバンドのアピールポイントを叫んでください。

岩渕 届くべき人に届いてほしいなと思ってこのアルバムを作りました。今のシーンで、他と違う新しいものを聴きたいという人は、とりあえず僕らを聴いてもらいたいです。話はそこから。

パノラマパナマタウン リリース情報

SHINKAICHI

3月2日発売

ROJR-0054 ¥1500(税抜)

収録曲: 1. SHINKAICHI 2. いい趣味してるね 3. とりこまれる 4. クラリス 5. 世界最後になる歌は

パノラマパナマタウン ライブ情報

1st mini album『SHINKAICHI』レコ発イベント「いい趣味してるスリーマン」 イベント情報
3月16日(水) 兵庫 神戸太陽と虎
開場:18:30 開演:19:00 前売:2500円
出演:パノラマパナマタウン、プププランド、岡崎体育

「パノラマパナマタウン×愛はズボーン 合同アウトストアイベント」
3月18日(金) 東京 下北沢ERA
開場:19:00 開演:19:30
出演:パノラマパナマタウン、愛はズボーン
※チケット無料、要イベント参加券

パノラマパナマタウンの関連記事をもっと読む

パノラマパナマタウン オフィシャルサイト


「J-ROCK」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS