J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

京(sukekiyo/DIR EN GREY)「自分の中の固定観念を壊していきたい」表現としての深淵を探る ロングインタビュー前編

2016年4月28日(木) 12:00配信

京

京(sukekiyo/DIR EN GREY) 

京(sukekiyoDIR EN GREYが主宰する〈京 個展2016『我葬』〉が、4月6日~10日の5日間に渡り、東京・SPACE 雑遊にて開催された。彼がこれまで発表してきた歌詩の他、書き下ろしの作品も含む詩集『我葬の詩』下巻の発売に伴う個展となり、アートワークと共にデザインされた詩・全88篇を展示(sukekiyoの公演名ではないが、空間を自由に使った“宙吊り”のものと、壁に掲示されたものがあった)。


また、『昇り眼』なる巨大な絵や、オブジェの『我葬の木』も京の手によるもので、『我葬の声』と名づけられた部屋では彼の朗読をヘッドホンで聴けたりも。さらにはスクリーンに流れる映像の前で、演劇実験室⦿万有引力による舞台芸術と呼べる演出や、尺八演奏家・岩田卓也の即興演奏などがあり、両者のパフォーマンスは京が創る“作品”と絡み合いながら生まれるものであった。

そして個展が終了して数日後、京に話を訊く機会を得た。ここでは、『我葬』や『我葬の詩』に込めた想いについて、そして、そこから派生した貴重な話まで語り尽くした“インタビュー・前編”をお届けしたい。

京 個展

京 個展2016『我葬』 会場風景

-昨年8月以来、2度目となる個展が終了しましたが、今回の手応えはいかがですか?

「前回の個展を終えてから、改善したかったところは今回全部直せたと思うんですけど、“次はこんな感じがいいな”ってものが、もうすでにあるんで。やって終わりじゃなくて、次にやりたい新しいことが明確に見えてきているから良かったなと。それでも反省点も出てきてますけどね」

-今回の展示の仕方ですが、前回のようなオーソドックスな配置ではなく、ランダムに空間に吊り下げて、なおかつ表裏で展示されたりもしていて。だから、決まった順路がないという。

「そうですね。前回も個展と言いつつ、匂いなどの空間演出で体感してもらったり、万有引力さんとのコラボを採り入れていたんですけど、さらにその上を行くとなると――自分の中の固定観念を壊していきたかったし、個展っていう概念すらもどうなのかなっていう。なんていうか、あの空間全体を自分の頭の中に見立ててというか……“これ、ジャンル何なんやろ?”っていうものにしたくて。そういう新しいところを作っていかないと意味がないなと。もちろんメインは作品なんですけど、それをちゃんと見せる/見せないとかいうことすらも、全部新しい考え方にしたかったんで。とりあえず自分が思いついたことを話して形にしたら、あんな感じになったという」

-歌詩の位置に関しては、どう決めていったんですか?

「表裏になってるのも、この歌詩の裏には、これのほうが面白いだろうなとか考えて。あとは会場に入った瞬間に見える絵柄と、奥に入ってから見える絵柄って全然違いますよね。そこで感じる世界観が、また変わってきたりする。そういうことも考えながら配置は決めましたね」

とにかく他にないものをやらないと意味がない

京自身が手がけた「昇り眼」

京自身が手がけた「昇り眼」

-そして、巨大な黒いボードに描かれた『昇り眼』は、力強くてインパクト充分でしたね。

「あれは、自分の意欲やパワー感がどんどん先に向かって昇っていくイメージで描いてます。眼がモチーフになってるんですけど、実際の眼ではなくて、真実を見る眼や心の眼といったものですね。それがどんどん新しい世界に飛んでいく――そういったことを頭に置いて描き始めたんですけど、大きい絵を描くのは初めてなので、すごく難しくて。生命的なパワー感だけでもなんとか伝えたいなと思って仕上げました。あの絵の準備期間は2日間しかなかったんで、その間に会場にちょっと行っては描いて、ちょっと行っては描いてという風にして、なんとか間に合いましたね(笑)」

万有引力

演劇実験室⦿万有引力とのコラボレーション ☆

-万有引力の方のパフォーマンスに『昇り眼』に引き寄せられる動きがありましたけど、絵に“生命感”が込められていたとなると、あの演出にもすごく意味が出てきますね。

「万有引力さんは、言葉じゃなく肉体だけで表現しているじゃないですか。パワーの塊みたいなイメージがものすごくあって、そことのリンク性は絶対あるなと思ってたんです。一応、歌詩を全部渡して、万有引力さんなりの歌詩の解釈でストーリーを考えてくださいと言って。あまりガチガチに決め込んでも良い部分を殺してしまいそうで嫌だったんで、細かい指示はしてないんですけど」

尺八

尺八演奏家・岩田卓也の即興演奏 ☆

-さらに、尺八の演奏も即興だったと聞いて驚いたんですけど、勢いと緊張感がありました。

「sukekiyoでもDIR EN GREYでも、即興で歌ったり体で表現したりするんですけど、逆に自分の声や曲をバックに即興で演奏したらどうなるんだろうな?って想いがずっと頭の中にあって。やっぱり即興でないと生命感が今イチ出ないんですよね。決まった音でも生命感はあるんでしょうけど、その時の空気感を感じたまま演奏するところに、よりパワー感が出てきたりするので。たぶん、あの方もそこを読み取ってやってくれてたと思うんですけど」

-いうなればロックとは無縁の世界の人が、京さんの声に何を感じて、どういった音を出すのかはシンプルに興味深いですね。

「逆に僕自身も、ロックっていう縛りもないんですけどね。まあ、端から見たらロックと万有引力も合わないだろうし、しかもそれをライヴじゃなくて個展でやるっていうところとか、とにかく他にないものをやらないと意味がないなって思っていて。もともと和の世界観も好きだったので、尺八のような和楽器とも合うなとは思ってたんですけど、実際やってみたらすごく相性もよかったし。尺八奏者の方も楽しんでやってもらってたので、いい化学反応ができたんじゃないかなと」

“みんなで作っていく”というところもキーワードとしてあった

我葬の木

我葬の木(京 個展2016より)

我葬の木

開催中に赤い紙が結びつけられていった『我葬の木』☆

-あとは、『我葬の木』も京さんが作ったオブジェなんですよね。

「そうですね。朗読部屋(『我葬の声』)の暖簾に印刷されていた絵は僕が描いたものなんですけど、手に眼がたくさん付いていて、さらにそこから触手みたいなものがたくさん出てるんですね。それを一度カタチにしたくて、実際に自分の手の型をとって、中央に配置して、触手を木の枝に変えて作ったんです」

-お客さんが抱える“痛み”を赤い紙に記入して、それを折りたたんで木の枝に結びつけていって、最終日に完成に至るという。

「普通だったら自分の願いを書いたりすると思うんですけど、“痛み”がテーマなので、もう真逆の負の感情しかないのもいいなぁと。しかも、みんなでただ作るんじゃなく、一人ひとりの強い想いがこもっていて、気がついたらそれが作品になっている。これは面白いなと思ったし、自分ひとりでもできないし。それと、日を追うごとにだんだん変化していくというのも、やってみたかったことだったんです。演出上の理由もあったにせよ、黒い服で来場してもらったこともそうですけど、“みんなで作っていく”というところもキーワードとしてあったので。sukekiyoのライヴでも、お客さんもそこの意志を分かった上で行動することによって、より一体感が増すというか」

-たしかに。『我葬の木』に想いを託すことで、“痛み”が浄化されるイメージだったんでしょうか?

「ええ。最終的に、お寺に持っていって供養しようと思ってます」(註:取材後の4月中旬、豊川稲荷にて『我葬の木』のお焚き上げ供養が行なわれた)

-ちなみに、京さんも用紙の中は見ないですよね?

「見ないです。想いがこもった禍々しい塊ですからね(微笑)」

新品なままって面白くない。時間の積み重ねも “一緒に作っていく”ことに通じる

 

 

-では、詩集『我葬の詩』の下巻について。装丁や構成、デザインからも伝わりますが、ものすごく想いのこもったアートな作品だなと。編集をやっている人間からすると、制作者の苦労が偲ばれますが。

「ははは、そうですよね(笑)。それを分かってくれると、すごく嬉しいんですけど。とにかく、歌詩からイメージされるデザインをデザイナーと話して、ひとつずつ詰めていく作業がもう、めっちゃ大変でした。で、僕の写っている写真も髪の毛が長かったり短かったりすると思うんですけど、この詩集用にずっと撮りためていたんですよ。ちょっとでも時間ができたら、何かの合間に撮影して、このカットはあの箇所に使おうとか」

-そうだったんですか! この外ロケ写真は「zephyr」だな、とか?

「そう(笑)。何となくですけどね。普通こういった撮影って、1日で終わるじゃないですか。それだと面白くないので、いろんな時期の自分がいるようにしたくて。そういうところでも時間をかけていたんです。あとは、自分が「輪郭」のジャケットで描いたものより以前に描いた絵も使おうと思ってデザイナーに渡したんですけど、それも今回2つぐらい使われてますね」

-「MACABRE」と「Sustain the untruth」で使っているものですか?

「ああ、そうです。デザイナーがすごく気に入っていて、これは絶対に詩集で使いたいですって」

-そして、最新の撮り下ろし写真がまた、ヴィジュアルコンセプト的にすごく凝ったものですよね。

「そうですね。個展で流れる映像のイメージとか、ライヴで自分が持ってるイメージを考えて。普段は“これだとライヴができないな”とか“動きが制限されるな”ってことがあるんですけど、(詩集や個展で使用するのであれば)まったく無の状態で考えられるから。そうすると、ああいう風になったと」

-カテゴライズ不能なスタイルで、このセンスでやれる人はそういないよなと改めて感服しました。装丁に関しては、いろいろな紙質の用紙が使われているのをはじめ、アートワークに応じて、大きさの違うページや、薄く透明なプラスチックにデザインされたページも挟み込まれていて。豪華だし、楽しめるんですよね。

「すごくボリュームがあるので、飽きられても嫌だなと考えて。そうしたなかで、ストーリー性があるほうが自分のイメージに近かったので、無理言って(特殊なページを)付けたりしたんですけど(笑)」

-読み手を飽きさせないというのは、京さんが以前言っていた「自己満足だけで終わってはいけない」ってことに通じますね。

「今って、なんでもデジタルじゃないですか。で、実際にこの詩集を手に取ってみて、“これだったらデジタルでいいや”って思われる物だと、やっぱり意味ないんで。そこに今まで以上の労力を使わないと物としての意味がないから、そこはワガママに行かせてくれっていう」

-たしかに、手元に置いておきたい物になってますしね。

「例えば、sukekiyoの作品も詩集の表紙もそうなんですけど、あのヌメっとした素材って、指紋がめっちゃ付くんですよ。でも、あれはわざとそうしてるんですよね。新品なままって面白くなかったりするんで。どんどん指紋が付いていって、それすらも“作品”になるっていうか。時間の積み重ねを感じさせるし、それもさっき言った“一緒に作っていく”ってことに通じるし、ああいったあえて痕跡が残るようなものが好きで」

-ああ、なるほど。今後は僕も気兼ねなく触れます(笑)。今回いろんな時代の詩と対峙してみて、変遷を感じたりします?

「元にあるものはあんま変わらんなぁとは思いますけど、その日によって表現の仕方や出てくる言葉が違ったりするので。生きていく中で波もあるし。それを自分なりに楽しみながら読み返したりもしますけど」

基本、すごくマイナス思考だけど…そう思ってても進まないと

 

 

-それで、詩集に収録された「Un deux」の歌詩ですが、今年2月のDIR EN GREYの武道館公演で初めてスクリーンに映していましたよね。あれは京さんの中で、改めてこの言葉を伝えたいという強い意志があったからなのかなと。

「『Un deux』は、めずらしくっていうか、すごく前向きで……今までの歌詩も“隠れ前向き”みたいな、裏メッセージという感じにはなっていたんですけど、それがちょっと表に出始めた歌詩なので、なんか自分の中でもすごく新しくて。狙ってじゃなくて、素直にスッと自然な感じで、ああいう歌詩が書けたんです。だから、ちゃんとそれを形に出したかったというか。それを他のメンバーも感じてたのかな、うん。で、武道館の時も、最初と最後は絶対に「Un deux」にしたいって言ってたんで」(註:2DAYSのうち、初日の1曲目と、2日目の最後の曲が「Un deux」だった)

―それは、京さんから発信して?

「はい。逆に言ったら、あとはもうどうでもいいぐらい(笑)。そこだけは絶対にイメージがあったので」

-今ではより多くの人たちの中で、背中を押してくれる曲として存在してると思います。今の話にも通じるかもしれないですけど、書き下ろしの「報道に耳を傾ける耳無し」と「黙詩」などは、決して分かりやすい前向きさではないけれど、“生きる”ってことが根底に感じられて。近年、京さんから自然と生まれてくるものって、そこが共通しているところなのかなと感じたんです。

「そうですね。基本、すごくマイナス思考で、あまり前向きな言い方をしないんですけど、そう思ってても進まないと……やっぱりね、何も生まれないし、駄目だと思うんで。そこをもうちょっと変えていけたらな、と思ったりはしてますけどね。詩はあまり書きためないので、その書き下ろしの詩も結構ギリギリで出来たものですし」

-特に「黙詩」は、詩集の最後に置かれていて印象的でしたし。あとは、個展で「250キロ、フルスロットルで浮かれた売女もひき殺せ」っていうタイトルを見て、ビビッとくるものがあって。

「ああ、そうですか(笑)。結構昔のものですね」

-はい。ヒリヒリするシリアスなものがある一方で、一瞬だけブラックユーモアやシュールが顔を出すところに、京さんらしさを感じていて。例えば、sukekiyoのライヴでもあのレトロ風味のCMが流れて、“でもsukekiyoのライヴで、ププッて笑っちゃいけないよな”っていう変な葛藤があるというか。

「そうそう、ちょっとしたイジメ(笑)」

-ははは、そんな意図があったとは(笑)。

「そういうのが好きだったりするんで。まあ、“真面目だけでも面白くない”じゃないけど、こうあってこそ両方活きるというか。なんかカッコつけてるばっかりもどうなの? っていうところですよね。もうちょっと自然でいいけど、でも自然すぎなのもなぁって……だから今言われたような、“これ、笑っていいの?”っていう、ちょっと考える感じみたいなものは好きですね。ま、タランティーノの映画とか好きだったりするんで(笑)」

-ああ、納得です(笑)。

「“この無駄話いる?” みたいな(笑)。心の中でツッコむじゃないですか。やっぱり、そういうものが好きだったりするんですよね」

(インタビュー・文:早川洋介  撮影:西槇太一 ☆を除く)

※京ロングインタビュー後編はこちら!

DIR EN GREYの関連記事をもっと読む

sukekiyoの関連記事をもっと読む

京 詩集『我葬の詩』下巻

2016年4月発売 ※数量限定

Deluxe Edition with 湯呑み ¥9,000(税抜)
ハードカバー仕様 / A5変型 / 200 pages / フルカラー [封入特典]オリジナル湯呑み
Deluxe Edition ¥7,800(税抜) ※sold out
ハードカバー仕様 / A5変型 / 200 pages / フルカラー

[収録内容]
●DIR EN GREY
「24個シリンダー」「Machiavellism」「VINUSHKA」「Un deux」等、3rd ALBUM『鬼葬』から9th ALBUM『ARCHE』までに収録されている61編
●sukekiyo
「hidden one」「scars like velvet」「hemimetabolism」「maniera」等、1st album『IMMORTALIS』、1st mini album『VITIUM』、会場限定single『耳ゾゾ』に収録されている14編
●書き下ろし新作
「偶像」「報道に耳を傾ける耳無し」「黙詩」等、7編
●撮り下ろし写真

そのほか、現在入手はほぼ不可能となっている京詩集第一弾『自虐、斂葬腐乱シネマ』(2001年)より2編、『前略、お元気ですか。最果ての地より名も無き君に愛を込めて…』(2004年)より4編を収録。

京公式通販サイト<Penyunne Zemeckis>にて発売中

※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。

sukekiyo 1stシングル「ANIMA」

2016年4月発売

京公式通販限定盤【数量限定】CD+Blu-ray + Special Booklet PZSK-016~17 \6,019(税抜)

DISC 1 [CD]
01. anima 02. 12時20分金輪際 03. 304号室 舌と夜 04. elisabeth addict (Acoustic Ver.) 05. leather field Collaboration with TUSK (新宿心音会, THE SLUT BANKS)

DISC 2 [Blu-ray]
◆ Music Video
01. anima 02. 12時20分金輪際
◆ Live Footage  2015.12.2 東京国際フォーラム
01. foster mother 02. aftermath 03. hidden one 04. 斑人間 05. in all weathers

京公式通販サイト<Penyunne Zemeckis>にて発売中

※京公式通販サイトおよびsukekiyo公演会場のみの販売となります。
※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。予めご了承ください。

※iTunes Storeにて1stシングル『ANIMA』より「anima (Edit Ver.)」、1stアルバム『IMMORTALIS』(2014年作品)、1stミニ・アルバム『VITIUM』(2015年作品)が配信中!
iTunesで見る https://itunes.apple.com/jp/artist/sukekiyo/id768011895

sukekiyo 二〇一六年公演「裸体と遊具、泥芝居に讃歌の詩」-漆黒の儀-

7月17日(日)東京都・調布市グリーンホール
開場 16:30 / 開演 17:00
[席種]指定席
[お問合せ] NEXTROAD 03-5114-7444 (平日12:00~18:00)
※ドレスコードあり
※未就学児童入場不可

■京 online先行
・「我心」 12,100円(税込)
・「是空」 11,600円(税込)
・通常指定席 10,000円(税込)
[受付期間] 4月25日(月)12:00~5月1日(日)23:59
[枚数制限] お一人様 4枚まで

「我心」及び「是空」について
※official mobie site 京 online会員のみご購入いただけるオリジナル特典付き特別チケットです。
※「我心」は1F指定席前方、「是空」は2F指定席前方となります。
※オリジナル特典は当日、会場の指定窓口にてお渡し致します。

■sukekiyo official site先行
・通常指定席 10,000円(税込)
[受付期間] 5月16日(月)12:00~5月29日(日)18:00
[枚数制限] お一人様 4枚まで

■一般発売
・通常指定席 10,000円(税込)
[受付期間] 6月18日(土)~

京オフィシャルサイト

sukekiyoオフィシャルサイト

DIR EN GREYオフィシャルサイト


「京」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

VITIUM

VITIUM

演奏者 sukekiyo 
歌と演奏 sukekiyo 
作曲 sukekiyo 

 作品詳細・レビューを見る 

ARCHE AT NIPPON BUDOKAN

ARCHE AT NIPPON BUDOKAN

出演者 DIR EN GREY 
概要 2016年2月5日、6日に行なわれた日本武道館2DAYS公演の模様を、全曲ノーカットで収めた映像作品。「【KR】cube 」「CHILD PREY」など過去曲も交え、巨大LEDスクリーンに投影した映像を駆使した圧巻のステージを展開している。

 作品詳細・レビューを見る 

詩踏み

詩踏み

演奏者 DIR EN GREY  SUGIZO(LUNA SEA) 
歌と演奏 DIR EN GREY 
作曲 DIR EN GREY 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【大河ドラマ・おさらい解説】『おんな城主 直虎』高橋一生“政次ロス”がまたしても歴史好きを唸らせた理由

    1位

  2. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    2位

  3. 新曲「Mint」が話題の安室奈美恵 絶対聞いておくべきおすすめ10曲!

    3位

  4. 星野源、あの“おげんさん”が復活? 3日連続「意味深ツイート」でファン悶々

    4位

  5. 新作映画『ReLIFE リライフ』を観るべき3つの理由――漫画アプリ発!ありそうでなかった青春“やり直し”映画

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS