J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Czecho No Republic、sumika、バニラズ、パスピエetc.チェコと7組の夢の競演! 「ドリームシャワー2016」ライブレポート

2016年7月7日(木) 13:10配信

Czecho No Republic(チェコノーリパブリック)の主催イベント「ドリームシャワー2016」が新木場コーストで開催された。

「ドリームシャワー」はチェコが結成当時に行なっていた企画ライブ。昨年、日比谷野音の初ワンマンでバンド結成5年の集大成ライブとして復活したことも記憶に新しいが、今年はsumika、go!go!vanillas、パスピエら、チェコが愛してやまない7組のバンドを迎えたフェス形式で開催。MCに“フテネコ”でお馴染みの芸人、芦沢ムネトによるトークを交えながら、ふたつのステージを交互に展開していくライブはもちろん、敷地内ではメンバー特製のフードも満喫できる、とてもハッピーでピースフルな空間だった。

 

Czecho No Republic 撮影:鈴木公平 

メインステージではsumikaとバニラズが!

sumika

sumika 撮影:鈴木公平

メインステージとなるMAGIC STAGEのトップバッターはチェコと同じ事務所の盟友でもあるsumika。ボーカル片岡健太(Vo・G)が「Czecho No Republicが託してくれたトップバター、愛情をもって1等賞をとりにきました!」と言うと、「ソーダ」から「「伝言歌」」まで、お客さんを優しく巻き込むアットホームなパフォーマンスでイベントの口火を切った。

sumika 撮影:鈴木公平

go!go!vanillas 撮影:鈴木公平

今回の「ドリームシャワー」開催にあたり、チェコの武井優心(Vo・B)がいちばんに声をかけたというgo!go!vanillasは否応なしに体を動かしたくなる熱いロックンロールでフロアを掌握。そのステージと同じ名前を持つ「マジック」や、ライブ定番の「オリエント」など、いまのバンドの勢いを象徴する、弾丸のような攻めのステージだった。

go!go!vanillas 撮影:鈴木公平

lovefilm 、Helsinki Lambda Club、Yogee New Wavesらフレッシュな顔ぶれ


  • lovefilm 撮影:半田安政(Showcase)

  • lovefilm 撮影:半田安政(Showcase)

  • Helsinki Lambda Club 撮影:半田安政(Showcase)

  • Helsinki Lambda Club 撮影:半田安政(Showcase)

  • Yogee New Waves 撮影:半田安政(Showcase)

  • Yogee New Waves 撮影:半田安政(Showcase)

  • パスピエ 撮影:鈴木公平

  • パスピエ 撮影:鈴木公平

そんなMAGIC STAGE。ステージ上にはやしの木が飾られていて、南国ムードでお客さんを迎え入れてくれたが、一方、会場脇に設置された小さめのステージ「MIRAGO STAGE」も可愛らしいフラッグガーランド(三角旗)があしらわれていた。

そこに登場したのはthe telephonesの石毛輝(G)や岡本伸明(B)らによる“新人バンド”lovefilmをはじめ、UKプロジェクトのオーディションで優勝を果たしたHelsinki Lambda Club、さらに2010年代の新しいポップミュージックの担い手として注目を集めるYogee New Wavesの3組。

彼らのことは初めて見るお客さんも多かったと思うが、温かく見守る会場の雰囲気がとても良かった。「僕らもいまはメイン(ステージ)でやってるけど、昔は新木場コーストと言えば、あっち(小さいステージ)だった。そういうのを経てみんなやってるんだと思います」と武井は言っていた。この主催イベントはチェコがかっこいいと思う音楽を、チェコを好きなお客さんに繋げていく意義深いイベントだ。そして同時にこういう場所で育ってきたバンドらしい、音楽への恩返しのような場所でもあるのかもしれない。

メインステージのトリ前に登場したパスピエは和メロとシンセが絶妙に絡み合うダンスチューン「MATATABISTEP」をはじめ、大胡田なつき(Vo)を中心とする怪しげで艶やかな世界観が圧巻だった。「俺らと南国の似合わなさっ(笑)!」と成田ハネダ(Key)は言っていたが、緻密なバンドアンサンブルによって言葉にならない昂揚感を生むポップミュージックのあり方はチェコととても似ている。

ジャンルや音楽性ではなく、Czecho No Republicを媒介にしたこの日のラインナップは予想以上に素晴しかった。開演から4時間。そんなことを考えていると、いよいよトリを飾るチェコの出番だ。

より力強くなったチェコのバンドサウンド


  • Czecho No Republic 武井優心 撮影:鈴木公平

  • Czecho No Republic タカハシマイ 撮影:鈴木公平

  • Czecho No Republic 砂川一黄 撮影:半田安政(Showcase)

  • Czecho No Republic 八木類 撮影:半田安政(Showcase)

  • Czecho No Republic 山崎正太郎 撮影:半田安政(Showcase)

  • Czecho No Republic 撮影:半田安政(Showcase)

  • Czecho No Republic 撮影:半田安政(Showcase)

  • Czecho No Republic 撮影:半田安政(Showcase)

「エレクトリカルパレード」のSEにのせて登場したCzecho No Republicの5人はいきなり「Amazing Parade」からスタートした。武井とタカハシマイ(Vo・Key)による男女ツインボーカル、山崎正太郎(Dr)の長身から繰り出すパンキッシュなドラム。八木類(G・Key)は曲ごとにギターとシンセを使いわけたかと思えば、砂川一黄(G)がステージ際で奏でるいなたいギターソロも存在感がある。

「NO WAY」から「Festival」へ、ライブの定番曲が惜しげもなく披露されていく贅沢なセットリスト。多くのフェスやイベントで場数を踏み、より力強くなったチェコのバンドサウンドは、夜はクラブ会場へと変わる新木場コースト特有のド派手な照明の効果もあって煌びやかにフロアを彩っていった。

7月20日にリリースされるニューアルバム『Dreams』からのリード曲「Electric Girl」はタカハシがリードボーカルをとるEDMナンバーだった。作品ごとに楽曲の雰囲気を変えるCzecho No Republicが最新アルバムで取り組んだ“夏”というテーマを象徴する爽快な楽曲は、リリース前にも関わらずお客さんからのレスポンスも抜群に良い。

同じくアルバムからのラテンな1曲「Dream Beach Sunset」ではお客さんがフラミンゴポーズで一体に。ちょっと不思議な光景だったが、とにかく誰もが最高に楽しそうな笑顔だった。

「いろんなかたちの音楽の正解があって、違うほうを向いてるけど全部感動的だった」

「最後一緒にジャンプしよう!」と武井がハンドマイクでフロアを煽ったハイテンションなロックナンバー「Oh Yeah!!!!!」まで全9曲。本編が終わるまで本当にあっと言う間だった。アンコールでは「いろんなバンドが出てて、みんな俺が好きなバンドで。いろんなかたちの音楽の正解があって、違うほうを向いてるけど全部感動的だった」と武井。「目から汁が出そうになりました」と言うと、すかさず砂川が「涙って言いなさいよ!」とつっこんだのはお約束だが、その感動すら素直に言えない照れ隠しも武井らしかった。

アンコールの最後に披露した「ダイナソー」では、この日の出演者のほとんどがステージに上がる大円団。lovefilmのノブは好き勝手にステージ上の楽器を弾いていたり、石毛&片岡&牧のボーカリスト3人が肩を組んで歌っていたり、自由で気の置けない雰囲気が素敵だった。

曲を終えて、最後にMCの芦沢に「何か言えば?」と促された武井。「また来年も来てくれるかな?」とフロアに問いかけると、もちろん「いいともー!!」の声が溢れ返った。初めてフェス形式になった「ドリームシャワー」。その第1回目の大成功を受けて、このイベントがこの先Czecho No Republicの恒例になりそうな予感が堪らなく嬉しかった。(文:秦理絵)

セットリスト

【MAGIC STAGE】

sumika
1.ソーダ 2.ふっかつのじゅもん 3.Lovers 4.sara 5.「伝言歌」

go!go!vanillas
1.マジック 2.エマ 3.デッドマンズチェイス  4.ヒンキーディンキーパーティークルー 5.スーパーワーカー  6.カウンターアクション

パスピエ
1.とおりゃんせ2.ヨアケマエ3.はいからさん4.永すぎた春5.裏の裏6.MATATABISTEP7.トキノワ

Czecho No Republic
1 Amasing Parade 2No Way 3 Festival 4 MUSIC 5 24factory 6 Electric Girl 7 Forever Dreaming 8 Firework 9Oh Yeah!!!!!!!
En Dream Beach Sunset ダイナソー

【MIRAGO STAGE】

lovefilm
1.Vomit 2.Honey Bee 3.新曲 4.Kiss 5.Hours

Helsinki Lambda Club
1.しゃれこうべ しゃれこうべ 2.ユアンと踊れ 3.All My Loving 4.メサイアのビーチ 5.Lost in the Supermarket 6.マニーハニー 7.シンセミア 8.TVHBD

Yogee New Waves
1. Like Sixteen Candles 2. Good Bye 3. Climax Night 4. Fantasic Show 5. Dreamin' Boy

Czecho No Republicの関連記事をもっと読む


「Czecho No Republic」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

DREAMS

DREAMS

演奏者 Czecho No Republic 
歌と演奏 Czecho No Republic 
作詞 Masami Takei  タカハシマイ  八木類 
作曲 Masami Takei  タカハシマイ  八木類 

 作品詳細・レビューを見る 

アンサーパレード

アンサーパレード

演奏者 sumika 

 作品詳細・レビューを見る 

Rockin’ Zombies

Rockin’ Zombies

演奏者 THE BAWDIES×go!go!vanillas  THE BAWDIES × go!go!vanillas 
歌と演奏 THE BAWDIES  go!go!vanillas 
作詞 ROY  Ryo Watanabe  Tatsuya Maki  TAXMAN 
作曲 Tatsuya Maki  ROY  TAXMAN 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS