J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

MERRY 15年の歴史を凝縮したツアーファイナル 2016.7.28 恵比寿LIQUIDROOM

2016年8月4日(木) 15:22配信

MERRYの全国ツアー“MERRY 2016 Summer Tour「-15- Sheep」”が、7月28日恵比寿LIQUIDROOMでファイナルを迎えた。

このツアーは今年15周年を迎えるMERRYが全国13ヵ所15公演を巡るもので、約2年間怪我の療養を行っていたテツ(B)の完全復帰後初のツアーであった。それだけに、15公演の一つ一つが彼らにとって、またファンにとっても感慨深いものであったに違いない。

とりわけツアーファイナルの会場である恵比寿LIQUIDROOMは、5年前MERRYが結成10周年ライヴ「MERRY 10th Anniversary NEW LEGEND OF HIGH COLOR『6DAYS』」公演を行なった場所で、思い出深い会場の一つだ。この時彼らは過去のアルバムの世界観を1枚ずつ再現する濃厚なステージを見せたが、今回のツアーで見せたのは15年の歴史をギュッと凝縮した濃密なものだった。

 

 

この10周年の後、5年の間に、ガラ(Vo)の椎間板ヘルニアの手術、テツの怪我療養を経て、MERRYのステージの様相は随分と変化した。

バンマスである結生の傍らにはPCが配され、ギタリストとしてだけではなくマニュピレーターとしての役割も担い、MERRYのサウンドの幅をより広げたし、パワフルなドラミングが持ち前のネロのドラムは、ベース不在の穴を埋めるべくより情感を深めた。
復活したテツはベースをスタンドに固定した状態ではあるが、そのスタンドを巧みに操り、よりアクティブに見せているし、健一はどんな嵐がこようとも動じることのない、ブレのないギタープレイで魅了している。

バンドがよりバンドらしく確立されていくなか、最も大きな変化を見せたのはやはりヴォーカルのガラだ。フロントマンとしての見せ方を試行錯誤していくなかで、メロディに即興で言葉を乗せていくスキャットで、メッセージを伝えていくという手法をこのツアーで手に入れた。それにより求心力が一気に増したのは間違いない。異端児と呼ばれ、道化者と自称してきた彼が、扇動者へと変化していく様を、このファイナル公演でしかと見た。

都知事選で話題になっていた“厚化粧”“病み上がり”なんてとっくに経験済み。絶望も夢の底も見てきたし、不倫する女の哀愁も理解できる。とにかく目の前の君達を幸せにしたいだけなんだ。そんなことを高らかに謳う魅力的な候補者がいたならば、迷うことなく一票投じたかもしれない。

歴代のライヴにおけるMERRYのエース級ナンバーが並ぶ

客電が落ちSEが流れ始めると自然に手拍子が発生。ネロ、テツ、健一、結生とそれぞれ違う歴代のSEで登場する度に大きな歓声があがった。

前日は意表をついてフロアの下手サイドから登場したガラも、この日は正面に姿を見せた。センターのちょうど頭上辺りにあるスクリーンにガラのシルエットが重なる。その立ち姿の美しさに思わずハッとした。

「東京!!」――ガラの叫びを合図に一曲目「「東京」」がスタートした。ネロがバスドラを打つたびに繰り出される空砲のようなものが、フロア後方にいてもビシビシと全身を撃ち抜く。ステージから伝わってくる気迫は凄まじい。続く「絶望」「ハライソ」と疾走感溢れるナンバーを畳み掛ける。そして4曲目に早くもインディーズ時代の代表曲「バイオレットハレンチ」を披露。

この日のセットリストは歴代のライヴにおけるクライマックスシーンを彩ってきた、MERRYのエース級ナンバーが並ぶ。ガラと結生とのツインヴォーカルで妖艶な世界に引き込む「暗闇にピンク」や、サビの大合唱で一体感に包まれた「sweet powder」、一時期定番となっていた「演説 〜シュールレアリズム〜」から「[human farm]」へと続く久しぶりの流れに会場は大いに沸いた。

中盤は「赤い靴」「真っ赤な青い春」「Unreachble Voice」の3曲をアコースティックでじっくりと聴かせた。1曲終わるごとに静寂が流れる。数年前のMERRYならば、ここでメンバーの名前を呼ぶ声が上がったりしただろう。しかし今のMERRYにはそのわずかな空白の時間すら掌握する力がある。シンプルな一つ一つの音に、歌に、説得力が増していた。

5人で回るツアーができて、全国行けてよかったです


  • ガラ(Vo)

  • 結生(G)

  • 健一(G)

  • テツ(B)

  • ネロ(Dr)

そして終盤戦、ここからはMERRYの真骨頂。「ジャパニーズモダニスト」、「ロストジェネレーション 〜replay〜」と初期を代表するキラーチューンでボルテージを爆発させた後、軽快なリズムに合わせてタオルが回った「Carnival」、会場が大きく左右に揺れた「千代田線デモクラシー」と怒濤のナンバーでさらに会場の温度を上昇させた。最高潮のなか、本編ラストに選ばれたのはバラードナンバー「そして、遠い夢のまた夢」。熱い勢いのまま終わらせるのではなく、しっかりと地に足をつけ、ここまで歩んで来たことを、彼らはしっかりとこの曲で見せてくれた。このツアーのラストにふさわしい選曲だった。

アンコールで再びメンバーが登場すると、ネロが「信じられませんよ、終わっちゃうなんて。一番充実していたツアーだったんじゃないのかな。5人で回るツアーができて、全国行けてよかったです。ね、テツさん。これからも6人(メンバー+ファン)で大暴れしますよ!」と、時折テツに同意を求めながら、このツアーへの思いを語った。

そして既に発表されていたラムフェスの詳細と、10月29日にMERRY史上初のハロウィンパーティを行うことを発表すると、「Zombie Paradise 〜地獄の舞踏曲〜」「臆病者の眠り方」「平日の女 –B面–」「自意識過剰型木偶人間」の4曲を披露した。

このツアーでたくさんの幸せをもらったから、今度は俺らがみんなに幸せを返す番だから

Wアンコールの一曲目は「NOnsenSe MARkeT」。昨年はこの曲をタイトル曲とするアルバムのツアーを一年間たっぷりと行なってきただけあって、5人が一体となって繰り出すグルーブは心地よく身体に染み渡る。

その後、楽器陣4人が奏でるムーディーなサウンドに乗せ、ガラがMCをスキャットで始めた。なかでも印象的だったのは「今MERRYはすごく楽曲も歌もパフォーマンスも、そして顔もいいと思います。もっともっといろんな人に歌を突き刺して、MERRYの輪を広げていきたいと思いますので、ぜひMERRYをもっと愛してください」の言葉。自信に満ちたその顔はとても誇らしげだった。そして「週刊文春と手を取りもっと頑張っていきたい」と語り笑いを誘った「平日の女 –A面–」を情感たっぷりに披露。

ラストは、「このツアーでたくさんの幸せをもらったから、今度は俺らがみんなに幸せを返す番だから」と、「Happy life」を熱唱。大歓声と拍手のなか、メンバーが一列に並んで手を繋ぎ、深く頭を下げた。その表情がとても照れくさそうで、なんとも微笑ましい。彼らがステージを去った後も興奮は冷めることなく、鳴り止まない拍手に後押しされて予定外のトリプルアンコール! 「千代田線デモクラシー」で完全燃焼すると、約2時間半のステージは幕を閉じた。

15周年を締め括る11月7日の品川ステラボールまで、予定がまだまだ盛りだくさんのMERRY。不眠症の現代社会、15 Sheepぐらいじゃまだまだ眠れない。我々には20 Sheep、30 Sheepとまだまだ羊が必要だ。まだまだMERRYの音楽が必要なのだ。これからの彼らの展開に、期待を膨らませるばかりだ。

(文:大窪由香/写真:中村 卓)

ラムフェス 2016「EXTRA」

9/25(日) 恵比寿LIQUIDROOM

出演

◆ナンセンス STAGE 〜メインステージ〜

MERRY / cali≠gari

◆哀愁 STAGE 〜アコースティックステージ〜

ガラ (MERRY) / 尾形回帰 (HERE) / 近野淳一 (鴉) / TAKA, MASATO (defspiral) / 悠介 (lynch.)

◆cosmic STAGE 〜DJステージ〜

ネロ (MERRY) / 団長 (NoGoD) / and more

開場 / 開演 15:00 / 15:30

席種・チケット料金

スタンディング ¥6,000 (税込・D代別)

MERRY MEMBERS’ CLUB CORE 1次先行
[受付期間] 8/10(水)12:00〜8/16(火)23:59

※8月1日時点有効会員様がお申込み対象となります。

MERRY MEMBERS’ CLUB CORE 2次先行
[受付期間] 8/24(水)12:00〜8/28(日)23:59

※8月1日時点有効会員様がお申込み対象となります。

MERRY ONLINE先行
[受付期間] 8/24(水)12:00〜8/28(日)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。
オフィシャルサイト先行 [受付期間] 8/24(水)12:00〜8/31(水)18:00
一般発売 9月10日(土)

■ローソンチケット 0570-084-003
■チケットぴあ 0570-02-9999
■イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp

MERRY Special 2 Nights

ONLINE Limited 「S」

8/27(土) 下北沢GARDEN

開場 / 開演  18:30 / 19:00

席種・チケット料金  スタンディング ¥4,800 (税込・D代別)

CORE Limited 「M」

8/28(日) 下北沢GARDEN

開場 / 開演  18:00 / 18:30

席種・チケット料金  スタンディング ¥4,800 (税込・D代別)

Merry Halloween Party 〜Trick or MERRY〜

10/29(土) クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)

開場 / 開演  16:30 / 17:30

席種・チケット料金  スタンディング ¥5,586 ※ゴーゴーハロウィン (税込・1D込)

MERRY MEMBERS’ CLUB CORE先行
[受付期間] 8/10(水)12:00〜8/16(火)23:59

※8月1日時点有効会員様がお申込み対象となります。

MERRY ONLINE先行
[受付期間] 9/1(木)12:00〜9/11(日)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

オフィシャルサイト先行 [受付期間] 9/20(火)12:00〜9/25(日)18:00

一般発売 10月8日(土)

■ローソンチケット 0570-084-003
■チケットぴあ 0570-02-9999
■イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp

MERRY 15th Anniversary 
~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~

【白い羊】
11/7(月) 品川ステラボール

開場 / 開演 16:30 / 17:00

席種・チケット料金 1F指定席 ¥5,000(税込・D代別)

2F指定席 ¥6,000(税込・D代別)

MERRY MEMBERS’ CLUB CORE 2次受付
[受付期間] 8/8(月)12:00〜8/21(日)23:59

※8月1日時点有効会員様がお申込み対象となります

※7/20(水)までにご入会・ご更新(共にご入金)いただいた方もご参加いただけます。

MERRY ONLINE 1次受付
[受付期間] 8/8(月)12:00〜8/21(日)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

MERRY ONLINE 2次受付
[受付期間] 8/24(水)12:00〜9/7(水)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

一般発売
[受付期間] 10月1日(土)

【黒い羊】

11/7(月) 品川ステラボール

開場 / 開演 19:30 / 20:00

席種・チケット料金 1Fスタンディング ¥5,000(税込・D代別)

2F指定席 ¥6,000(税込・D代別)

MERRY MEMBERS’ CLUB CORE 2次受付
[受付期間] 8/8(月)12:00〜8/21(日)23:59

※8月1日時点有効会員様がお申込み対象となります

※7/20(水)までにご入会・ご更新(共にご入金)いただいた方もご参加いただけます。

MERRY ONLINE 1次受付
[受付期間] 8/8(月)12:00〜8/21(日)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

MERRY ONLINE 2次受付
[受付期間] 8/24(水)12:00〜9/7(水)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

一般発売 10月1日(土)

オフィシャルサイト http://merryweb.jp/

MERRYの関連記事をもっと読む


「MERRY」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI

NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI

出演者 MERRY 
概要 MERRYの約3年ぶりの映像作品。療養していたテツ(b)が完全復帰した〈NOnsenSe MARkeT〉ツアーより、2016年2月7日のEX THEATER ROPPONGIでの模様を収録。「平日の女」「首吊りロンド」などを披露している。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【大河ドラマ・おさらい解説】『おんな城主 直虎』高橋一生“政次ロス”がまたしても歴史好きを唸らせた理由

    1位

  2. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    2位

  3. 新曲「Mint」が話題の安室奈美恵 絶対聞いておくべきおすすめ10曲!

    3位

  4. 星野源、あの“おげんさん”が復活? 3日連続「意味深ツイート」でファン悶々

    4位

  5. 新作映画『ReLIFE リライフ』を観るべき3つの理由――漫画アプリ発!ありそうでなかった青春“やり直し”映画

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS