J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Mr.Childrenが映画『君の膵臓をたべたい』主題歌「himawari」を書き下ろし!

2017年4月21日(金) 14:42配信

Mr.Children

Mr.Children

ベストセラー小説『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』(住野よる著・双葉社刊)の実写映画主題歌に、Mr.Childrenの「himawari」が決定した。

君の膵臓(すいぞう)をたべたい』(住野よる著・双葉社刊)は、2016年本屋大賞第2位、2016年年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門1位(日販調べ)、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞受賞と、2015年6月の発売後、破竹の勢いで発行部数81万部を突破した(2017年4月20日現在)ベストセラー小説。

「キミスイ」の愛称で若い世代から圧倒的な支持を集める小説の映画化にあたり、フレッシュなW主演が実現。ヒロイン・桜良には、透明感のある輝きを放つ浜辺美波。桜良のクラスメイト【僕】役には、アーティストに俳優と多岐に渡る活躍をみせる北村匠海。

また映画版では、オリジナルとなる12年後の“現在”が描かれており、“現在”と“過去”が交差して物語が進んでいく。その“現在”パートでは、教師となった【僕】を小栗旬が、桜良の親友【恭子】を北川景子が演じ、登場人物たちの“今”を担っていく。

そして、映画のためにMr.Childrenが書き下ろした新曲「himawari」が感動のラストを彩る。
今回のコラボは、小栗演じる【僕】が、いま何を想っているのか、どう過去をふり返るのか、それを歌で表現するとしたら、どの世代も共感できるアーティストは一体誰なのか・・・と思案した制作陣が、Mr.Childrenへ真っ先に連絡したことがきっかけ。そのオファーをMr.Childrenが快諾したことにより、このコラボが実現した。

原作者・住野よるは、主題歌「himawari」を聞いて「桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々に超えられた感覚があった」と語り、楽曲に映画全体を包み込むような印象を受け、「とても幸せ」とコメント。

映画版で描かれている12年の時を超えた桜良と【僕】の物語に「桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています」と原作と映画を繋ぐ楽曲を絶賛しました。

一方、桜井和寿(Mr.Children)は、楽曲制作において本作との出会いを「自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。この映画に、物語に感謝です。」とコメントを寄せている。

制作された楽曲は、映画のエンディングで【僕】から桜良に宛てたアンサーソングのように、物語の最後を締めくくる。エモーショナルで、Mr.Childrenらしい優しさを帯びた楽曲は、今を生きる全ての人々の心を揺さぶることだろう。

桜井和寿(Mr.Children)コメント

この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ、それらを包み込みながらも更に拡がりを持って押し出していける、そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。この映画に、物語に感謝です。

原作者・住野よる コメント

自分や自分の書いたお話がMr.Childrenさんと関わる日が来るなんて思ってもみませんでした。映画にとって主題歌はもの凄く大事なものだと思います。たとえば映画に対する評価をひっくり返してしまうような重要性を持っているものではないかと。そんな主題歌に、今回Mr.Childrenさんが映画全体を包み込むようなスケールの楽曲を提供してくださったこと、本当に「君の膵臓をたべたい」は幸せだなと思っています。楽曲のタイトルが「himawari」、桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々と超えられた感覚があったのですが、それ以上に、桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています。

映画『君の膵臓をたべたい』

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

7月28日(金)公開
原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
監督:月川 翔
脚本:吉田智子
音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー
出演:浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地
北川景子/小栗旬
©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
公式サイト:http://kimisui.jp/


フォトギャラリー


「Mr.Children」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

著者 住野よる 
概要 偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【注目の話題作!】超絶観たい映画−今月のイチオシは『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

    1位

  2. 【インタビュー】千葉雄大、高校生役も違和感なし「今回はブレザーか、と思うくらい」

    2位

  3. 【ヤバい!】実写『帝一の國』フンドシ太鼓のVR動画が公開!イケメン度数が高すぎる!

    3位

  4. 【レビュー】『怒り』―感動的ながら、原作の完成度を逆説的に証明してしまった映画

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 乃木坂46・衛藤美彩、セクシーカット満載写真集に「33兆点」 松村沙友理は“お尻ライバル”
  • 元日テレアナ・脊山麻理子、会見中に黒ガーターベルト姿を披露
  • 人気グラドル・都丸紗也華、小峠の壁ドンに胸キュン?
  • 100センチIカップの柳瀬早紀 「パイポジに慣れてきました」『やなパイ2』
  • りょうか、「脱ぎ方も大人に…」 3年ぶりのDVD『LAST FANTASIA』
  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS