J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ほぼ完全再現レポ】ユチョン「34歳になっても頑張って踊ります!」「匂いを見る少女」ファンミーティング in Japan

2015年6月26日(金) 19:42配信

 

 

昨年のJYJツアー以来久しぶりの来日となったパク・ユチョンが、主演ドラマ「匂いを見る少女」のファンミーティング出演のため久々にファンと出会った。今回はそのイベント・6月23日の模様を(ほぼ完全再現)レポートする。

冒頭、ドラマ映像からスタートしたのも束の間、暗転からセグウェイに乗ったユチョンが客席を1周回って舞台へ登場。「久しぶりですね。ユチョンです」に会場は大歓声。久しぶりの再会に喜ぶファンの笑顔が溢れた。

久しぶりの再会にあふれる笑顔

(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd.  All Rights Reserved.

(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.

-今日の皆さんはきれいでしょう?

「去年よりキレイになっていますね。年もとってるけど可愛いですね(笑)。(皆さんも)そう思ってるんでしょ?」と茶目っ気たっぷりで会場を沸かせる。最近どのように過ごしているかの質問には「最近は何もしていません。このドラマの撮影の後、映画『ルシードドリーム(原題』の撮影のために釜山に入り、忙しくしていました。だから今は、新しいゲームソフトが出たこともあって、ゲームばかりしている毎日なんです」と、ファンに近況を伝えた。

-昨年はツアーもありましたね。

「日本に来る前にツアー写真を見ていたんですけど、何だかもう、ちょっと懐かしい気分ですよね。本当に楽しかったです。(会場にそのときの写真が映って)僕、太ってるなぁ…(笑)。あ、ジェジュンと最近電話したんですよ。日本に行くことを話したら、『日本に行って俺のことをたくさん話して来てね』と言われました。チャンスがあればどんどん話していきます」と、ジェジュンの近況も伝えられ、会場は一層の歓声があがった。

-映画と言えば『海にかかる霧』では「第51回百想芸術大賞」で映画部門・男子新人演技賞を受賞しましたね。おめでとうございます。

「ありがとうございます。でも、受賞は皆さん知っていることだから…。わざわざ言わなくても…。恥ずかしいですよ」

-どんな役柄だったのでしょう?

「役柄?うーん…僕の今の日本語力で説明出来るかな。20代の男が、船に乗って。女性に一目惚れして過ごす。そういう内容の映画です(笑)」

-では、ドラマ「匂いを見る少女」についてはどうですか?見てもらえる気持ちは?

「気持ちいいです。気分いいですよ!このドラマは妹を亡くしたことで無感覚になってしまった男の話です。期待して下さい」

キーワードに沿ってドラマを紹介!のコーナー

続いて、キーワードに沿ってドラマを紹介!のコーナーに…。

キーワード「不思議なチカラ」

「(シン・セギョンさんとの共演は)初めての共演でした。とても明るくて周りに力を与えるような、そんなパワーのあるというか、そんな性格の持ち主なのでとてもやりやすかったです」

キーワード「コミカル」

「撮影している時、コミカルなシーンがたくさんあったので、たくさん笑いながら撮影していました。恥ずかしいというよりも自信があるシーンでもあります」

この話をした後、MCからの依頼に「あー」と変な顔を披露。可愛らしい表情にファンも大喜び。会場に笑顔が広がった。

キーワード「魅力的な共演者たち」

「ナムグン・ミンさんとも初共演でした。弟のユファンがドラマで一緒に共演していて、よく話を聞いていたのでやりやすかったです。そう見えないけれども、実際は結構年齢が上なんですよ!韓国の年で38歳なんです」

キーワード「魅惑のユチョン 萌えシーン」

ここではるな愛が登場。「チンチャモシッター(本当にかっこいい!)。ステキですね」と連発。そんな言葉にユチョンが照れる一場面も。

キーワード「たくましいムガク」

ここではバイクのシーンが流れ、「アクションシーンは、痛みを感じない設定なので顔は普通にしていますが、本当はとっても大変です。何でもないフリをするわけですしね。そんな苦労のあるシーンでもあります」と答えた。

キーワード「愛情たっぷり感動ムガク」

ここでは妹が亡くなるシーンが流れ、司会が「泣きの演技が上手ですね」と話しかけると、「ありがとうございます。妹が亡くなるシーンは大変でした。とにかく集中しました。涙のシーンは何回も出来るわけではないので集中しないとできないですし」と。

キーワード「好きにならずにいられないムガク」

-ラブシーンはどうですか?

「今日は気合入れるぞ!わくわくする!みたいな気持ちでやってますよ(笑)」

キーワード「可愛いムガク」

「食べるシーンは実際食べていました。1日ずっと何も食べずにいてそのシーンに集中する、みたいな感じで。そうしておいて、あのようにがつがつ食べるシーンの撮影をしました」

-コントのシーンはどうか?

「日本のコントを見て勉強したりしました!」

ここでフォーリンラブが登場し、はるな愛と一緒に「YES、フォーリンラブ」を披露した。

日本デビュー10周年をお祝いするサプライズ演出!

(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd.  All Rights Reserved. 

(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

さて、衣装チェンジ。赤いボーダーTシャツと青いパンツで登場し、福山雅治 「最愛」 アコースティックver.をユチョンお得意のハスキーで甘い声で歌い上げ、会場はうっとり。

そしてケーキがサプライズ登場。その上に日本デビュー「10周年」を祝う「10」のローソク。吹き消した途端、ファンが手でたくさんの花の中に大きな「10」が見えるような演出を。それを見て笑顔になるユチョン。

「10周年の10かー。皆さん、ありがとうございます!」

ケーキが出てきたということで紅茶の専門家が登場。

-紅茶は好き?

「紅茶好きですよ。特にジャスミンティーが好き。カモミールも好きですね」

-自分から紅茶を入れる派?それとも入れてあげたい派?

「どっちもありますよ。またそういう聞き方するー…」

と恥ずかしがる場面もあった。

プレゼント企画&「Dr.ユチョンに相談したい!」コーナーで大盛り上がり

ユチョンが目隠しをして何が入っているかを当て、当てた数だけプレゼントをもらえる人が増えるというプレゼントコーナーに。プレゼントの品は、ドラマの中で実際に使用したクマのぬいぐるみ、額縁に「匂いを見る少女」の写真が入ったもの、ドラマの中で実施に使用した傘、ドラマ中で抱っこして寝たアシカ(?)の人形 全てサイン入り。

ユチョンは、すいか(WATERMELON)、納豆、辛ラーメン、魚(最初はイカ、たこと言ったが、フォーリンラブハジメちゃんの手助けもあり正解)と答え、無事に4つのプレゼントは会場のファンに。全てサイン入りということもあり、ファンからは「うらやましい」の声が飛んでいた。

プレゼント企画はさらに続き、劇中のシーンにちなみ、「ムガクに名前を呼んでほしい!」という再現企画に。「すずかさん」という名前の会場の3名がボタンを押すと声が録音出来る人形に「おやすみ、すずか」と録音してもらい、それをプレゼントしてもらえた。当初、ユチョンが恥かしがってNG連発。TAKE4でようやく成功となった。

-どうして「おやすみ、すずか」にしたの?

「毎日仕事とかで忙しくしていて、帰って寝るときに聞いてもらえたらいいかな・・と思って」

と、優しいユチョンの気持ちに触れ、ファンにはたまらないプレゼントになった。

さらに劇中の2シーンをマネてチェキで撮影コーナーも。1枚目は車に惹かれそうになるところを腕をつかんでいるシーン、2枚目は車に乗り込みそうなところを腕をつかみ、抱えるシーン。

ファンからは悲鳴に近い絶叫が…。しかし、上手に撮影できた写真を見てあたたかい拍手がファンに贈られた。

そして「Dr.ユチョンに相談したい!」のコーナーではファンから質問に次々と答えていく。

Q1「どうしたらユチョンのように色気が出せるか?」

「(自分が色気を感じるのは)髪を結ぶときのうなじがセクシーだと思います。色気は…ヨガをすると、女性らしい体つきになると思いますけど…。あと、男友達がまわりに多い人はサバサバした性格になってしまうので、女子会を開いたりするなどしてみるのはどうかな?と。でも、結局は自分らしいのが1番だと思います!」

Q2「男性に上手に甘えられない。韓国の女性の様に甘え上手な女性の方が男性は好き?」

「韓国の女性は愛嬌とか無いですよ。日本の女性の方があると思います。というか・・一体何を愛嬌というんだろう…?あ、でも、表現はちゃんとしたほうがいいと思います。話をいっぱいするとか。自分がやりたいことや、買い物で欲しいものはちゃんと伝えてみて下さい(笑)」

-女性が「トッポギ食べたい」と言って、ユチョンさんは「プルコギを食べたいときは、彼女の欲望をかなえる?

「んー…時々はかなえますね(笑)」

-女性が「ネックレス欲しい!」といったら?

「おまえ、いっぱい持ってるだろの一言ですね(笑)」と、ユチョンらしい答えとなり、会場に笑いが起こりこのコーナーは終了。

続いてのコメントが届きました! のコーナーでは「匂いを見る少女」の監督、共演者からもコメントが届けられたが、最後にジュンスからの挨拶が韓国語で送られたことに対して「何で韓国語なんだよ!日本語で話してよ!」と言うユチョンに会場は笑いで包まれた。

5年後だと34歳。34歳になっても頑張って踊ってみます

最後の挨拶では「7月のスケジュールが終わったら、しばらく皆さんには会えなくなります。JYJとしての活動は5年位はないと思います。5年後だと34歳ですね。34歳になっても頑張って踊ってみます(笑)。ジェジュンも軍隊で頑張っているし、僕達3人のことも、また、このドラマも応援よろしくお願いします」と話し、ユチョン自作曲の「30」、それからアンコールでは「찾았다(チャジャッタ)-見つけた-」アコースティックver.を披露。

JYJとして1番の思い出曲のアコースティックver.に会場は大合唱。1人で歌いおわってホッとした笑顔を見せ、「本当にありがとうございました。みんなまたね!気をつけて帰って!」、そして最後に「またね!」と声をかけイベントは幕を閉じた。

途中、やや涙になりそうなシーンもあったものの、優しい笑顔でファンを見つめるユチョンの姿。ドラマイベントということもあってか、終始、和やかで穏やかで明るい、そしてファンに寄り添うようなイベントとなった。

寂しいファンを思ってか涙でなく、笑顔でのイベントにファンも優しい気持ちになれた、そんな空間をユチョンが作り出していたようなイベントだった。(文:あしあ)

KNTV放送情報

ユチョン主演最新ドラマ「匂いを見る少女」日本初放送 7月24日(金)スタート 毎週金曜 よる10:05~

KNTVオリジナル番組『All about K』にてユチョンの最新インタビュー放送決定!7月19日(日)よる11:15~

DATV放送情報

ユチョンが新人賞を受賞!「百想芸術大賞2015」日本初放送 8月11日(火) よる10:10~

「匂いを見る少女」制作発表会 コリアエンタニューススペシャル 8月16日(日) よる10:00~ほか

JYJオフィシャルサイト


「ユチョン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

パク・ユチョン in 海にかかる霧 航海日誌 Part.II〈公式メイキングDVD〉

パク・ユチョン in 海にかかる霧 航海日誌 Part.II〈公式メイキングDVD〉

出演者 パク・ユチョン  ユチョン 
監督 シム・ソンボ 
概要 パク・ユチョンのスクリーン・デビュー作『海にかかる霧』の裏側に迫るメイキングDVDの第2巻。ユチョンのオフショット・シーンやNGシーンなど、第1巻に入りきらなかった必見映像をたっぷりと収録する。

 作品詳細・レビューを見る 

パク・ユチョン in 海にかかる霧 航海日誌 Part.I〈公式メイキングDVD〉

パク・ユチョン in 海にかかる霧 航海日誌 Part.I〈公式メイキングDVD〉

出演者 パク・ユチョン  ユチョン 
監督 シム・ソンボ 
概要 ユチョン(JYJ)の本格的スクリーン・デビュー作にして、2001年に韓国で実際に起こった“テチャン号事件”を描いた衝撃作『海にかかる霧』のメイキング。ユチョンに独占密着し、撮影の裏側に迫る。

 作品詳細・レビューを見る 

WAKE ME TONIGHT

WAKE ME TONIGHT

演奏者 JYJ 
JYJ 
作詞 Frontdoor  Kim Tae Wan  Noh Hyun  Won Young Heon 
作曲 Backdoor  Kelly Inglot  Kim Tae Wan  Noh Hyun  Won Young Heon 
概要 キム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンからなるパフォーマンス型アーティスト・グループの、JYJ名義としては初となる日本シングル。ピアノを取り入れたクールなトラックで駆け抜けるダンス・チューンのタイトル曲をはじめ、十分すぎるキャリアを積んできた彼らの魅力がぎっしりと詰まっている。 JAN:4948722511878

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS