J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

BIGBANG、東京ドーム公演&スペシャル公演同時開催! G-DRAGONのソロアルバム『KWON JI YONG』も発売!!

2017年12月14日(木) 11:52配信

BIGBANG【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】の様子

BIGBANG【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】の様子

フォトギャラリーで写真をみる

アジアが誇るモンスターグループBIGBANGが、自身の持つ記録を自ら更新する海外アーティスト史上初となる5年連続日本ドームツアー【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】の東京ドーム公演3daysを無事終了させた。

またこの本ツアーとあわせて同時開催された【BIGBANG SPECIAL EVENT】の初日公演を東京ドームで迎えた。
同イベントは現在入隊前のG-DRAGON・SOL・D-LITE・V.Iの4名が、これまでの日本活動を支えてくれたファンに対し、その感謝の気持ちとしばしの別れへの名残をともに分かち合うためのイベントとして開催したもので、12月13日(水)の東京ドーム公演と12月23日(土)京セラドーム大阪公演の計2か所2公演だけの貴重なイベントとなっている。

【BIGBANG SPECIAL EVENT】の様子

【BIGBANG SPECIAL EVENT】の様子

司会には古家正亨を迎え、G-DRAGON・SOL・D-LITE・V.Iのメンバー4人の爆笑トークセッションや、BIGBANGデビュー当時の映像をクイズ形式で振り返るコーナー、そしてイントロドンなどのゲームコーナーまで彼らの素顔が垣間みられるものから、ライブパフォーマンスまで約1時間半を超えるイベント内容。

特筆すべきは上述したゲームコーナーでは高さ4メートル、幅13×3.6メートルのムービングステージがアリーナ中央まで移動し、催されるなど、より多くのファンとふれあう機会を設けたいというメンバー達の意向がダイレクトに反映されている。

本編最後のライブパフォーマンスでは、日本初披露となる「GIRLFRIEND」を歌唱。同楽曲はG-DRAGONが作曲、G-DRAGONとSOLが作詞に参加したBIGBANGならではのメロウなヒップホップ楽曲で、「彼女を見ているだけでいい。君という夢から僕は覚めたくない。」という今のメンバーの想いが表現され、ファンの心を鷲掴みにしていた。さらに本編途中では12月12日で27歳を迎えたV.Iのバースデーをサプライズで祝うなど、終始メンバーとファンが近い距離で一体感に満ちたイベントとなっていた。

V.Iのバースデーサプライズの様子

V.Iのバースデーサプライズの様子

いよいよドームツアー【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】も12月21日(木)、12月22日(金)、12月23日(土)、12月24日(日)最終の地、京セラドーム大阪公演4daysを残すのみとなっているが、この同時開催されているスペシャルイベント【BIGBANG SPECIAL EVENT】も残すところ12月23日(土)京セラドーム大阪1公演のみとなる。

また12月13日(水)、BIGBANGのリーダーであり全世界で絶大な人気を誇るG-DRAGONの新作ミニアルバム『KWON JI YONG』が発売となり、ライセンスアルバムながらオリコンデイリーCDアルバムランキング(12月12日付)初登場2位を獲得した。

約4年ぶりのソロ作品となる本作は、6月に本国リリースされるやいなや日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバム。DVD付には、YouTube再生回数5000万回を突破した珠玉のバラード「Untitled, 2014 -KR Ver.-」、「BULLSHIT -KR Ver.-」のミュージックビデオに加え、ソロワールドツアーの幕開けとなった6月10日(土)ソウル・サンアムワールドカップスタジアムでの【2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL】ライブ映像・アンコール含む全23曲約2時間を収録。

さらに本作は日本だけのスペシャルな初回盤応募特典として『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』12月24日(日)京セラドーム大阪ツアーファイナル公演のムービングステージ下・エキサイティングシート招待権(20組40名)の応募シリアルアクセスコードが封入されている。

今回演出の一環として高さ4メートル、幅13×奥行3.6メートルのステージ全体が動くムービングステージが目玉となっている本ツアーにおいて、そのファイナルにあたる12月24日(日) 京セラドーム大阪公演は日本でのラストステージとあってファンクラブでの予約も殺到。メンバーを間近で見れるムービングステージ下・エキサイティングシートはファンにとっては何物にも代え難い超プラチナシートとなる。

そんなファンの中でも類まれなる幸運を手にした人にしか座ることができない座席が、G-DRAGONのソロ作品に封入されたシリアルコードを使って応募することで手に入れることができる可能性があるとあって、まさにファンにとっては千載一遇のチャンス。是非この『KWON JI YONG』を予約して、初回盤に封入されているシリアルコードで本キャンペーンからこのスーパープレミアシートをゲットしてほしい。

BIGBANG オフィシャルウェブサイト:http://ygex.jp/bigbang/


フォトギャラリー


「BIGBANG」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

KWON JI YONG

KWON JI YONG

演奏者 G-DRAGON(from BIGBANG) 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. BIGBANGの系譜を継ぐiKON(アイコン)からBOBBYがソロデビュー!「自分の声だけで満たさなければいけないのはプレッシャーでした」【インタビュー&撮りおろし】

    1位

  2. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    2位

  3. 【無人島0円生活】よゐこに圧勝!ナスDのサバイバル術に視聴者ビックリ「教育番組並みの情報量」

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【2018年カレンダー・人気グラビアアイドル20選 前編】篠崎愛、小島瑠璃子ら大胆胸元

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 石川恋とE-girls・楓、“虹フィルター” 加工の2ショットを披露
  • 【祝成人】欅坂46、守屋茜、潮紗理菜、石森虹花ら、10人の撮り下ろしグラビアを披露
  • 【グラビア新年】天木じゅん、鈴木ふみ奈、森咲智美、橋本梨菜……“ワン”ダフルな新春セクシーショット披露!
  • 【速報】叶姉妹、冬コミケに降臨!ファビュラス衣装でファンと交流
  • 可愛すぎる現役音大生・みうらうみ、ヤングチャンピオン初登場!
  • 都丸紗也華、写真集『はぁとまる』の表紙解禁
  • たつき監督登場、倉持由香は「童貞殺しセーター」で悩殺 2017年のTwitterトレンド大賞 ツイートでにぎわせた人物続々
  • 【温泉でもお騒がせ?】須藤凜々花、アンゴラ村長ら、2017年お騒がせ女性タレントが温泉に集結!
  • Fカップ女子・天野麻菜、ビールを1500日連続で飲み続ける

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS