J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

BIGBANGの”G-DRAGON (ジードラゴン)”、2017年ソロワールドツアー東京ドーム公演映像作品が2018年2月7日(水)リリース決定!

2017年12月28日(木) 23:38配信

さる12月24日(日)京セラドーム大阪公演にて、"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"を完遂したアジアが世界に誇るモンスターグループ"BIGBANG"。

G-DRAGON

>写真をもっと見る

入隊前最後の日本ドームツアーとなった今回は全4都市14公演で96万4,000人を動員。熱狂と感動が渦巻くなか、日本のファンにしばしのお別れと再会を約束し、彼ららしくBIGBANGの第1章を締めくくったことは記憶に新しいだろう。

本日28日(木)、そのBIGBANGのリーダー・G-DRAGONが2017年に行ったソロワールドツアー日本公演を収録したLIVE DVD & Blu-rayが2018年2月7日(水)に発売されることが決定した。

最新ソロ作『KWON JI YONG』を引っさげての自身2度目となる今回のワールドツアーは、6月10日(土)ソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場公演を皮切りに、アジア・北米・オセアニア・ヨーロッパ・日本3都市のドームツアーなど、世界29都市36公演で65万4,000人動員という、ソロとして破格のスケールで開催されたもの。

今作『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR <ACT Ⅲ, M.O.T.T.E> IN JAPAN』は、そのワールドツアーの中でも最大規模となった全3都市5公演26万人動員の日本3大ドームツアー(8月19日福岡 ヤフオク!ドーム、8月22・23日京セラドーム大阪、9月19・20日東京ドーム)より、東京ドームでのジャパンツアーファイナル(全22曲132分)を収録した映像作品。

世界各国のオーディエンスをロックしてきたG-DRAGONだからこそ成しえるその世界基準のパフォーマンス、そしてこのツアーファイナルのみスペシャルサプライズとして出演したBIGBANGメンバー・V.Iとのコラボステージは見ごたえ十分。さらにドームツアー全公演に完全密着し、孤高の存在であるがゆえの孤独と苦悩、今の想いを吐露した

本人インタビューをふんだんに盛り込んだツアードキュメンタリー映像(33分)も同時収録される。

初回生産限定となるLPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツに加え、ツアー各公演のMC集【SPECIAL FEATURES】、各公演のLIVE映像で特別編集した5曲【COLLECTION OF BEST MOMENTS】、タイト・ミドル・ルーズショットの3タイプのカメラアングルが楽しめる5曲【SPECIAL CAM】といった特典映像82分を収録し、トータル6時間40分大ボリュームの映像をコンパイル。そして全22曲の2枚組みLIVE CDまでもパッケージングした超豪華内容となっている。

またG-DRAGONは12月13日(水)に約4年ぶりとなるソロミニアルバム『KWON JI YONG』をリリースしたばかり。G-DRAGONの本名"KWON JI YONG (クォン・ジヨン)"と冠された本作は、6月に本国リリースされるやいなや、日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバムの日本国内盤。

DVD付には、YouTube再生回数5000万回を突破した珠玉のバラード「Untitled, 2014 -KR Ver.-」、そして「BULLSHIT -KR Ver.-」のミュージックビデオに加え、上述ソロワールドツアーの幕開けとなった6月10日(土)ソウル・サンアムワールドカップスタジアムでの【2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL】ライブ映像・アンコール含む全23曲約2時間を収録。

さらにソウル公演メイキング映像【SPECIAL CLIPS】(約17分)、ライブ映像本編とは異なるカメラアングルでの3曲【SPECIAL CAM】(日本限定コンテンツ・約30分)もコンパイルし、トータル約3時間の映像コンテンツが堪能できる超豪華内容。DVD付きの初回盤は、7インチサイズSPECIAL BOX・44ページフォトブック付き仕様となっている。

さらにBIGBANGとしては、5月~6月にかけて行われたスペシャルイベントドームツアー「BIGBANG SPECIAL EVENT 2017」から6月4日(日)にの京セラドーム大阪ファイナル公演の模様を収録したDVD & Blu-rayが18年1月17日(水)にリリースされる。

G-DRAGON LIVE DVD & Blu-ray情報

『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR <ACT Ⅲ, M.O.T.T.E> IN JAPAN』

2018.2.7 on sale

【2DVD+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック】 -DELUXE EDITION-

初回生産限定 / LPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様 / 特大ポスター付

AVBY-58591~2/B~C \12,000 (本体価格)+税

封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2Blu-ray+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック】 -DELUXE EDITION-

初回生産限定 / LPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様 / 特大ポスター付

AVXY-58593~4/B~C \13,000 (本体価格)+税

封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2DVD+スマプラムービー】 AVBY-58595~6 \6,300 (本体価格)+税

初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2Blu-ray+スマプラムービー】 AVXY-58597~8 \7,300 (本体価格)+税

初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

BIGBANG オフィシャルサイト


フォトギャラリー


「BIGBANG」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

LIVE ALBUM:2011 BIG BANG CONCERT LIVE ALBUM BIG SHOW

LIVE ALBUM:2011 BIG BANG CONCERT LIVE ALBUM BIG SHOW

演奏者 BIGBANG 

 作品詳細・レビューを見る 

KWON JI YONG

KWON JI YONG

演奏者 G-DRAGON(from BIGBANG) 

 作品詳細・レビューを見る 

COUP D’ETAT[+ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]

COUP D’ETAT[+ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]

演奏者 G-DRAGON(from BIGBANG) 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. BIGBANGの系譜を継ぐiKON(アイコン)からBOBBYがソロデビュー!「自分の声だけで満たさなければいけないのはプレッシャーでした」【インタビュー&撮りおろし】

    1位

  2. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    2位

  3. 【無人島0円生活】よゐこに圧勝!ナスDのサバイバル術に視聴者ビックリ「教育番組並みの情報量」

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【2018年カレンダー・人気グラビアアイドル20選 前編】篠崎愛、小島瑠璃子ら大胆胸元

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 石川恋とE-girls・楓、“虹フィルター” 加工の2ショットを披露
  • 【祝成人】欅坂46、守屋茜、潮紗理菜、石森虹花ら、10人の撮り下ろしグラビアを披露
  • 【グラビア新年】天木じゅん、鈴木ふみ奈、森咲智美、橋本梨菜……“ワン”ダフルな新春セクシーショット披露!
  • 【速報】叶姉妹、冬コミケに降臨!ファビュラス衣装でファンと交流
  • 可愛すぎる現役音大生・みうらうみ、ヤングチャンピオン初登場!
  • 都丸紗也華、写真集『はぁとまる』の表紙解禁
  • たつき監督登場、倉持由香は「童貞殺しセーター」で悩殺 2017年のTwitterトレンド大賞 ツイートでにぎわせた人物続々
  • 【温泉でもお騒がせ?】須藤凜々花、アンゴラ村長ら、2017年お騒がせ女性タレントが温泉に集結!
  • Fカップ女子・天野麻菜、ビールを1500日連続で飲み続ける

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS