J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライヴレポート】SCREW、「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」

2014年12月31日(水) 10:33配信

12月28日AiiA Theater Tokyoにて、SCREWが「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」を開催。ツアーファイナルを迎えたと同時に、Ba.ルイの脱退に伴い、現メンバーでは最後のライブとなった。

さまざまな想いを抱えながらも、5人の勇姿を目撃しようと多くのファンが駆けつけたこの日。メジャー2ndアルバム『PSYCHO MONSTERS』を引っ提げ、全国を勇ましく駆け抜けてきた5人を迎え入れるべく、SEが始まるやいなや会場は温かな手拍子に包まれた。1曲目を飾ったのは、結成記念日である4月23日にリリースされたシングルより、SCREW流のダンスナンバー『FUGLY』(『PSYCHO MONSTERS』にも収録)。リズム隊の生み出すグルーヴの心地よさに加え、Vo.鋲の「踊れ!」の一言が起爆剤となり、観客が一斉に弾けるようにジャンプを繰り返す様は、圧巻!続いて、和己の速弾きが衝動を掻き立てる『CAVALCADE』へ突入すると、客席には早くもヘッドバンギングの嵐が巻き起こっていた。

その後も、琴の音が和の香りを漂わせる『オブセッション』や、絞り出すような切ない歌声とドラマティックなギターリフが胸を抉った『SPIRAL OF MISTRUST』など、SCREWの持ち味である多彩な楽曲センスを存分に発揮していく5人。ルイが作曲したという『evil passions』では、グイグイと迫り来るバンドサウンドと観客のパワフルな掛け声との競演が実現。メンバーも満足げな表情で客席を見つめる。また、『THE ETERNAL FLAME』『Helter Skelter』といった楽曲を挟みつつ、暗転したステージにパッと後光が差し込む中披露されたのは、『mellow』。哀愁が漂う反面、その先に確かに輝く未来が見える……まさに今のSCREWを表現したような曲調に、“別れ”を実感した観客も多かったことだろう。鋲自身も、一言一言歌詞を噛みしめながら歌い上げ、その堂々とした姿に客席からは大きな拍手が送られた。

「最後まで全員でかかってこい!」 少ししんみりとした空気を打ち消すように、より一層大きな声で叫ぶ鋲。後のアンコールで「言葉より今までのライブを見てもらえれば伝わると思うから」と言っていた通り、本編後半は、タオルが激しく宙を舞った『Blood Sucking Freak』を皮切りに、暴れ曲のオンパレード!メンバーもファンも、このかけがえのない瞬間を心と体に刻み込もうと、全力で楽曲と向き合っていた。

そして、本編ラストはマナブ作曲による壮大なバラード、『忘れたいつかの日...』。“ありがとう 今なら素直に言えるのに…”そっと吐き捨てるように歌うと、鋲は静かにうつむき、メンバー達はステージを後にした。

Dr.ジンのドラムソロや、この日がラストとなったルイとのリズムセッションからスタートしたアンコールでは、現メンバーで初めてリリースしたシングルから『Cursed Hurricane』『Barbed wire』、ルイに捧げた大合唱や長い煽りタイムが印象的だった『S=r&b』を披露。ダブルアンコールで『Dearest Wish』を演奏し終える頃には、メンバー全員が込み上げる涙を堪えきれずに客席に背を向け、ステージに立ち尽くしていた――。最後の記念撮影を終えると、メンバーは改めて1人1人抱えている想いと今後への意気込みをコメント。ルイは「来年からは、俺もみんなと一緒でこの人達(SCREW)のファンですから(笑)。5年間、本当にありがとうございました!」と笑顔で語った。

終演後、感動のフィナーレを迎えたSCREWの来年のスケジュールが早くも解禁された。まず、2015年4月22日に『昏睡』、8月には『覚醒』という2枚のミニアルバムをリリースすること。そして、「UNREALITY AND REALITY」(2015年2月9日 高田馬場AREA)、「9th Anniversary Live『NEVERENDING BREATH』」(2015年4月19日 EDGE Ikebukuro)という、2本のワンマンライブを開催するとのことだ。メンバー脱退という大きな決断をしてもなお歩み続けるSCREW。2015年も彼らの躍進に期待したい。

(文:斉藤碧/撮影:菅沼剛弘)

■SET LIST

1. FUGLY 2. CAVALCADE 3. オブセッション 4. SPIRAL OF MISTRUST 5. evil passions 6. THE ETERNAL FLAME 7. Helter Skelter 8. Mellow 9. Blood Sucking Freak 10. Burst Forth 11. Get You Back 12. 絶望の讃美歌 13. Deadlock 14. 忘れたいつかの日…-ENCORE1-E1. FREEDOM OF CHOICE -Drum solo-E2. Damned!! -Rhythm Section-E3. ムラッキーヘビーマーチE4. Cursed HurricaneE5. Barbed wire E6. S=r&b -ENCORE2- WE1. Dearest Wish


「SCREW」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

PSYCHO MONSTERS

PSYCHO MONSTERS

演奏者 SCREW 
作詞 YOUKO SUNSHINE  Faya 
作曲 SCREW 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS